05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

え!?なんか今ちょっと揺れてない?

何をやってもドジでノロマで亀みたいな私が、主に酔った時になんとなく更新するブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

No more GERO ~野辺山2017 

今年も野辺山ウルトラマラソンに参加してきました

野辺山夜明け



タイムは13時間44分…と、なんだかお恥ずかしい。
何年か前は12時間切ってたんだがなぁ…と懐かしがってみたり、そんなことが出来た自分が信じられなかったり…

でも数え間違いが無ければこれで手元のメダルは7個目。


あくまで私の持論ですが、野辺山は“完走するだけ“ならば、そんなにハードルは高くないと思います。
ポイントは以下の数項目。

① そこそこの脚力があること
②      装備を整えること
③ 体調が悪くないこと(レース中も含めて)
④ 故障していないこと
⑤ 諦めないこと


一番キモなのは⑤だと思います。
…が、今回は全然モチベーションが上げられなかった(まぁ、それ以前に①も無かったけど)

当日、知り合いの皆さんから「頑張ろうね!」と、声をかけられても「そうですねぇ~」と気のない返事しか出来ませんでした。

…が、それでも割と最後まで快適に走れたのは装備のおかげだったか



今回のノベヤマはウェーブスタートでしたが、勿論私は後発。
序盤からゆっくり走りますが、そんでも足底筋膜炎気味…やっぱしサボってる体は騙せないようで。

スタート3㎞地点くらいから早くも歩きが混じります。



…そんでも今回の私は装備の面では入念な準備がありました。

まずはサングラス(←ノベヤマでは必須な気がする)
ウェストポーチ(←バンソコと胃薬入り)。
首に巻いたタオル。
アームカバー…恐らくこれも成功だったと思います。毎年暑くなると外しちゃうんだけど、日焼けがダメージを増幅させるので、終始この上から水を被る作戦で行きました。

…そしてランニングキャップ

毎年、野辺山は水を被りまくるんでサンバイザーで行くんですが、今回は少しでも紫外線を遮れそうな白のキャップにしました。
水は脱いで浴びればいいし。

ここは果たしてどっちが良いかわかりませんが…サンバイザーとランニングキャップの得手不得手(?)を知ってる人が居たら逆に教えてください。



…と、色々こだわった割に肝心のシューズの底がツルツルで…

もともとランニングシューズはあんまし持ってないし、冬の期間はゴアのシューズだったし、暖かくなってからは全然走ってなかったんで、この一張羅が寿命だったことに気付かなかった。

そういや昨年もこの靴で出て「野辺山終わったら買い換えよう」と言ってた気がする。


そんなんで始まった野辺山、気持ちも乗らずに砂利道もほとんど歩きで登ります。

以前に走り通した自分が信じられねぇな…
オマケにここ数日睡眠不足だったせいか高山病気味な…


吐き気を起こすのが怖かったんで、なるべくスポーツドリンクを避けて水で給水。
30㎞地点?のナントカ温泉の休憩所でバナナを1カケラだけ食べて先を急ぎます。(歩きで


以前デカフォレストの選手に「50㎞地点で6時間半経過していたら気を付けろ」を言われていたけど、そこに着いたらもう6時間経過


ちょい焦る…が、焦ってみても脚が動かん。
動かん…と言うか頑張ってやる気が起きん。


「どうせリタイヤするんなら早いうちが良いよな」と葛藤します。


吐き気が出てきたので胃薬を投入。…そしたらもっと酷くなってしまった。

折り返しの休憩所で私には珍しく15分ほど休憩。
すると僅かに吐き気が静まりました。


ノロノロと歩き交じりに走りつつ、70㎞ちょい手前の自動販売機でカルピスを購入。

ここは毎年御用達で、運が良いとカルピスを飲むと吐き気が治まるのです。
今回も静まりました。

ところが調子に乗ってカルピス飲んでたら飲みすぎでまた吐き気が…


ここでトレマン隊の私設エイドが…!
これは嬉しい。

嬉し過ぎて「もう俺ここでいいから長野まで乗せてって」と言いかけてしまった…


邪念を振り払って72㎞(?)のエイドに到着

長居すると嫌になってしまうんで先を急ぎます…が…気持ちの中では
「どうせリタイヤするんだったら早い方がいい」
「頑張ったって完走は厳しい」
「完走しても帰宅するの夜10時頃だぞ?」など邪念が渦巻きます

いっそこれで帰って子供たちにサービスするのが本当の自分の在り方では無いのか?


そんなこと考えつつ馬越峠を歩いて登ります。
諦めなければ必ずチャンスは訪れる。


峠のピークでゲロを吐かなかったのは数年ぶりです。いつもならここで全身が痺れ初めて動けなくなる。

その影響か数年ぶりに下りを走ることが出来ました

87㎞(?)のエイドもほとんどスルー。
水だけ被って先を急ぎます。


そこから1㎞程度かな…?
毎年お世話になってる駄菓子屋みたいなお店に入ります。

在るか?賭ける

…あった…!!

アイスコーナー
そして…
…在った、奇跡!!

私が賭けていたのは、狙っていたのは…クーリッシュでした。

しかも置いてあったのは俺が愛していたイチゴ味…!!昨年の期間限定商品じゃねぇか…!
嬉しいが…ひょっとして去年の売れ残りか?


残った小銭で買って食いながら走ります。
予想していた通り吐き気が治まりました。恐るべしクーリッシュ効果。


この辺りから肚の底から復活するエナジーを感じていましたが未だ我慢
90㎞地点を更に500mほど越えた辺りまで歩き通して…

こっからは本気ランです。
毎年この畑ゾーンのダラダラさと砂煙が嫌なんです。一気に駆け抜けます。


…が、調子に乗りすぎてまたラスト3㎞ほどで脚が終わってしまった…

とは言え時計を見るともうリミットから安全圏内。
「ま、いっか」とこっからまた歩き始めて…ゴール手前500mくらいからまたランを再開しゴール。


出迎えて下さった皆さんが本当に嬉しかった。(…と、同時にそれまで歩いたことの罪悪感…

直後安心してしまったのか吐き気が復活してしまい、早々に退散…
皆様、挨拶もせずにすいませんでした…


熱中症を警戒していた割に数年ぶりにゲロを吐かなかった野辺山でしたが、もう一度クーリッシュ買おうと寄ったセブンイレブンで咳き込んだら途端におかしくなってトイレで嘔吐。
ありゃりゃ…


ここ数年、色々中途半端になってますが、帰宅してまだ起きていた優斗にメダルをかけてあげて、その喜ぶ姿を見ていたらどうでも良くなってしまった。

その晩は結局ヨーグルトしか食えず就寝。
翌日は喉が渇いて仕方なかったけど、小便が全然出なかった
スポンサーサイト

Posted on 2017/05/28 Sun. 17:25 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 0

28

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://acchonburige.blog.fc2.com/tb.php/277-ff316621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。