FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

え!?なんか今ちょっと揺れてない?

何をやってもドジでノロマで亀みたいな私が、主に酔った時になんとなく更新するブログです。

ラスト10kmで殴り返せ~長野マラソン’2018(後編) 

ラスト10km。勝負に出る。

練習量は半分になったが、こうなったら自己ベスト狙っちまおうじゃねぇの。


岩野橋を越えて…今度は向かい風。

それを受けて帽子を逆に被り直します。

スイッチを入れる。
なんとなく映画『オーバー・ザ・トップ』を思い出していました。



…が、消防学校近くでガクんと来た。
やはり今年の脚力で4:10は甘かったか。



直後、ハチマキさんが私を追い抜いて行きます―

何か話しかけてきたけどもはや頭に入ってこない。
頭に入ってこないけど、まだ脚にバネが残ってるのが見えた。


同時に3時間15分ペーサーが私を抜いていきます。


思えば昨年同様、ここでファイナルサプリ(ラスト5km用)を投入するべきだったが…
一杯一杯過ぎて頭に無かった。


頭にあったのは一つだけ。


しかしここまできたらテクニックもペースもクソもねぇ。

どこまで身を削ってタイムを叩き出すか。
それだけだろう。




ビクトリーロードに躍り出ます。

フォームが崩れる。
ピュアコネクトの反発力と推進力が十分に得られない。



ホームセンタームサシ前で優斗と七菜、義理の両親達が応援してくれているのが見える。
優斗、父の姿を見ておけ。

いつかきっとお前も己の力を試す時がくる。




直後、背後から声をかけつつ私を追い抜いて行くのは―

…トレマン店長!



マジか。
信じられない。

この人、なんて絶妙なペースメイクしやがるんだ。
むしろシナリオメイクと言ってもいいくらいだ。


 
俺とて(潰れる寸前だけど)勝ち試合になるよう運んできた自信があったが…これが時計を持ってない人に出来る技か?
…いや、時計してないからこそ出来るのか?



店長には昨年もこの辺りで抜かれていた。

私はフルマラソンは自分との戦いだと捉えており、「誰かと競う」と言う感覚が無いのですが…しかしこの展開はドラマチック過ぎる。

ただむざむざと置いてかれるのは嫌だ。



身を削るような走りをー
魂を燃やし尽くすような走りをー



それが日頃多くを語らずとも店長が背中で語ってきた教えではなかったか。
(あと「焼酎はロックなら2杯まで」)



おめぇは根性無しか?
そうじゃねぇよな?
さぁ、ラスト…根性見せてみろや。


…と言い聞かせるが徐々に差は開く…のをどうにか開かないように頑張る…


ラスト、球場で僅かにスパートしゴール。

タイムは自己ベストより1分程度遅い 3時間17分ちょいでした。



一体俺はどこまで自分との勝負に打ち勝つことが出来たのか?
もっと頑張れたんじゃ無いのか?


そんな気持ちを払拭するように店長が出迎えてくれました。


いつもならゴールで崩れ落ちてしまうんだけど店長が出迎えてくれたのが過剰に嬉しかった。

そして、その場でハチマキさんや桐先生、知った方々にお会いできたのも嬉しかった。


ランナーズアップデート



改めてペースを振り返るとラスト間際まで自分なりに、今の脚力なりに良い試合運びが出来ていたように思う。

その一方で、数年前はもっと滅茶苦茶な走りをしていてもっと良い結果が出ていた。

ならばあの頃にクレバーな走りをしていれば…


そして今、当時の結果を超えるためにはもっと滅茶苦茶な鍛錬を課さねばならないのか。



来年はまた4月20日頃の開催となるらしい。
暑くなりそうだな。

天候も色々あるだろうし、フルマラソンで結果を叩き出すのは難しいと改めて痛感させられました。


…どうでもいいけど、この日の午後床屋に行きました
普段なかなか床屋も行けないんで、子供を預かって貰ってるこの隙に…と。


店で「Oさ~ん」と今の本名を呼ばれ我に還りました。

今日一日は誰も私を本名で呼ぶ人なんておらず。


やっぱし俺は「M浦」の生活の方がいいな。
…なんてことを考えていました

Posted on 2018/04/29 Sun. 10:29 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 0

29

ラスト10kmで殴り返せ~長野マラソン’2018(前編) 

