03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

え!?なんか今ちょっと揺れてない?

何をやってもドジでノロマで亀みたいな私が、主に酔った時になんとなく更新するブログです。

我が家のムヨーのチョー物 

7月に引っ越ししたせいもあって、生活スタイルも幾らか変わってきたように思います。

勿論便利になったこともありますが、逆に不便になったこともありますね。



新居になって、尚且つ子供が産まれてなかなか掃除機をかける暇(隙)も無いんで“ルンバ”を買いました。

ルンバ
<イメージ>


毎朝、優斗を保育園に送っている間にこれが稼働しているらしい。

効果は…イマイチわからん。

安いの(安いグレードだと頭が悪いらしい??)を買ったせいか、髪の毛とか結構落ちてる気もする。

結局こういうのって「留守中に誰かが掃除やってくれてる」って言う安心感…と言うか自己満足感なんでしょうな。


そんでもルンバのゴミを捨てようとすると膨大なゴミが溜まってるんで「この家、こんなに汚ねぇんかよ」と痛感させられたり、ルンバ侮れんな…と実感させられたり…です。



掃除と言えば、新居と同時に我が家にも「食洗機」が上陸しました。

以前は夜、子供を寝かしつけた後に食器を洗いながら「あぁ、この洗ってる時間が短縮出来たら もうランニングに出かけられるのに」とか「距離を稼げるのに」と思ってた時期があったのですが、イザ食洗機を入手しても案外作業時間は変わらないような…


結局“鍋”とかは手で洗わないといけないし、食器もザザッと手で洗っとかないといけないし、だったららいっそ普通に洗い物しても変わんないんですよね。

微妙な我が家の…食洗機



食洗機は微妙ですが、新居になって風呂が大きくなったのは有難い。
優斗と一緒に入ってても脚を伸ばせる~…


頭を載せられる枕みたいな部分もあるし。
…たまに風呂でウトウトしてると、優斗が私の背後に回ってフルチンで肩車してくるのが迷惑だったりします。



妻の方は一時期はランニング禁止状態だったので体重を気にしている様子でしたが、突然思い立ったように「ワンダースマートコア」を買いました。

wsc


私は半信半疑(?)でしたがね。

こういうのってマシンの効能云々じゃなくって「継続するかしないか」だと思うんです。
逆に「やる気」があれば、マシンが無くともなんとかなる気がする…

…が、案の定埃を被っているワンダースマートコア。(っつうか、ウチが狭いから置き場所がねぇんだよな)


最近じゃ、TRFの 「イージードゥダンササイズ」 をやり始めました。


これは呆れるほど続いており、ほぼ毎日(毎朝4時起きで)やってます。

時々「ねぇ、上手になったか見てみて!」と、かみさんのダンスエクササイズを観せられるのが(そして感想を求められる)ちょっと迷惑だったりする…


それにしても、妻のダンス…

あやしい…

と言うか、挙動不審だ…


どうもいつも画面と本人を見比べて「いやいやいや」とか「今のは違うでしょ!」とツッコんでしまうのですが、ホンモノのダンサーの動きを見ても、そんな極端には違っていない…のに、こんなに感じてしまう違和感はなんだ…??

もともと挙動不審な妻がダンスをしても、やはり挙動不審…と言うことなのか?



あ…そうそう、寒くなってきたこともあって、体質改善のために「養命酒」を買いました。

visual_01.jpg

アホみたいに思われるかもしれませんが、異常に冷え性の私にはすがる思いで…


…で、今のところ効果が出てるかわかんないんですが、辞めると改善された体質も元に戻るんですってね。
だったらずっと継続しなければ。


1日3回 20ml飲むらしいのですが、約一ヶ月で1本終わってしまう…のが、私の小遣いだと結構ヤバイ。
かつてK上さんが、「養命酒の効能が出るのは3年後だ」とか言ってたような…それが本当なら恐ろしいな…

…で、コレ結構 味が美味いと思う。


かみさんに「どんな味すんの?」と聞かれて返答に困ったが…紹興酒に近いような…しかし、口に残る風味はむしろコーラに近い気がする。

…だったらコーラ飲めばいいんか?

