05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

え!?なんか今ちょっと揺れてない?

何をやってもドジでノロマで亀みたいな私が、主に酔った時になんとなく更新するブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

マッドレース~志賀高原マウンテントレイル 

志賀高原マウンテントレイルに参加してきました。


トレイルのレースはホントに久しぶりな気がする。

一応、今月の初めに”高社山”に出てるし、昨年末には”神流”にも出てるけど、神流は妻とファンランだったし…

多分マトモに走るのは一昨年の『信州戸隠トレイルランレース』以来だと思う。
一年半ぶりくらい?

ペースとかも全然わかんなかったけど、とにかく勘みたいなのが鈍ってて、何よりバカだったのは足のマメ対策すらやってなくって後半キツかった


そしてペースにおいても、色んな方に再三「前半は突っ込むな」と促されていたにも関わらず、序盤で潰れてしまい、後半が地獄になる-…と言う、典型的な失敗レースとなってしまった。


成績は5時間28分。

ジェルは1個だけ消費。
例によって食欲がわかなかったのだけど、もっと摂取したら違ってきていたか?


そして水。
1L持ってったが、私の場合は大量に余った。


「もう一度やり直せたら…」と思う反面、「そのチャンスがあっても二度とやり直したくない」って気持ちもあります

けど多分…来年の今頃になったらまた出たくなってるんだろうな。


sigamountain.jpg<スタート前。この後の地獄を知らずに笑顔です>


以下、当日のレポートです。


例によってストレッチもアップもせずに整列。

いつもなら最後尾に並ぶのですが、今回なんとなく皆さんと一緒に並んでしまいました。
これは失敗だったか…??


8:30スタート

最初から皆さん飛ばしますね。私もそれに倣います。
確か序盤で渋滞するコースなんじゃなかったか?


5㎞くらい進んで岩菅山に入ります

そこから歩き登山コースになりますが、ここでハチマキさん、Tsu-Kaさん、T野さん(奥さん)に会えた…のが嬉しくって、変にテンションが上がってしまい、何故かペースを上げてしまった。
…のが、多分尚更良くなかったと思う。

気が付けば割と(自分にしては)ハイペース。


しばらく進むとU井さんに合流。

しばらく談笑させて頂きました。知識が豊富なU井さんのお話は毎回聞いてて面白い。
一緒にいるとキツイコースも楽しくなってきますね。

ちなみにU井さん、レースを終えて翌日はブブタン氏らと八ヶ岳に行く予定なのだとか
…え?マジっすか?


刹那、私の右脇を女性ランナーが猛スピードで駆け上がって行きます。一体何もんだ?
瞬間、私も釣られて走り出します。反射的なものでしょうか?

しばらく後につきましたが、やがて見失ってしまった。


ここで某、鍼灸院のきりちゃんに遭遇
調子が悪そうです。

その後も淡々と進むと、またも私の右脇を跳ねるように駆け抜けてく若手ランナー

声をかけたらやはり、松子さんの旦那さんでした。

しばし若旦那の清々しいお話を聞かせて頂きましたが、ペースが全然違うんで直ぐに見失ってしまった


しばらく走って、今度はゲレンデを下ります。
遠く彼方にスタート/ゴール地点が見えます。

前半の終わりは近い。


「ちょっとペース飛ばし過ぎかな?」とは思いましたが、何せ久しぶりなんで自分の体力もわかんないし、「40㎞のレースなんだから、これを下ったら半分くらい終わってんでしょ?」と思ってました。

