09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

え!?なんか今ちょっと揺れてない?

何をやってもドジでノロマで亀みたいな私が、主に酔った時になんとなく更新するブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

南の国から’12 3日目~観光編 

ホノルルマラソンを終えて翌日の朝

今日は午前中に観光バスツアーを入れていました。流石に何か観ないと勿体ないんで。


…けど何を観て良いのやら、そしてここに何があるのかも知らない…ので観光バスツアーです。


ちなみに我々のホテル、トイレ&バスルームに窓(?)が付いており、部屋の方からトイレが覗けてしまいます。

3日目10
<こんな感じ>

私は前日のゲータレードのせいか、この日から帰国するまでずっと下痢してたのですが、時折ここから妻に覗かれて非常に嫌な思いをしました。


まず観光バスに乗って最初に訪れたのがナントカビーチ。
3日目15


ハワイで最も美しい場所らしいですが…なんか実感湧かなかったな。


ジェシカちゃんをして、「沖縄の海の方が綺麗だと思う」と言っていたのが説得力あるような・・・

いやしかし、この小娘、以前に国道19号で松本に向かう最中、隣を流れる犀川を観て、「うわぁ!大きな海!これって何湾ですか?」って言ってたぞ。

3日目20
<幸薄い表情で…>


次にこれまたナントカって水族館に移動。

ちょっと有名なところらしく、ここで“ゆうこりん“が挙式したそうです。
う~む…どっちも興味ありませんな…

最後に訪れたのが、♪「この~木なんの木、気になる木」でお馴染み、ナントカパーク内の木です。

3日目22
<入口ゲート。日本語表記されてます>


CMだと1本だけ生えてるイメージでしたが、実際には何本も乱立していました。

3日目30
<見たことも無い木ですから>


私にしてみれば何でも無い樹のように見えますがジェシカちゃんは非常に楽しみにしていたようで、真っ先にバスを降りて…そして何故か土産ショップに駆け込んで行きます…


ここでのバスの停車時間は実にわずか15分。
逆に言えば、それだけ見るところとかが無いんです。ただ生えてるだけなんで

しかしジェシカちゃんが買い物してて15分のうち7分ロスです。

直後、私は彼女と入れ替わるように発作(下痢)に襲われ、トイレに駆け込みます…
…粘りに粘って、苦しんだ挙句、5分ロスしてトイレから帰還します


するとジェシカちゃんが殺気立ってます。
私がトイレに入る前に預けたルーファスを投げつけて返してきました。

「何分待たせるの!?あたしここが一番楽しみだったの!わかってる!?もう写真撮る時間も無いじゃん!