…などと相変わらずくだらんことを考えさせられる我が家の無駄な買い物群でした。

Posted on 2017/01/15 Sun. 10:53 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 0

15

ナナちゃん5ヶ月 

愛娘、七菜が産まれて5か月に入りました


産まれて2,3ヶ月はその太った風貌や髪型から「タコヤキがラーメンになったんだよ」とか言い出しそうな雰囲気でしたが、最近は可愛くなってきた気がします。


七菜ちゃん
<最近のお気に入りの1枚>


「ナナちゃ~ん!」と呼びかけるとニッコリと笑ってくれるのが嬉しいですね。


笑った七菜に近寄りつつ頬っぺをすりすりするのが最近の私の日課です。
認めたくはありませんが親バカって言うよりは変態そのものですね


優斗の時には母乳を吐くせいか異臭がしていましたが、七菜の場合は赤ちゃんの優しいニオイがするような気がします。

ただ…妻以外には全然懐かず…
誰の抱っこも寄せ付けず…泣きまくる…のが悩みどころ。


そろそろ寝がえりしても良い頃の気がしますが、どうだったっけな…?

代わりに足の力が強く…たまぁに抱きかかえて風呂に入れていてもカエルのように足を伸ばすんでなかなか苦労します。


ちょっと前には、足を動かしすぎて寝かせてた座布団から落ちてしまって泣いておりました。


この前も気が付くと、座布団から移動し…
テーブルの下に潜り込み…

テーブル脚




テーブル頭


反対側からひょっこり。


…こんな七菜の成長が日々の励みだったりします。

あ、そうそう、「優しいニオイがする」とか言ったけど、何故だか足が臭いらしい(妻談)

Posted on 2017/01/12 Thu. 12:40 [edit]

category: 子供

TB: 0    CM: 0

12

(覆面)ヒーローの在り方 

どうでもいいハナシなんですが…
(以下、どうでもよすぎて細かい説明しませんが、わかる人だけわかればいいです)


優斗がどっから聞いてきたんだか、漫画(アニメ)『パーマン』が観たい、と言い出しました。

parman.jpg


保育園で聞いたにしても、よく知ってる人がいたな?!
パーマンって俺が小学生の頃のアニメじゃなかったか?


レンタルビデオ屋に行ったものの案外置いて無く(そりゃそうだ。イマドキのチビッ子がタイムリーに観てないから…)、やっとの思いで借りてきたそのアニメを最近は優斗と観ています。


…で、そのワンシーン。

そして、ストーリー(テーマ)、
ドキュンと胸にくるものがありました。


パーマン
<参考>


上手く言葉に言い表せないのですが…ヒーローってこうあるべきだと思うんです。

弱きを助け、強気をくじく。


…でも、その割にヒーロー稼業との両立が難航しており、正体の人は誰からも評価されない不遇の環境にある…



そんな勤勉でも優遇されない境遇、ちょっと切羽詰ったハングリーさがハードボイルドであり、ヒーローの在るべき姿じゃないかと思うのです


例えば映画『スパイダーマン』では主人公は誰からも褒められることも無く、正体を明かすことも出来ず苦悩するシーンがありました。


これが『スーパーマン』だとちょっと違うと思うんです。(映画観てないんでアレですが)

スーパーマンなんて、最悪 職を失っても、食い物に恵まれなくてもなんとかなっちゃう気がする。
つまり、どう転んでもそんな困らないんですよ。

だから言ってみりゃ生活の傍ら趣味で人助けしてる訳ですよ。


スーパーマンって腹減るのかな…?
疲れたりするのかな…?



『バットマン』…は観てないんでイマイチわからんが…
どうなんでしょ?