今年も長野マラソンに参加してきました。


昨年に輪をかけてトレーニング不足で本番を迎えてしまった長野マラソン。


まぁ、家庭のこととか色々あったけど、それも含めて自業自得な…
それでも3月の月間走行距離はおよそ一年ぶりに300㎞を超えた。(それ以外の月は150㎞程度だけど)


DSC_0487.jpg
<「娘の妨害でゼッケンすら付けられない」の図>


ゼッケンはいつの間にかシルバーになっていた。
毎年繰り返し出場していたらとうとう申し込み回数が10回になっていたらしい。


勝機が見えるとしたら、これまで培った経験を活かし如何にクレバーな走りが出来るかだろう。




例年通り時間ギリギリで開場入りし、ロクにアップする時間も無く整列します。

そして例年ながら周りに知り合いが居ないか(なんか不安で)キョロキョロするのですが…


この私に気配を全く悟らせず隣に現れたのはトレマン店長…!!
パッと見、闘争心、戦闘意欲ゼロです。


一定の境地にある武人ならば、対峙した時に放つ気だけで相手を圧倒する。
だが、それを更に凌駕する武人は放つ気を悟らせる隙すら与えずに斬り伏せる。

店長にその姿を垣間見て一瞬戦慄します。


それにしても「今何時ですか?」…ってスゲぇな。
聞いてはいたけどホントに時計してない。




やがて雨の中スタート
人混みに揉まれて一瞬で店長が見えなくなります。前方なのか後方なのかすらわからない。


不安とか色々あってもスタートしてしまえば自分との闘いなのも例年のこと。
こっからは我慢比べだ。
…そう思いながら足を淡々と動かします。



今年の作戦も昨年と同じ。
30km地点まではキロ4:40で押す。そこで勝機が見えたら…賭ける。

そこまではイーブンを貫く。ひたすら単純な作業だ。



結果的にイーブンペースになっていることこそが勝利への鍵だと思う。
それがこれまでの数年で培った真理の一つだ。



10km地点で体に異変を感じました。

…ふいにスイッチが入った…と言うかなんかのタイミングでハマった。フォームが良くなってしまった。
…凄ぇラクに走れる…!


以前から「前傾前傾(で走れ)」とは言われていたけど…こういうことか…!
なんと本番10km地点にしてコツに目覚めちまった。恐るべし己の才能。


いや、本当に才能のある人間なら数年前とかに目覚めてたんだろうか?
そして私の場合は翌日には出来なくなってそうだが…


沿道のちびっ子に「ヘイヘイヘ~イ!」と声をかけつつ連続ハイタッチをかまします。

なんだか今日の俺、ノってる。
頭の中で映画『デルタフォース』のテーマソングが流れ出しました。


いつもならガクンと落ちる20km地点を超えても不思議と躯の底から湧き上がるパワー。
完全にゴッドモードだ。

調子が出てきたように感じても、そこで乗りすぎないのが良かったのかもしれない。



ホワイトリンクでジェルを受け取って補給。
これももうすっかり経験から学んだ。

私は42kmなら補給が、ジェルが要らない。
もし必要でもここの1個があれば十分。

…脚が無い分だけ荷を軽くせねば。


どうでもいいけど、ここで親しげに声をかけてきたガキんチョ…
中学生かと思ったらN崎先生だった。紛らわしい…




堤防を下って松代に入る。
苦しい。
僅かに疲労を感じ始めたところでベスパハイパーの袋を歯で食いちぎって投入。


瞬間、体がカッと熱くなり…その後10分程度で疲労が引く。
離れていても助けてくれる…このサプリと店長には感謝の言葉しか無い。

ベスパは例年以上に効いてふたコブ坂もノリノリで、知り合いのAEDチャリダーとしばらく談話しつつ併走してしまった。



やがて松代の街並みを離れまた堤防道路に。
コースはラスト10kmを迎えます。



トンネルから見える草木。
その葉の揺れ。

追い風。

この両の脚、腕。





「あんな走り方してちゃダメだよ~」


何年か前に筆頭鬼頭に言われた言葉を思い出していました。

飲み会の席で…“がむしゃらに走っては直ぐに潰れる私のスタイル”を指して言われた言葉。


「けど私は殴られたら殴り返したい方なんです」
「それもわかるけどさ、殴り返すんならラスト10kmにしないと」


そんなことが出来るのか?
ラスト10kmまで…そこからの調整なんて出来るのか?