…と怒られましたが、私も好きで下痢してた訳じゃないので…しかもトイレ鍵かかんなかったし…

…って言うか、アンタこそ延々と買い物しやがって…
と言うより俺のトイレを待ってないで一人で撮影してりゃあ良かったと思うのですが…

「そんな怒んないでさ、あと3分あるんだから撮ればいいじゃん」

その“木“までは多少距離があったのですが、我々はカスケディア。走れば直ぐです。
記念撮影して、彼女の機嫌も直った様子。

3日目25
<ケンカ直後の入口付近にて>


…で、”見たことも無い”この木、実はハワイでは街路樹として一般的に生えてる木なんですって。
言われてみれば、ホテルの近くでもフツーに生えてた。

…だから地元人は何も珍しくもなんともない。


逆に言えば、街路樹レベルの木がこうして大きく育ったので、ある意味では珍しいとも言えるのかもしれませんね。

ところで…
これは日本で言う、“ネムの樹“らしいです。(実際、学術的には全く異なるのかもしれませんが…)
ここではアメリカネムの樹、などとも呼ばれるそうです。

ネムの木、犀川沿線を走る人なら観たことあるかもしれませんね。
春先から初夏にかけて独特の…花のような葉っぱを付けるアレです。

nemuno12.jpg
<参考写真>

見たことも無い木ですが、案外身近だったりしますね。



バスツアーは午前中で終了。
ホテル近所の定食屋で昼食を済ませます。

3日目40
<写真じゃわかりにくいけど超ビックサイズ>

ジェシカちゃんはアサイーボールとか言うのが食いたかったらしく、それを貪ります。

3日目50
<これもビックサイズ>

ハワイじゃ一般的な??デザートらしいのですが、アイスのような、ヨーグルトのような…少し酸味のある独特の食感でした。


午後は観光がてらジョギングに出かけました。
走ることで少しでも疲労を抜きたいし、走るからこそ見えるものもあるし…

3日目80
3日目70
<また訳わからんオブジェ>

そして、前日の完走賞ってのをホテルから数㎞の場所まで取りに行かねばならなかったのです。
意外と…走って取りにきてる人は少なかったですね…

3日目90

折角なんで、その公園沿いを走ります。


遠くにダイヤモンドヘッドが見えます。

3日目110
<雄大です>


わたしも入れてもう一度撮影。

3日目120
<右下にちょこっと>

ついでに、ワイキキ水族館ってのも行きました。
ハワイの魚介類の生態系を知りたかったのですが、これまたびっくりするほど日本と変わらん水族館で新鮮味が無かったような…


…アザラシだかアシカだか知りませんが、こいつが泳ぎもせずにずっと突っ立ってました。
3日目140
<こいつ>

かつて上越水族館にも似たようなアザラシが居たらしいですが…

なんかこの人達(?)、鼻呼吸らしいですね。だから泳ぐよりは立って顔を水面上に出しておきたいのでしょうね…

「もう疲れたから帰りたい」と言ってきたジェシカちゃんに従い、5㎞くらいだけ走ってホテルに戻ります。
帰り道の途中、ヨーグルランドなるヨーグルト屋さんがあったので気になって入ります。

店内にはソフトクリームみたいにフローズンヨーグルトが「にゅ~ん」と出てくる機械が何台も設置されています。(セルフサービス)
何台も設置されているのは、バニラ味だのストロベリーだの、味が何種類もあるんですね。

それがドンブリサイズのカップに詰め放題(?)で、トッピングも自由で、で、最後にレジで重量換算でお支払いとなるシステムでした。

ハワイの料理は量が多いので、二人で一つのカップに各種ヨーグルトを詰め…

店外で食べます。

3日目150
<こんな感じ>


ジェシカちゃんが…さっきまで疲れてたくせに猛然と食い始めます。

3日目170

「どう?美味しい?」
聞きますが答えてくれません。

彼女がこの表情をした時は集中してるのかどうなのか、全然会話をしてくれません。
ちなみに二人で登山に行った時もこの表情をして口を利いてくれません。

3日目160


時折独り言のように「あたしライチ(ライチ味のヨーグルト)とかあんまり得意じゃ無いんだよなぁ~…」などと聞こえてきます…

…当たり前だ。ライチを入れたのは俺だ。
…あ…そのまま一人で食っちゃうの?スプーンが2本刺さってるのがちょっと寂しげです。


夕方からはこれまたジェシカちゃんのリクエスト、手作りジュエリー(?)のショップに出かけました。

私はアクセサリーとか似合わないし、得意じゃないのですが…ま、記念なんで。

2時間ほどかけて黙々と銀のネックレスを作ります。

3日目180
<その模様>

3日目190



その夜は、二人でそれを付けてレストランに行きました。
“エッグシングス”とか言う、そこそこ地元で有名な店らしいのですが、店の外まで行列が出来ています…

相変わらず街中はホノルル完走Tシャツで溢れかえってるんで、私は昨年頂いたトレマンTシャツで出撃です。


ここでまたも発作(下痢)
毎回困るんですが、ハワイってコンビニ(内のトイレ)とか公衆トイレとかが全然無いんです。

店の入り口付近をキョロキョロしていると…あった!トイレ!
猛然とダッシュすると…くそっ!!ダイヤルロックで鍵がかかってやがる!