ちょっと番組もアレですが『暴れん坊将軍』の吉宗公の姿ってのはヒーロー像とは大きくことなると思います。

勧善懲悪として番組自体は良いと思うのですが、あんなの「隠密行動」と称した職権乱用ですよ。

あんな“ドッキリ“めいたことしてたら悪代官から「えぇい、上様の名を騙るふとどきモノめ!」と言われても致し方ないと思うんです。

挙句の果てには、「成敗!」とか言って、しかも己の手を汚さずに部下に処断を任せる…アレはなぁ…

どうも当人に余裕があるって言うか、人助けを変にエンジョイしてる気がする。



これまた全然アレですが、『アンパンマン』も、立派なヒーローですが、私の求めるヒーロー像とは大きくことなりますね。

「顔が濡れて力が出ないよ~」…の弱点がある点は良い(?)と思うのですが、単に仕事におけるイージーミスな気がする…



その一方で、同じく『アンパンマン』に登場する『ナガネギマン』は大好きです。

ナガネギマン
<参考>


まぁ、私の掲げるヒーロー像とはちょっと異なるのですが

普段は(冴えない?)、ネギ売り農家、ネギーおじさん。

ネギ―おじさん

しかし、イザとなったらネギ籠の中のマスクを着用してナガネギマンに変身する―


パーマンみたいにマスクに不思議な力が宿っていて変身する…とかじゃなくって、本当は強いのに素顔だと恥ずかしくって剣術を揮えないらしいです。
だから、戦闘中もマスクをとられるとたちまち素に戻ってしまう…


その弱さ加減と言うか、不便さ加減がなんかハードボイルドな気がします。

まぁ、ホントにどうでもいいハナシでした

Posted on 2017/01/08 Sun. 20:13 [edit]

category: どうでもいいハナシ

TB: 0    CM: 0

08

急性腸炎DE 2017年 

2017年、スタートしましたね!


皆様どんな正月を過ごされたことか…


私で言えば、完全な寝正月。
1月5日今日現在にてして今月の走行距離2.4km。
どうしちまったM浦よ。


…どうやら年末のアレの疲労・後遺症が胃腸にきてしまったらしく…そこにきて大晦日の暴飲暴食がまずかったか。

1月1日の夕方あたりから強烈な下痢に見舞われ、2日に慌てて病院へ。


そのまま2日、3日はグッタリしてて4日にどうにか外出が出来る程度まで回復。


全然お酒とか飲んでない…
運動もしてないけどそんな体重増加は無いはずだ。

そういや2,3年前も同じようなことやってた気が…


妻には本当に迷惑をかけた。

…それと家にトイレ2つあって良かった…



そんでも元旦には恒例の元旦マラソンに参加。

優斗も「アイスあげるから」の文句に騙し騙し3㎞弱走ってくれて良かった。

元旦おんぶ
<途中嫌になっておんぶされてますが>



その後は天気も良かったしなんとなく千曲、森将軍塚古墳へ。


知らなかった。
古墳裏にトレイルチックな裏コースがあるんですね。

森将軍塚


千曲って言うと遠いイメージ有るけど、自宅から8㎞程度らしく。
そんなら茶臼山往復と変わらないな。

今度ここにランニングできてみようかな…などと思うが体はこのザマ


…そういや、初詣とか行ってないな…
毎年恒例、八幡神社で…などと考えているけど、この週末に違う形で訪れることになりそうな…


そんなんで始まった2017年。

ウチの子供達もすくすく育っております。

今年もなんやかんやありそうですが、宜しくお願い致します。

優斗ななちゃん

Posted on 2017/01/05 Thu. 12:49 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 0

05

ファイナルサンクション~忘年走'2016 

怖ろしい…



「怖い」などと言うものでは無い。
あれは恐怖そのものだ。



…今年も参加してきました、忘年走!

筆頭鬼頭のお誘いのもと、メチャクチャなコースをメチャクチャなペースで走るその5時間、53km!


