05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

え!?なんか今ちょっと揺れてない?

何をやってもドジでノロマで亀みたいな私が、主に酔った時になんとなく更新するブログです。

愛と青春の野辺山 

3度目の野辺山ウルトラマラソンに参加してきました。


…この一年間ずっと考えていたことがあります。

私は一年前の冬から春先にかけて…が、人生一番走りこんでいた時期です。
そりゃトレマン隊の人に比べたら劣るかもしれないけど、強くなっていた自負がありました。


それが4月に人事異動を受け、ボロボロになって5月の野辺山に参加。

野辺山に出場した頃は、仕事や資格試験などで本当に翻弄されていて、生活もメチャクチャでした。
慢性的に眠かったし、走る時間なんてある訳も無かった。


だから野辺山当日も寝坊してしまったばかりか、朝食も食わずに現地に急行するはめになったし、おまけに道も間違えてしまって…

助手席に乗ったジェシカちゃんがキレまくっていたのを覚えています
(などと言う本人が受付票を忘れていたのですが…)


何とか完走だけはした野辺山でしたが、4月上旬までに走りこんでいた貯金で何とかなったものと思いましたね。


それが、この年末からまた徐々に走り出しています。


この一年間考えていたのは、

「走らなくなってきていた5月の頃の自分と、ようやく走り出した今の自分、どちらが強いのだろう??」ということです。


せめて昨年の自分には戻りたかった。


反面、どうしても人は栄光の時期を美化してしまったりすがりたくなってしまうもの。

そんなことを考える時点で負けに入っている気もしていました。


未だに月間の走行距離もたいしたことないのだけど、4月の長野マラソンで言えば前年のタイムを上回っていたので、「お?俺、戻ってる?」などと思うところもありました。

ま、これは天候に助けられたのでしょうね。


同じく今回の野辺山もタイムで言えば前年を上回っていました。


やはり天候に恵まれていたのかもしれませんが…


それ以上に、一緒に走れた方…

時に叱咤して下さった方、
励まして下さった方、
抜きつ抜かれつした方、
一緒に談笑しながら歩いて下さった方…


そんな方たちに恵まれて完走出来たものと思います。


皆様へのお礼も兼ねて、ここで当日のレポートを書き綴っていこうかとも思っているのですが、同時に私のつたない文章など何の意味も無いという気もします。



何か、終わってみて改めて原点である「走っていて楽しい」「走ることで楽しくなれる」ってことを思い出させてくれた、そんな気がします。


色々言わなくても、この写真でなんとなくわかるでしょ?

ESeinZKrPJyLZaAUCo_6WhVg2WCB_YEOfS0p0BiZT98.jpg
<ブブタン氏のジョグノートから無断で拝借>
スポンサーサイト

Posted on 2013/05/20 Mon. 21:38 [edit]

category: トレマン流

TB: 0    CM: 4

20

コメント

 

野辺山お疲れ様でした。
それから、ジェシカちゃんの件、おめでとうございます。

これ、良い写真ですねぇ。
M浦さんの表情が実に良い。
様々な条件がそうさせているんでしょうね。

撮してくれたのがブブタン氏ってのもあるよね。
やっぱり仲間がいるって良いねぇ。
私もここには写ってないけど、お仲間の一人に加えておいてね(^O^)

URL | ka-min #- | 2013/05/21 09:00 | edit

ka-minさん有難うございます 

ka-minさんこそ体調や故障の具合は如何ですか?

何度かブログに書き込みさせて貰おうかと思ったのですが、長文になり過ぎて削除しちゃいましたi-201
トレマンショップを介して知り合えた皆さんは誰もが魅力的で大事な人たちですよね。

あ、ジンマシンの件はハチマキI藤さんも経験あるらしいです。相談したら助言貰えるかも??

URL | M浦です #Ol5YZ1X. | 2013/05/21 12:49 | edit

 

お久しぶりです‼
野辺山3回目ですか⁇‼
私は1度参加しただけですね。その時は店長系の皆さんにそそのかされての参加で、2人が仲良く走っていたのを覚えてます。その時はお二人がこんな風になるなんて、、、想像もしてたりなんかして(≧∇≦)

ジェシカちゃん元気ですか?
結婚も妊娠もおめでとうございます‼お幸せに~♥


URL | S山 #- | 2013/05/21 21:27 | edit

うぉ!マジでS山さんですか?! 

コメント有難うございます。

そうでしたね、あの時も今の妻と一緒に出場していました。(と言うか会社の同僚数名で)
その頃は只の変な人としか思ってなかったのに、まさか結婚することになるとは。

逆にS山さんところを執拗にライバル視してた覚えがあります。
稲子湯からの登りで置いてかれて悲しい思いをしたっけなぁ~…

URL | M浦です #Ol5YZ1X. | 2013/05/22 12:42 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://acchonburige.blog.fc2.com/tb.php/78-2a28f158
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list