05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

え!?なんか今ちょっと揺れてない?

何をやってもドジでノロマで亀みたいな私が、主に酔った時になんとなく更新するブログです。

枝豆実る 

この週末、里帰りしていた妻が自宅に戻ってきました。


…と言っても我が家から700mの場所ですが…

私もこれまでそこに半居候状態でした。



日曜日から新居での家族4人での生活が始まっています

とりあえずバタバタしてますが、本当に恐ろしくなるのはまだまだ先と思われ…


優斗が産まれた時に比べると、長女 七菜ちゃんの言動はまだ可愛らしく感じますが。

DSC_0081.jpg
<曙じゃないよ、女の子だよ>


新居に戻ってゆっくりと庭を眺めると、枝豆が出来ているのに気づきました。
時期としては厳しいと思いつつも、急きょ夏の初めに植えたものです。

DSC_0084.jpg

庭で採れたちょっとしたものがビールのおつまみになる…ってちょっと贅沢ですよね。


しばらく忙しい日々が続きそうですがささやかな幸せを感じているところです。
(主に枝豆とビールに

Posted on 2016/08/30 Tue. 12:43 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 0

30

みんなのおうち 

引っ越ししました。
新居、念願のマイホームに移り住むようになりました。

ご報告とご挨拶が遅くなりまして…




何故か案外皆さん知ってて、逆に「M浦さん家建てるんだって?」とか言われたのはfacebookとかの力なんでしょうか…

ブブタン氏なんて何故か場所まで知ってたもんな。



予算の無い我々ですが、妻の実家の田んぼの一角に建てさせて頂きました。


気が付けばマイホームを考え始めてからもう2年くらいが経っていました。

仕事のことや育児のこととか本当に怒涛の日々でアップアップだったけど、何とかここまで来てホッとしています。
流石に優斗の暴れっぷりや叫び声を考えたらもうアパートも居づらかったし。


未だ不便さとか、金銭面での不安などを感じる余裕すらなく、新居での慣れない日々に翻弄されていますが、アパートより広い風呂に優斗と入ったり、元気に室内を走り回る優斗を見てささやかな幸せを感じています。

新居優斗



…入居した初日に優斗が床の上でウンコしてあったのはビックリしたけど。
(えぇ?どうやってここでしたの?!)


新居に入ってからここ数日は、朝はなるべく早く起きて優斗に邪魔されつつも庭の樹々に水をあげて…
そしてその最中に優斗が小さなカエルを捕まえるのを眺めるのが日課です


…昨日は旧住処のアパートを退去してきました。
事務的な手続きもあったので、例によって優斗はご両親に預けてきたのですが、最後くらい一緒に部屋を見せるべきだったかな。


契約書によると、我々はあのアパートに3年10か月居たということらしい。
何やら色々ひたってしまった。


あれこれしているうちに妻は臨月。

まだまだ平穏な日々には遠い感じ。


Posted on 2016/07/25 Mon. 12:51 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 0

25

幸福の在りか 

仕事でボンミスを、しかし甚大なミスをしでかしてしまいました。
1,000万円クラスの被害で、通常なら私のようなヒラ社員が起こせるような被害ではなく。



半年くらい前に「些細なことだから後回しに…」としていたことが、ジワジワと浸食してきており、被害が拡大していた。
発覚したのは最近のことで「処分を、最悪 解雇も覚悟しろ」と。

恥ずべきことに私はスッカリと忘れていたくらいで、その「小さなこと」が本当にこの被害の要因なのか何度も確認を迫られた。
「処分は当然のこと」と思いつつも、ついに契約してしまったマイホームのこと、妻のこと、そして夏には産まれてくる子供のことが脳裏をよぎりました。


…落ち込んだり、どんな処分を受けるのかビクビクしたり…

そして同時に不満や鬱憤、今まで蓄積していたものが一気に溢れ出してスッカリ腐ってしまった。
そんなダメ人間の私。



環境が変わらないのは自分のせいだ。

「自分の頑張りが足りないから何も変わらないのだ」…そう言い聞かせながら何年も仕事をしてきたが、状況は全く好転せず。
それでも耐えて我慢する方を選んできたが。


確かに「本当に死ぬ気で頑張ってきたのか?」と上司の言葉を振り返れば、そこまでは頑張ってないような気もするが。
世夜中、徹夜で仕事する人なんてゴロゴロいるでしょうに。


しかし、誰よりも早く出社して、誰よりも遅くまで働いていたのも事実。
「要領が悪いだけでしょ」って言われると身もふたも無いけれど。


ウチの部署で有給休暇をとる人なんて誰も居ない。そんな暇無いからだ。
病気で休んだこともない。
子供がインフルエンザにかかった時も会社に申告しなかった。

俺の後輩なんてやっと結婚したのに新婚旅行も行けない。


なのに、他の部署で欠員が出れば真っ先にウチの部署の誰かが引っ張られていってしまう。
そして、他の部署の仕事が日に日にウチになだれ込んでくる。


なんで?何故!?

