05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

え!?なんか今ちょっと揺れてない?

何をやってもドジでノロマで亀みたいな私が、主に酔った時になんとなく更新するブログです。

南の国から’12 ホノルルマラソン編 

(自宅パソコンが不調なのと期末につき、全然進まない旅行レポート2日目の話)

寝坊しました。
時刻は早朝2時半くらいだったでしょうか。

私も妻も各々目覚まし時計を設定していたのですが、二人ともそれに失敗していたようです。

ホノルルマラソンは5時スタート。早いですよね。ウルトラマラソン並です。
日中は暑くなるせいでしょうか。
スタート地点までは3時発のバス移動です。だから早朝2時には起床せねばなりませんでした。

焦る私を尻目にモリモリと昨日買い込んだ食料を喰い始めるジェシカちゃん。
…何か焦る自分が小物みたいですね…

見ればこの小娘、ウェアのままで寝ていたと思われ…

私も慌てて着替えて…現地に向かいます。

2日目10
<いつもながら哀愁漂う背中>


私は日本からのツアーで参加していたこともあるのでしょうが…周りを見ると100%日本人ですね…

ホノルルマラソン、約3万人参加していたそうですが恐らく2万人くらいが日本人だったのでは無いでしょうか?
…って、サラっと言ったけど3万人ってすげぇな…



何やら前方が騒がしい。

やがて始まる怪しい音楽
前方に現れたマッチョでビキニ(?)金髪美女が踊りだしました。

2日目20
<見えるかな??>


…“ズンバ”と言うらしい

余興の一つでしょうか。
怪しいリズムにのって、ビリー隊長ばりにエクササイズをするのですが…
これで体を温めようって酒肴らしいです。

我々も合わせて踊りだしますが…
それにしても曲も動きも…凄く怪しい…

それを終えて(必修科目なのかな??)やっとスタートラインに並びます。

ちなみに今日の我々、勿論トレマンTシャツです。

2日目30
<我ながら、どこ見てんだか…>


2日目35
<一応、背中を…先日のスタッフシャツです。>


二人ともストレッチ一つせずに…互いに「眠い、眠い」言って突っ立ってたら、突如花火がドカーンと…
これが号砲らしいです

2日目40
<ちょっと日本のと形が違いました>


ついにスタートです。
ファンランと決めていた私も心が躍ります。さぁ、始まりだ。

どうしても加速したくなりますが、今日は妻と一緒です。
彼女もちゃんと走ってくれれば3時間半くらいでゴール出来るはずですが、表情を見るに全く突っ込む気ゼロですね…
しばらく並走します。

2日目60

2日目50
<常夏ですがイルミネーション>



それにしても…ペースが合わない。
前方を追い越したくて仕方ありません。

何も急ぎたい訳じゃないのですが、最初っから歩く人が多いんです。
仮装の人も多い。
渋滞が酷くなるわけだ。

何もそれらを否定するつもりは全くありませんが、ですが”目標3時間半”とかのラインに並ぶのは勘弁して下さい…

イライラする私にジェシカちゃんがキレてきて、二人ともイライラです。
…って言うか実は本番中にも関わらず夫婦喧嘩をしてしまいました

私も頭にきて彼女を置き去りにして先行してしまいました。



しばらくして初の給水所です。

2日目70


噂には聞いていましたが…案外フツーです。

…って、それよりゴミ箱が無い。ポイ捨てし放題です。これも自由の国、アメリカならではなのか??
私、ポイ捨てはちょっと抵抗が…


写真撮ってたらジェシカちゃんが追いついてきて「さっきはごめん」と謝ってきました。
えらい態度の変わりようは…給水…って言うか、腹が減ってたのかな??

彼女と一緒に走っていると、徐々に陽がさしてきました。
夜明けです。
今日も暑くなりそうだ。
2日目80

2日目90


我々はキロ6分半くらいで黙々と走ります。
折角なんで写真を撮りまくってしまいました。

これ!
これわかりますか?

2日目100


…『めざましテレビ』か何かで観たのですが、今外国人の間では“漢字“のタトゥーを入れることが流行らしいです。

ただし、多くのアメリカ人は漢字の意味もわからずにノリで彫ってしまうらしい

日本人レポーターに「これクールだろ?ところでどんな意味なんだい?」(←※英語)と尋ねてきた黒人男性の右腕には“台所”と彫られており…
「これはキッチンって意味ですよ」と答えると「Oh!No!」とその男性は頭を抱えていましたが…


ちなみにこの写真の男性、なんと腕に“青梗菜”と書いてありました…
もはや漢字ですらねぇような気がしますが…知らぬが仏ですね。



しばらくしてまたも給水所。

ホノルルマラソン、給水所は2㎞間隔くらいで設置されていました。
ここは流石ですね。

今回はパワージェルが大量に用意されていました。

2日目120


それをジロジロ眺めていた私に気を使ったのか、エイドスタッフが賄賂を握らすように私の手のひらにジェルを数個押し込んできましたが…
拙者、パワージェルは苦手にござる…

ホノルルの特徴なのか、海外マラソンは皆こうなのか…

給水所の飲み物は基本、水とゲータレードだけです。
日本じゃゲータレードってあんまし聞かないですが、海外じゃ一般的なスポドリなんでしょうか??