当時の私はそう思っていた。


今こうしてそのラスト10kmを初めて迎えています。


「さぁ、殴り返してやろうぜ」


自分に言い聞かせて追い風に乗り、ペースを4:10まで上げます。
(後編に続く)

Posted on 2018/04/28 Sat. 22:30 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 0

28

朝の戦慄のひととき 

朝、何気なくテレビを観ているかみさんと、ふとタヌキの話になりました



「そういや、なんでタヌキってキンタマでかいんだろうな?」

「え?タヌキってキンタマ大きいの!?
     なんでそんなこと知ってんの?このエロ大臣が!」


いや、タヌキのキンタマ話は誰でも知ってるだろうに…それをエロ大臣て…

しかし大臣て響きは案外悪くないような…




さりとてこんな訳のわからない無知な妻に言われっぱなしなのもアレなんで、スマホで"タヌキ・置物"などと検索してみました。


たぬき
<参考画像>


ほら見たことか。
やはりタヌキのキンタマがデカイのは一般常識



妻に報告しようとした刹那、ふと気付いて全身が戦慄しました。


まさか…


ひょっとしてここの箇所はキンタマじゃなくて足か?

当該箇所

まさか俺は40数年間キンタマと勝手に勘違いしていたのか?


…もしそうなら俺は本当にエロ大臣になっちまう。

大臣て響きは悪くないが…


いや待て、落ち着け…かみさんは何も気付いて無い。
ここはやりすごすんだ…


こんな訳のわからない妻に訂正されるのは嫌だ…


いやしかし、「たんたんタヌキのキンタマは…🎵」と言う歌があったような…

いやあれは替え歌だったか…?




動揺する私を尻目に妻がひとり話を続けます。

「なんか最近、私もM型にハゲてきたような気がするんだよなぁ」


…?!


今、「私」と言わなかったか?
「も」とは誰だ?


俺か?
俺はまだ予備軍の範疇のはず。決定では無い。

それともかみさんの中ではハゲ確定か?

はたまた、テレビの誰かを観て言っていたのか…??



尚も戦慄する私を尻目に妻が続けます。

「ねぇ、いっそ坊主にしたら?すっごい楽らしいよ」

…うぉ!やっぱし俺か!
確定か!?しかもそこまでか

色々言いたいことが溢れてきましたが、なんだか往生際が悪いようで飲み込みました。

Posted on 2018/04/10 Tue. 21:16 [edit]

category: どうでもいいハナシ

TB: 0    CM: 2

10

ときが今 … 

朝ラン。

通勤ジョグ。


遠くに見える大豆島 清掃センターの煙突から煙が北西に流れているのが見える。

未だ土地勘に薄いが、あの麓近くに会社があるはずだ。
あそこまであと3㎞、いや2㎞といったところか。


今の私の脚力では15分はかかる。
時計を睨みながら考えていた。



一年近く前、
2017年の3月末にで、社会人になって以来20年勤務した会社を退職していた。



色々思惑はあった。

感謝の気持ちもありながら…恨みに近い念も多く抱えていた。



私は元から優れた采配を下し、政(まつりごと)を進める器ではない。

そんな一兵卒ならば、武人ならば他の事なぞ考えずに戦場で黙々と剣を振るえばいい。

そんな気持ちで今まで果敢に駆け抜けてきた自負があった。


ただ、時折 戦場で ふと背後を振り返ると
…果敢に剣を振るっているのが自分だけではないのか?他の人間は死んだふりをしているだけではないか?

そんな気持ちに駆られる時があった。

一人だけで戦っていても勝利を掴むことなど出来ない。


敵兵が攻め込んできた、殲滅せよ。
殲滅して先の戦の汚名を晴らせ。


汚名?

汚名など何も無いだろう?と思いつつも、しかし武人の在り方は只、相手を快走させるものと思い定めて剣を振るう…そんな気持ちで駆け抜けてきたが。


思い返せばもうこの10年近くはそうしたことを繰り返してきただけでは無かったか。




2016年の年末。
ある会社で“専務“の地位にある方に言われた。


お前の上司は決断が出来る器か。
主君はその器か。

戦場に出て、勝つことが、部下と祖国を守ることが出来るのか?