何考えてんだ?
他の部署なんてみんな定時であがってるじゃねぇか!?


…っつうか、残業手当も何もついてねぇのウチの部署だけだっつうじゃねぇか?!
見てみろ!ウチの部署、全然回ってねぇんだぞ?!

おかしくねぇか!?


“死ぬ気で頑張る“のはいいけど、もうここで頑張りたくない。


…「何ニヤニヤしながら仕事してんだ」と、平和に仕事をこなす周りの人々が妬ましく思うようになるくらいスッカリ腐ってしまいました。

それでも大きなミスさえしなければチャンスはあると思っていたが、とうとうやってしまった。
ミスをしたら人権も発言権も選択権も無い。


ま、多かれ少なかれ、会社なんてこんなものでしょう。


それでも…全部自分が悪いんだ。
自分の頑張りも足りなかったし、単純に「他の部署や会社に移る」という選択をしてこなかった自分も悪い。

それは自業自得


ただ…妻は…??
息子は…??

それは不甲斐ない自分に付き合わされた被害者に他ならない。


…申し訳ない。

…にしても、このタイミングでこれはねぇよな…



そんなある日のこと。
クルマに乗ってる時に妻が何気なく世間話をしてきました。

「あたしね、会社で“ホント幸せそうだねぇ”って言われるんだ~」

…?

「…でもね、最近ホントに思うんだぁ。“私って幸せだ“って」



何を言ってるんだ?

状況わかってんのか?
お前や優斗は俺のせいでとばっちりを受けた一番の被害者だ。

…と話すと「子供も出来てお家も出来て、本当に幸せ」と。


「解雇もあり得るんだぞ?」ともう一度促すと「別に気にしなくていいんじゃない?」と。
「もっといい会社探せば?」とも。


…。
…この小娘、状況わかってんのかな…



私は妻と結婚する前に、やはり拒んでいた時期がありました。
私みたいなのと結婚するのは色々よろしくないと思ってたし、もう「純愛」とかも信じられなかったんで。

「家族の絆が芽生えて、連帯意識が生まれるまでは結婚したくない」とか小難しいこと言ってたんですが、妻は「そんなの気にしなくたって、出来ちゃった結婚する人だっているから別にいいんじゃない?」と諭されたことがあります。

その時も「ホントこの人、状況わかってんのか?」と思いましたが…


…案外、彼女のような考えが一番正しいのかもしれませんね。


そして彼女のような人と人生を歩む私もホントに幸せなのかもしれません。

滑る優斗

Posted on 2016/04/30 Sat. 22:01 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 0

30

最近のサイクル 

私はだいたい夜8時過ぎには仕事を終え、会社を出るようにしています。


サラリーマンとしては割りと早い方じゃないでしょうか?

実際にはまたまだ全然仕事は片付かないけど、妻や息子のこともあるんで😔
(昨晩は10時を過ぎちゃいましたが😨)