恐らく中には誰も入っていないと思いますが…ハワイって案外何故か鍵がかかってるんです。

私がよほど痛烈な表情をしていたのか、店員さんが「○××△…」などと声をかけてきました。
早口の英語で訳わかりませんでしたが、こっちは必至だったんで「トイレだよ!トイレ!」日本語で返すとダイヤルロックの暗証番号を教えて貰えました。

…で、トイレに駆け込みます…

しばらくして無事に任務を終え…二人で…でも一人前と思われる料理を注文し、ディナーとなりました。

3日目210
3日目200
<こんな料理です>

この時の支払いは妻に任せたのですが…

この時、何が起きたのか、或いは帰り道に“何か”が起こったのか…
今でも定かでは無いのですが、結局これが妻が財布を見た最後となりました。



帰宅してから妙に腹が減ってきました。
ホテルから新婚さんにサービスってことでシャンパンの差し入れがあったのですが、飲んでたら尚更腹が減ってきた。

近所のコンビニで『みどりのたぬき』を買ってきました。
日本より割高です。だが、量の方はどうだ…??と試してみたかったのですが、全く同じじゃった…(ちなみに3ドルなり)

シャンパン効果もあってヘロヘロに酔っ払いながらも一人、ホテル内のコインランドリーに向かいます。そろそろ替えのシャツがヤバい。

洗濯を終えて…エレベーターフロアに入ると…

…!!!

エレベーター一室をアメリカ人(と、思われる)十数名が異様な雰囲気で盛り上がりつつ占拠しています。しかも閉まらないようにドアを腕でロックしてる。
誰か待ってるのか?!


何かヤバイ空気…酔っぱらってるのか…??
いや、これって映画で観た、マリファナパーティーってやつでは…(失礼な想像)


走って逃げようにもこっちも酔っててフラフラ。

上手く説明出来ませんが、エレベーターは無数にあるのですが、外から押せるボタンは中央の柱に取り付けられた一つしか無く、つまり私はどうしてもそのエレベーターに乗るか、見送らないと部屋に戻れません。

関わりたくなくって、何気なく腹を叩いて『浪花節だよ人生は』のイントロを演奏していたのですが…

ロンゲの兄ちゃんが手招きしてきました。
マズイ…と思いながらも無表情を装い乗り込みます。
乗らないと尚更マズイ雰囲気だったのですが…中にはアメリカンが20人くらい乗ってたでしょうか。


無表情のまま自分の部屋、24階のボタンを押そうとすると…

ゲッ、既に全階のボタンが押されています。この酔っ払いどもめ!
誰かが私に話かけてきました。
英語で良くわかりませんでしたが、恐らく「どこから来たんだ?」と聞いてきたものと思います。
「フロムジャパン、ナガーノ」と答えると…何故かノーリアクション

突如、別のロンゲの兄ちゃんが、「Yeah!I am AHO!」と声をかけてきました。

おぉ、“アホ“ってのは英語だったのか!それなら分かりやすい。私も返します。

「No、No、I am most AHO」
通じたかどうかわかりませんが、我ながら発音は良かったと思う。
ちょっと笑いもとれたような・・・


チーン、とエレベーターが止まり…皆さんが退出(?)していきます。
見ると一階のショットバーに行くところだったみたいですね…

…って、俺24階に行きたかったんだけど、何一階に降りて来てんだよ…

いやいや、それよか俺がエレベーターに乗った瞬間に動き出したのはやっぱし“俺待ち”だったのか?
酔った頭で色々考えつつ改めて24階のボタンを押しました。

ふとエレベーターの外を見ると、一人優等生っぽい女性が「Very sorry」と言い残して去って行きました。

優等生…って思ったけど、こんなことしてる時点で優等生じゃねぇよな…
そんなことを考えつつ、その後、妻の元に無事帰ることが出来きた3日目の夜でした
スポンサーサイト

Posted on 2012/12/28 Fri. 12:56 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 0

28

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://acchonburige.blog.fc2.com/tb.php/40-78783867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。