それと沿道で応援して下さる現地の方々やスタッフの掛け声、「グッジョブ!」なんですね。

これは定番らしいのですが、知らなかった
“グッジョブ“って”良くやった“って意味でしょ?
なんか違和感ありますが…


お、スーパーマン(?)の仮装をした外国人男性がいました。
写真を撮りたくって加速します。

「ピクチャー、オケー?」とカタコト英語で尋ねるとポーズをとって下さいました。

2日目110


「センキュー」とお礼を言い、立ち去った私が本人より足早だったのでちょっと動揺気味でしたが…

…延々と続くロードを黙々と走ります。
ちょいバテ始めました。

我々は20㎞地点くらいだったでしょうか。そこは二車線になっており、折り返してきた選手が反対車線を走ります。

2日目150


反対側は33km。
時刻は2時間半を経過したくらいだったでしょうか。

もう速い選手はとっくにその地点を走っています。
「いいなぁ…もうラスト9㎞か。自分も真面目に走っていたら今頃あの辺りにいたのかな??」ふとそんなことを考えてしまいました。

遠くまで続くアスファルトが尚更キツく感じます…
オマケに…案外ホノルルって風が強いんです。常夏の国のくせして…全然進まねぇ…

2日目130

2日目140


時折、道路脇に(野辺山の40km地点みたいに)芝生地帯が現れます。
そんな時は迷わずそちらを走りました。

今日は二人ともシューズがカスケディア。
この跳ねるような感覚。
トレイルを走ると靴底が悦びだすような気がしますね。


しばらくしてまた給水所が見え始めました。


刹那、テーブル脇に何故か置いてあったタタミ一畳ほどの大きな段ボール板が風で舞い上がり…近くでママと応援していた2歳くらいのお子ちゃまに襲い掛かります。

瞬間、このM浦、本日最初で最後の全力ダッシュ。
猛然とそれを受け止め…しかるべき場所に片付けます…


直後湧き上がる、スタッフの方々から盛大な「グッジョブ!!」
スタッフが駆け寄ってきます。

おぉ…有難う。そうだろう?グッジョブってのはこんな時に使う言葉だろう??

いやしかし礼など無用。
拙者、こんな時のために日頃鍛えているのでござる。

拙者、名乗るほどのものではござらんが…
あいやしかし、敢えて名乗るならば信州トレマンの…


などと頭の中で色々考えましたが、結局語学力が無く「グッジョブ」に「せんきゅー」と返してしまった…

…って言うかスタッフもグッジョブ言ってねぇで段ボールの片付け手伝ってくれよ…



またも追いついてきたジェシカちゃんと走ります。
25㎞を超え…暑さでダルくなり始めます。実際気温はさほど酷くないと思うのですが、長野の寒気に慣れてしまっているんで。

淡々と走っていると、前方から耳につくリズムが…

聞き覚えのあるような…



ゲッ!!
ズンバやってやがる!

まさかとは思いましたが、朝のインストラクターが沿道でズンバをやってました。
こんなことやって何の意味があるんだ?と思ってしまいましたが、ある種の持てなしでしょうか。

しかしこのタイミングだと…なんだか非常にオイシイ笑いの部分を持ってかれた気分です。

何故か対抗意識が燃え出して曲に合わせて私もズンバを目の前でやり返してやりました

ブルース・キャンベルに良く似たインストラクターが私を指さしギョッとした顔で観ていましたが…
なんか勝ち誇った気分です。


…なんだかんだ30㎞地点に差し掛かってきていました。
ここにきてジェシカちゃんが徐々に加速しだします。30㎞からペースを上げるのは妻ながら流石だと思いますね。

ですがノロノロ走りすぎてもうタイムが4時間近くになっていたのです。
流石に彼女も遊び過ぎたと思ったみたいです。

「4時間半は切りたい」と、徐々に…徐々にペースアップします。
うわっ…ここにきて、ジェシカちゃん、キロ4分半です

ふと沿道を見ると、ボランティアの方々がかわらず和太鼓で応援して下さっていました。

2日目155
<和の心はワカリマ~ス>

ラスト5㎞ほどでしょうか。
コース脇にゴルフ場が見えます。何か石川遼君もプレイする(?)有名なコースらしいですね。ここを目的に訪れる旅行客も多いのだとか。

私は以前に「ハワイ行ってまでゴルフかよ」と妻に言ったことがありましたが「ハワイまで行ってマラソンする方がよっぽど変だよ」と返されましたね。確かにそうかもしれない。

それを思い出し…苦笑しながら残りのコースを走ります。

やがて、遠くにゴールゲートが見えてきました。

「前の集団、追い越せる?」
妻に尋ねます。
「うん」

更に加速します。
前方のダンゴが邪魔だった。抜かさないとオールスポーツに写らない。

そしてゴール。



ゴール後のシャワーがウレシイ。
2日目170

虹が出ているのがなんとも…ですね。

タイムは4時間25分くらいだったでしょうか。
勿論タイムで言えば大幅にワースト記録です。
でも、まぁいいじゃないですか。


ゴールしてからはアイスと、何故かうどんを頂きました。

2日目200
2日目180
<無言で食います>


一応、我々は足を残してゴールしたので午後は観光などする余裕がありました。

足早に会場を去ろうとするとジェシカちゃんは未だ腹が満たされない様子。

…で、マサラダ(現地の食い物らしい)ってのを食っていました。良くくぅなぁ~
2日目210



ちなみに完走賞のTシャツとメダルなどの写真です。

ホノルルシャツ
<自宅で撮影>

この当日は勿論、翌日、翌々日…
ついに私がハワイに滞在している期間中、ずっと町中が24時間ばりにこのTシャツを着た人達で溢れ返っていました。

如何に出場者で湧き上がった街だったことか。

私も対抗すべく野辺山完走Tシャツで出撃しようかと思いましたが忘れてきていてしまった…

それにしても、この日にゲータレードを飲みすぎたせいか、ハワイ滞在中はずっと下痢が止まらなかった。
スポンサーサイト

Posted on 2012/12/26 Wed. 12:58 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 0

26

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://acchonburige.blog.fc2.com/tb.php/39-81df7495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list