そしたら前半ってショートコースとカブってんですね。
つまり13㎞しか走ってない…

ちょっと危機を感じます


エイドはスルー。




二周目に入ってゲレンデを登ります。

登ります…


確か「二周目は飛ばせ」とか言われていたような…
残りの体力を燃やすように頑張って登ります。

恐らく距離で言えば16㎞地点くらいだったのでしょうか。

延々と続くゲレンデが恨めしい…


ゲレンデの終盤、うっち~が居たような気がしたけど声も出なかった。


そこから折り返して下り。
延々と下ります。

ペースを抑えたいが、もう踏ん張りが利かなくって尚更疲労が増す。

ここでTsu-Kaさんが私をちぎって行きます。
典型的な負けパターンと言うか…私ももっと序盤を堅実に行くべきだった

下って下って…また延々と下って…

やっとエイド(24㎞くらい?)。

コーラを一杯だけ頂いて再出発。


やべぇ…40㎞って案外長ぇな…舐めてた


そこから更にロードが延々と続く…のが精神的に辛い。
脚が残ってりゃあもっと楽しいんだろうけど、本当に嫌になってきた。


身体が火照る。

道路脇に沢。
飛び込みます。


…飲めるか?

飲める。
…と信じて飲む。

生き還った。(気がする)


そこから10㎞弱延々とチンタラと続くトレイル。

多分、脚が残ってたら最高のトレイルだったと思う。すべて爽快に駆け抜けられる傾斜だった。


しかし脚が終わってた私にはとにかく最悪のトレイルだった。


「ガンバレ!」とか書いてあるプラカード(?)が煩わしく思えてしまう…精神的にも追い詰められてきた証拠ですね。

脚も終わってきたけど、得意の胸キュン(横っ腹の痛み/痙攣)が始まってしまい、どうにも走れない。

イライラ感が増します。



振り返るとハチマキさんが近づいてきています。

一瞬「引っ張って貰おう」と思ったけど、ついてく脚も残っておらず…

とうとう気持ち的にも本当に燃え尽きてしまった。


聞けばコースはラスト4km。


4kmか。
とてつもなく長く感じます。


キロ6分で走っても24分か…と思いつつガーミンを見たら私の速度はキロ8分。

あと30分以上走り続けるのか…??
いや、歩く区間だってあるぞ…??

など意味不明なイライラ感を募らせたり絶望感に陥ったり…


ここで背後から男女ペアのランナーが近づいてきました。
いいペースです。

思わず道を譲ります。

見送った瞬間…何か体が”ピン”と反応しました。


叫びます。

「自分、引っ張って貰っていいですか?!」
「どうぞ!」


最後のチャンスだ。
脚を動かせ。

右足…次は左足だ。
…動く…


おぉ…ここにきて本当に救いの天使達だ…

その見知らぬ男女のランナーの談笑に混ぜてもらいながら、絶望的なテンションが楽しいテンションに変わり…その嫌で嫌で仕方なかった終盤の数kmが瞬く間に過ぎていきます…


完全に置いてかれたと思ってたハチマキさんが数100m先に見えます。
なんか知り合いが見えると嬉しい。

そしてその3人で並走しつつゴール

本当に辛く、そして嬉しかった。

既にゴールしていた皆さんと談笑したり称えあうのもまた嬉しい。



そして安心したら、吐き気が止まらなくなってきた…


…この後、妻を案じる気持ちもあり皆さんを待たずに先に帰宅してしまったのですが、失礼しました。
案じた割には帰宅した後も体調不良で家事も出来なかったのがアレですが…


ともかく、久しぶりに皆さんと同じレースで走れたのがとてつもなく有意義で充実したものに感じました。
疲れたけど元気になった。



さぁ…次のレースは”野沢”だ。

それまでにちょっとでも成長してたらいいなぁ~なんて淡い期待を込めてみたりして
スポンサーサイト

Posted on 2013/06/30 Sun. 16:46 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 2

30

コメント

腕で×を作らないで下さい。 

お疲れ様でした。


あれ?某美人さんとは、何もなかったんですか?

URL | chihiro #sSHoJftA | 2013/07/01 23:54 | edit

 

その辺も含めてリベンジってことでi-182

スタッフ/応援有難うございました。
折角声をかけて頂いたのに、目線をそちらに向ける余力すら無くなっておりました…

URL | M浦です #Ol5YZ1X. | 2013/07/02 12:40 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://acchonburige.blog.fc2.com/tb.php/86-3b3b558c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。