この一年の罪と罰が…!
この一年の奮闘と蓄積が一斉にふるいにかけられる。


それにかからなかったものは地獄に落ちるしかない

…そんな心境に成らざるを得ない忘年走。


毎年ながらこれに参加するとこの一年の記憶や思い出など一瞬にして吹き飛ぶ…!!
そんな忘年走に今年も参加して参りました。



集まった面々…!!

IMG_9520.jpg

いずれも人智を超えた獣の域…!
まさに鬼。


およそ赤い血は流れていない。
そうとしか形容のしようの無い面々。


例えば戦場でも命乞いをすれば、命だけは助かるやもしれぬが…この面々の前では喰われるしか無い。
そんな集まったメンバーは…

…ぐぇっ…思い出すだけで吐き気が…



コース序盤は小布施ハイウェイから中野方面に行きます。
アップダウンが多いものの、まだ㌔6分を割るほどの人の心の残ったペースで推移します。

10㎞ほど進んで牟礼駅周辺を走ります。
内心、ここに残雪が無かったら勝機が見えると思っていたが容赦無しに残雪が脚を絡め取ります。

30㎞弱。

ここで長野市、善光寺に到着。
ペースはキロ5分ちょい。
参加メンバーは各々拝礼しますが、もう私なんて「どうか命だけは助けて下さい」と祈ることしか出来ねぇ。


35㎞前後。
長野、長野マラソンコースの中御所付近を推移しますが、この辺りからメンバーが誰と言わすペースを上げ始めます。

時計を見るとキロ4分20秒。
私の維持出来るギリギリのペースです。


このまま屋島、河川敷コースに躍り出るのですが…
そして、毎年この一瞬の隙も許されない立ち合いの瞬間が全身の毛孔が開くような緊張する瞬間であり、エクスタシーな瞬間でもあるのですが…

今年はそれより先に意識が飛んでしまった…

全然皆さんに着いていけず…未だにホンモノか幻覚かわからないのですが、兄かマッチ―先生と思しき人とすれ違ったような…



Mウェーブに到着して43km。

ラスト、小布施ハイウェイオアシスを身体の何処かに残った残りカスみたいな体力でどうにか走り切るのも例年のこと。

だが今年は鍛え方が全然足りなかった。


走っていて画像が…

意識が飛ぶ。
真の前の景色が見えない。

一瞬でも気を抜くと白目をむいてしまう。


こんな時にはどうすれば…?


知ってる。


まず左足を前に踏み出して…
次に右足を踏み出す。


後はその繰り返しだ。


ハイウェイオアシスを示す標識看板。

知ってる。
あと2㎞と書かれているはずだ。


あと2㎞。
あと2㎞走れば今年が終わる。


そんな気分で走り切った「忘年走」


走り切って…


崩れ落ちる。
崩れ落ちて…毎年ながら“忘年“し…

躰で翌年を感じる…


そのひととき。

私のようなエセランナーが参加させて頂いている意味を見出す瞬間です。



やっと年が越せる…


お誘い頂いた「これをやらないと無事に年越し出来る気がしませんね」の言葉とは裏腹に毎年、無傷で年越ししたことなんて無いのですが…

毎年この死線ギリギリで生きてる感覚が私を支えてる(?)ような奇妙な感覚になります。

忘年走終盤は向かい風のせいか、疲労のせいか、涙が滲んでしまったのですが…

帰宅してから「何言ってんの!?好き勝手してきたんだから掃除頑張るのは当たり前でしょう!?」と怒鳴る妻に更に涙しましたが…


この瞬間は何事にも代えがたい瞬間ですね。

…って、この文章、酔っ払って書いてるんであまりまとまりがありませんが…

そしてこの数時間後には新年、元旦マラソンですが…


皆さん、今年も大変お世話になりました。

来年もよろしくお願いいたします

Posted on 2016/12/31 Sat. 21:00 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 0

31