05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

え!?なんか今ちょっと揺れてない?

何をやってもドジでノロマで亀みたいな私が、主に酔った時になんとなく更新するブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

3年ぶり、高社山マラソン 

そうか…飯山のマックは朝マックやってないんか-


3年ぶり(かな?)に高社山登山マラソン(11㎞?12km?)に参加してきました。

高社山スタート前


結果は1時間34分。
私の脚力で、野辺山一週間後にしてはまずまずかな?


以下、当日の模様いっちょゴー。



朝マックしつつ現地入りするつもりだったのが飯山のマックって朝9時からの営業なんですね…と意気消沈したり、代わりにコンビニでハンバーガーを買ってバカ食いしてたりで、結局ギリギリで到着


今年初のトレランです。

会場の雰囲気も独特ですね。和やかさの中にも荒々しさみたいなもんがある。
なんだか緊張してきます



そんな中でイチャイチャしてるカップルが目の前に居たんでなんだか腹が立つ

こんなところで何してやがる。他の選手の邪魔じゃ。


顔は覚えた。
なかなかのイケメンじゃねぇか。
たとえ序盤で潰れてもコイツだけは抜き去ってやる。


…そんなことを考えつつスタート位置に整列します

最初は先頭の方に並ぼうかと思ったのですが、なんだか怖いんで最後尾に移動しちゃいました。


お…すると居た居た、emigonさんとU先生。

emigonさんに「え?長野マラソン出てたの?」とか言われてしまったのが何か恥ずい。
長野マラソンの時にも会ってますが…しかも沿道からemigonさんに「あれ?出てたの?」とか言われたっけ…



ともかく数分後に号砲が鳴ってなんとなくスタート

ゲートの脇で妻(←朝マック目当て)が応援してくれています。
…が、やっぱし私には気づかないんでこっちから声をかけます


結局アップもストレッチもしなかったな…ま、今日はそんな追い込むつもり無かったんで。


序盤はゲレンデを駆け上がります。

駆け上がります…が、膝とシンスプリントが痛くて思わず歩きます。(←多分歩き選手第一号)


だけど最後尾でスタートしてそのまま歩いてるんで、前方との差が開いてちょっと恥ずかしい…

それに折角トレマンTシャツ着てるんで、どうせなら背中を見て欲しいような…
ちょっと頑張って騙し騙し走ります。


小刻みに走るうちに先ほどのチャライケメンをパス。
拙者、顔で負けても脚で負ける訳にはいかないのでござる。


走るうちに眼前に入ってきた手前の選手の脹脛。
見覚えがある。


これで殴ったら一発だ…と言うような凶器じみた脹脛

ミスター脹脛ことN山さんか?
…と思ったらニセモノだった。そういや良く見ると一回り細いような…血管も細いような…



ニセモノを追い抜き尚も進みます。

ここで本物のミスター脹脛とkumiさんを発見。
談笑してます。


N山さんに追い付いてしまったらオーバーペースかな?と思ったり、でも「今日はゆっくり行く」って言ってたしな…などと思っていたら、今度はアルパインTシャツを纏う女性に遭遇。


このTシャツを着てるなんて…タダもんじゃねぇ。
ちょっとお話させて頂きながら進みます。(←でもペースが速くて…


しばらく歩いてると…なんか毎年恒例らしいですね?-…沿道から「散歩じゃないんだぞ?!ちゃんと走れ~!!」と、名物親父からキラーパスめいた声援が飛びます。


これは燃えた。
スピードを要求してるのか、笑いを要求してるのかわからんかったけど、ともかく目の前を腿上げダッシュで通過してやった



しばらく走ってると何だか調子が上がってきました。

ちょっとしたガレ場が私の足に合ったのかもしれない。トレイルを走る悦びみたいな感覚が全身を駆け抜けていきます。(歩いてるけど)


もう疲労もペース配分もねぇ。
もう自分勝手なペースで行けるとこまで行こう、と決め黙々と登ります。



半年ぶりに履くラプター

この中足部分のイボ(私は勝手にラプターの“牙”と呼んでるのですが)が岩を捉えた瞬間…!!最高ですね。
その反動が次の一歩に繋がる気がする。


尚も進むと…
ushikiさん!!