ガツンと来た。
本心では気付いていた。

自分の上司では、
これが戦場であったなら、

戦に出る機会すら与えられず、
皆、死ぬ。



もしかしたら気付くのが遅かったかもしれない。

同じ会社で…会社を良くしようと誓いながら一緒にランニングをしていた10名弱の同僚たちはもう今では一人も残っていない。

それは行動力のある人間ならばとっくに「決断」すべきだったことなのか。
或いはこの会社の定着率から算出される数の定理なのか。



その会社に「来て欲しい」と私を使って下さる有難い話も頂いた。

その年明けに早々に会社に退職を申し出た。

部署では、上司や先輩には猛反対されたが会社にはあっさりと決裁された。


もしかしたら引き留められるのでは?…と言う思いもあったが、確かに私のような小物を引き留めたと言う前例を作ってはならないのだろう。

ただし、引き継ぎ期間は3ヶ月間とられた。
そのため、新しい職場への異動も3か月遅れた。


私の後任はとうとう現れなかった。
私の上司二人に私の仕事を分担委譲したが、引き継ぎは全然進まなかった。


当たり前だ。
私の処理量は上司二人の想像を絶する。


「他に出来る人がいないから仕方無いだろう?」

そう言った理由で新しい仕事も与えられた。
引き継ぐどころか、新しい職務を担うのか?


…そう思ったが、もう考えるだけ無駄だと感じた。
後日聞いた話では、もう何年もの間 社員600人の中で私のサービス残業だけが群を抜いていたらしい。


「有給消化」なんて考えてはいなかったが、私は結局3月31日の夜9時まで仕事をしていた。
そして翌日には新しい職場で任に就いた。
多分、前代未聞だろう。


3月末の退職者は2月1日から有給消化に入る。
それを私は見送ってきた。

この会社の場合、置手紙を残して去る人間も多々居るくらいだったが…当時、その半年後に会社に育児休業から復帰する妻のことを考えると無下にする訳にいかなかった。


会社に反感を喰らったならば…復帰した妻を即座に追い込む。
それくらいのことを、この会社なら、やる。


そして改めて…
そんな環境を作り上げてしまった私の仕事の進め方は色々と下手くそだったと認めざるを得ない。
ここは大いに反省せねばならない。



私は当時、42歳になっていた。
これが後退なのか、前進なのか、


かつて私の転職を全力で引き留めに来た上司たちは私を想ってのことだったのか?
ただ便利な部下が居なくなることが惜しいだけだったのか?


この決断は正しいことだったのか。
そして結果がどうなるのか誰にもわからない。

努力して「正解」に導かねばならない。


自分の人生を、家族の人生を賭ける。
こういった形で賭ける。


これは「逃げ」であってはならない。
「挑戦」でなくてはならない。

果たしてどう転がるのか。


ただ…以前と変わらず…今日もまた走っている。

…そんな日常が…ここにある。

Posted on 2018/02/23 Fri. 09:02 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 0

23

七菜、一歳になる の巻 

バタバタしていてなかなかアレですが、気が付けば 愛娘 七菜が一歳となりました
あんまり怒涛の一年だったんで「やべっ!もう一歳か?!」って感じです。

絵本とか1,2回くらしか読んであげてなかったような…


一歳になってからヨチヨチ歩きを始めました。
ちょっと前までは激太り状態だったのですが、若干痩せてきたような…


ついでに…伸びてきた髪の毛を切りました。


1494927078496.jpg
<長かった頃の雄姿>


髪の毛が長い頃は女の子に見えたんですがね、短くするともう性別なんて良くわからん…
…どころか優斗そっくりだわ



引出ナナ洗濯優斗
<下が一歳当時の優斗>


おまけにやることもソックリだったりして。



ねんね
<兄弟の寝姿>


バタバタしてて誕生日ケーキとかお祝いとかプレゼントとかスッカリ忘れてたんですが、まぁ一歳だしバレないだろうしいいかな…なんて



とりあえず、食欲は異常にあるんで安心しています。

この“食”への異常な執着は間違いなく母親似だな…!!



ちなみに七菜の誕生日当日はブルーベリー狩りに行ってたんですが、母親の抱っこひもから抜け出して(?)勝手に手を伸ばしてかってにブルーベリーを貪る愛娘がなんとも…と言うか一歳児にブルーベリーって大丈夫なんかな?


DSC_0281.jpg
<あーあ>

こんな愛娘ナナですが、引き続きよろしくお願いします

お陰様で父は激太り気味ですが、まぁ致し方ないか

Posted on 2017/08/26 Sat. 14:50 [edit]

category: 子供

TB: 0    CM: 0

26