会社から自宅までは約3㎞。
ここは恵まれていますね。直ぐに自宅に着きます🚙


たまぁに通勤ランすることがあるけど、それでも20分くらいかな。


帰宅すると…

大抵、妻は息子の暴れっぷりに憔悴しきっています。
それがヒドイ時にはもう放置してグッタリと横になってることもあります。


帰宅した私に「お疲れさま」と、労いの言葉をかけてくれることもあれば、「なんでこんなに遅いの‼?」と、お叱りを受けることもあり…


私もそれに対して腹が立つこともあれば、疲労のあまりに黙り込むこともあります😞


それから、風呂掃除をして風呂を沸かして…
同時進行で飯も食って…

息子と一緒に風呂に入って、寝かし付ける。


…ここまでが私の帰宅後の一連の作業です。


妻も息子の歯磨きをしたり着替えさせたり…

私はホントなら食器を洗う工程もあるのですが、優斗が邪魔するんでなかなかはかどらず…😓


ひとまず寝かし付けねば…と添い寝します。

運が良ければ、その後にナイトランしますが、それをやると12時を越えます。
ま、最近はほとんどランニング自体やらずに添い寝したまま寝てしまいます。

…ダメな私…😢


優斗は朝の4時か5時頃に一旦目を覚まします。

この時に両隣に父親母親がいれば良いのですが、例えば母親が居ないと息子は半狂乱で跳ね起きて「あーちゃん、探し行く~‼😭」…と泣き叫ぶので…

これが数日続いたので、私はナイトランを自粛するようになり…(だってヒドイと3時間くらいしか寝れないから…😢)

妻にも朝のウォーキング(5時くらいから行く🌅)を辞めるようお願いしました。


妻はそれから朝食を作り…☕😃☀

私は夜同様、食器を洗うのと、子供の着替えと言う工程をこなし…出勤します。


運が良ければわずか6㎞の通勤ランとなりますが…


普段なつかない優斗が父親の外出時には執拗に「抱っこ抱っこ!」とせがんできたり「一緒にお仕事行く~」と脚にしがみついてきます。


「鬼みたいな人ばかりのところに行くんだよ?」

そう促しても「鬼さん見に行く~😭」と食い下がってきます。


これが15分くらい続くともう通勤ランは断念。
8時過ぎには会社に着いていたい…と、諦めてクルマで出勤です。


最近はそんなサイクル…日々の繰り返しです。



走って無いせいか、最近腹が減らなくなってきたし、寝付きも悪くなってきた😥


Posted on 2016/03/26 Sat. 17:23 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 0

26

雪どけ’2016 

以前、実家に顔を出した時に両親からこんなものをゲットしました。

塩ラメーン
<ジャジャ~ン>

正式名称はよくわかりませんが、サッポロ一番塩ラーメン味の鍋です。
〆にラーメンが投入できるのがミソ。


これ、私の中で超ストライクでした。
鍋キューブとか使っても、〆の雑炊とかうどんとかとどうしてもスープの配分が合わなかったので。(量も濃度も)

単に料理の腕が悪いだけって気もしますが…


…体には悪いのかな?

…これ食うと、異様に酒が進みます。

息子もこれならよく食ってくれる。

…けど、勧めてはいけないのかな??

…ともかく、私はこれを食って千曲川ハーフマラソンで自己ベストを出しました。

昨日走ったら全然速く走れなかったんで、やっぱしあの日はラッキーデーだったんだろうな



”千曲川”と言えば、その日の夕方に優斗と車でお出かけして…

「ねぇ、今日の父さんの走り見てた?」…と聞くと
「見てなかった」…と

確かに息子の前を駆け抜ける瞬間、優斗は目の前の石コロに夢中になっていた。

ま、自分の良いところを見て欲しいってはエゴかもしれませんが…

「ねぇ、ホントに全然見てなかったの?
「父しゃん、泣いちゃダメだよ」

…ってこの野郎、変なことばかり覚えやがって…



優斗はすくすく育っています。
随分会話も成り立ってきたけれど、3月で1歳5か月になったんだなぁ…


この3連休は風が強かったんで、凧を(100円ショップで)買って公園に行ったのですが、強風のあまり5分で壊れてしまった…

しかし子供にしてみれば凧なんてどうでもいいみたい。
公園を楽しそうに走り回っていました。

南長野優斗
<モグラ叩きっぽい>


凧を再度(100円で)購入し、今日もまた凧上げに行ったのですが、またも5分で破損。
けど子供してみれば、やっぱし凧なんてどうでもいいみたい。

凧そっちのけで砂場に。

砂場優斗
<大人用スコップがお気に入り>


優斗は保育園で覚えてきたのか、「変顔」するのがマイブームみたい。

優斗に「ねぇ、お父さんの名前はなんて言うの?」と聞くと

「達也っ!」…と、ワザワザ変な顔を作って答えてくれます。

「お母さんの名前は?」…と聞くと同じように変顔で答えてくれて、
「じゃあ、ゆうとんの名前はなんて言うの?」と聞くと

「優斗です!2歳です!」と、年齢付きで答えてくれます。(機嫌が良いとフルネームで)

Posted on 2016/03/21 Mon. 13:14 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 0

21