最近お見かけしないushikiさんに遭遇しました。(UTMFの疲労は…
もしushikiさんがマジ走りしてたのだったら、追いついてしまった私は明らかにオーバーペースってことになりますが…



それにしても流石はushikiさん。
整列した時や会場でも全く気付かなかった。
完全に気配や気迫、殺気を消してますね。


野辺山でスタート前にお会いした時の店長もそうだった。最初全く気付かなかった。

やはり一流の選手ってのは時に圧倒されるような気迫を放つけど、またある時は完全にオーラを封じられるものなのだと思う。


やはり名刀は鞘に…なんて考えてると、もう山頂。
あれ?やっぱし以前とコース変わってるんですね。やっぱしピークは嬉しい。



ここで私の名前を…しかも本名をフルネームで叫ぶダミ声が…!!

まさかと思ったけど…ブブタン氏が山頂まで応援に来てくれてました!!


これは嬉しかった。
嬉しかったけど、それより驚いてしまって鼻水が飛び出た

実はスタート前にもブブタン氏から携帯にメールを受けており…だからてっきり自宅かと思ってたのですが…ビビった!有難うございます!



そこからは下り。
トレマンスノーシューツアーでお馴染みのコースです。やはりラプターで良かった。

急勾配のトレイルを駆け上がる瞬間、堪りませんね(一定距離限定)。



…けどこの辺りでバテた。息が苦しい
自分と同じくらいか、やや遅いくらいの選手の背後に付きます。そんでも苦しい。

ここからは基本下りだったのですが、スタッフの方が「もう登りは終わりですよ」とか「もうすぐですよ」とか言ってくれてるのに「ホントに終わりですか?」とか逆ギレしつつ…ラストのゲレンデを下って…ゴール


その数分前にushikiさんがゴールしていたようです。



高社山。

たまに短いのもいいな。
ゾクゾクする。

「頭で考えなくてもいいからさぁ(良い)」などと言うushikiさんの言葉に頷いて同調したN山さんと私がなんだか“頭で考えるのが苦手”みたいでアレでしたが…

…良い一日を過ごしました。このコースなら来年も出たいな。



この後、ちょっと妻の体調が心配で早々に会場を失礼してしまったのですが、御挨拶出来なかった皆様、申し訳ありません。


脹脛兄弟
<何故かレース後、親しげに談笑していた脹脛兄弟>


ちなみに妻は応援用リフト乗り場までの送迎バス?に乗り遅れてしまったらしく、なんとkumiさんの旦那様のマイカーで連れてきてもらってたらしい

有難うございます…と同時に何でアンタいつもそうなのよ、とか思ったりして。

妻は「イケメンの旦那さんと話できたぁ」と喜んでおりましたが…
スポンサーサイト

Posted on 2013/05/26 Sun. 17:09 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 2

26

コメント

 

やはりいいレースですよね。
(頭使わなくていい、なんて言ったんですね、私(笑))
去年、今年と短距離レースに対応できてないんで(歳なのかなあ…)ちゃんと出るからには勝負できなきゃ…と反省しています。
暑い中ジェシカちゃん大丈夫でしたか?応援嬉しかった!ありがとうございましたo(^-^)o


URL | N山 #- | 2013/05/26 19:28 | edit

 

高社山、お疲れ様でした~

私も当初ピクニック気分だったのですが、何だか突然スイッチが入ってしまいました。でもちゃんとトレーニングしてないとショートのスピードにはついてけませんね…(横っ腹が)

妻も皆さんに会えたことを喜んでいました。外出すると何故か頭痛がするらしいです。そんな妻を気にかけずに私はビール飲んどりましたが…

URL | M浦です #Ol5YZ1X. | 2013/05/27 21:18 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://acchonburige.blog.fc2.com/tb.php/80-247fbe01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。