09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

え!?なんか今ちょっと揺れてない?

何をやってもドジでノロマで亀みたいな私が、主に酔った時になんとなく更新するブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

上越国際トレイルフェス~炎の友情 

上越国際トレイルフェスに参加してきました

JTF①



滑り込みでのエントリー。
今年2回目にして最後のトレランレース。

僅か35kmの距離に、なけなしの脚力、総てを懸けるつもりでした。


結果は4時間5分30秒くらい。
(須坂のU田さんに遅れること約30分…)


順位は25位。
何人くらい出てたのかな?160人?


ただ、紅く紅葉に染まるトレイルを駆け抜けるあの数時間

これを競争だと捉えたら反省も残るけれど、トレイルランを堪能する・楽しむ、と言う意味では大いに満喫できたと思います。

今、なんでカメラ持参しなかったのか悔やんでいるところです。




朝2時に家を出て、6時半に走って…
風邪で高熱を出した息子と妻の為にゴール後余韻に浸る間もなく帰還し…

午後2時には帰宅して風呂の掃除してたんで、イキナリの現実感と非現実感のギャップに「あれは夢だったんじゃろか?」とか思っちゃった。


そんなトレランレース、6時半に「すわっこランナー」公園らんなさんらと並び、ほぼ最後尾からスタートします


最初はゲレンデ脇のロードを駆け上がります。

駆け上がります…とか言いつつ、私は早くも歩いちゃってるんですけど

ふと振り返ると…凄い絶景!
朝焼けと雲海と下界の街並!その景観に思わず叫びます。

間もなくコースはゲレンデに入ります。


…私の今回の密かな目的の一つだったのですが…
梅宮アンナが出場しているらしい。


こりゃ、一目見なきゃなんねぇ…と、女性ランナーを追い越しては振り返り(顔を)チェックする…と変態じみた行為を繰り返してしまいました。

コースは畦道に入り…やがてまたロードの登りに入ります。


おかしい…
…なんだか調子がいい。

先日の須坂マラソンの時とは逆だ。グングン走れる。

今日は堅実に行こう、と決めていたのだけど考えを改めます。
どうせ35㎞、あれこれ考えているうちに終わっちまう。ノレるだけノろう。

そして-

最近私は車の中で 『ロッキー4』~炎の友情のDVDを流しっぱなしにしているのですが、その影響でずっとその映画のBGMが頭の中を駆け巡っています。感化されまくっています。

これが尚更単純な私の血を滾らせます。
(※是非、別画面でYou Tubeを流しつつお楽しみ下さい)


実際、眼前に捉えた選手を抜き去る…を繰り返し、開始数㎞後からラストまで、私を追い抜いた選手は1人だけでした。(ま、最後尾スタートなんで…


ここ数年は山に行く機会や走る機会が激減したことでトレランレースに出る度に「通用するのか?」「鈍ってはいないか?」と不安になるのですが、なかなかどうして、走ってみれば体がある程度覚えているものですね。

そして何より、体が、心が…山を走ることで悦んでいるのを感じます。

つい腹の底から叫びたくなります。

…「エイドゥリアーン!」と

JTF②


コースは朝焼けを受け、燃えるように紅く染まる紅葉のトレイルに入ります

ここで完全にスイッチが入りました。

それまで頭の中を流れていた『No Easy Wayout』が『Hearts on Fire』に切り替わります。


自分でも驚くほど。

ここからの追い上げは凄かった。面白いように選手を抜き去ります。(まぁ、最後尾スタートなんで…)

「ここは抑えろ」とか言われてたけど、走ってて心地よいペースってのが本人のペースってもんだ。



しかしおかしい。

女性ランナーも何人も追い抜きましたが、梅宮アンナらしき人は見てない。

追い抜いたのに気づいて無いだけか?
俺とて正面から見たら確実に気付くと思うが…ネットで(顔を)予習しとくべきだったか。

ひょっとして梅宮アンナじゃなくて土屋アンナの間違いか。


…などと考えていたらもう最終エイド。


ロッキーモードに入ってしまっている私にはスタッフさんの「ラスト5㎞ですよ~」が、どうしても「ラスト15ラウンドだ」に聞こえてしまう。

そこからの下り基調のコース。
力を振り絞ります。「ドラゴォ~!」


またも数名をパスしつつ…

だが、しかしラスト数十mで怒涛のラッシュをかける選手が凄いスピードで私を抜き去っていき-

触発された私も更にペースを上げてゴール。

ゲートをくぐる瞬間「信州トレイルマウンテン!」と叫んだが、毎回通り金切り声になってしまった。



心の奮える瞬間だったり、癒される瞬間だったり、そこに自分の存在価値を見出したり…
走る楽しさや魅力は人の数だけあるのだろうけど、そこに幸福な自分が居たら、それが全てだと思う。

高熱を出しているのに送り出してくれて、この時間を赦してくれた妻と息子にも感謝せねば。
年の終わりに最後に良い夢をみさせてもらった。


**************


今日、幾多ものランナーがこのトレイルで戦いあいました。

でも200万人が殺しあうより、いいと思います。


私が言いたいのは-…
私が変わり、皆さんも変わった。

…人は変われるのです!


最後に一言。


今頃、アメリカの家で眠っているはずの息子に-

「メリークリスマス!ジュニア!
愛してるよ!」



…って一体何のハナシだよ。って感じですが。
スポンサーサイト

Posted on 2014/11/03 Mon. 21:55 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 0

03

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://acchonburige.blog.fc2.com/tb.php/208-37af942a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。