05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

え!?なんか今ちょっと揺れてない?

何をやってもドジでノロマで亀みたいな私が、主に酔った時になんとなく更新するブログです。

北信五岳トレイルマウンテン<前編> 

厳しかった。


久しぶりにゴールしても達成感も何も得られず、疲労感…どころか「助かって良かった」と、奇妙な安堵感が得られてしまうレースとなりました。

もう…しばらく山も道路も見たくない…


例によって、中盤から胃腸がおかしくなり給水が出来ず。

それに伴って熱中症気味になった挙句に痙攣…と負のスパイラル。


…と、色々言い訳してみるものの、敗因は山の脚が全然出来ていなかったことに他ならない。
特に今年は「歩き登山」になるような傾斜での下りを全く走っていなかった。

どこか舐めてかかってたような気持ち、慢心めいた思いもあったかと思います。





トレマン、北信五岳トレイルマウンテンレースに参加してきました


私はミドルコースに参加。
ミドルロングを問わず、参加して無事にゴールした方々を心から尊敬します。


朝7時25分スタートだったらしいから、私の記録は多分9時間53分。
順位は4位か5位かな?

…後続の方々、無事飯綱から霊仙寺山に行けたんかなぁ…


以下、当日の模様。


スタート前
<スタート前の和やかな雰囲気>

40人の参加だったらしいですが、大半がロングコースなんですね…

なんかミドルをチョイスした自分の方が「変わった人」みたいになってるじゃねぇか…


例によって店長のゆる~い掛け声でなんとなくスタート。

序盤から団体でコースミスしつつも黒姫登山道に入ります。


思えばこの時からマズかったか。
私の前にはH田さん、後方にはU田さん(←先週はアルプス、来週末は“野沢”参加らしい)のサンドイッチ。
私のペースじゃない。


トレイルをマトモに走るのは昨年の“野沢”以来だったし、感覚も鈍ってたのかな?

ストックを取り出し仕切り直しますが、序盤からもう潰れ気味で体が言うことを利かない。

コースや景観は素晴らしいのですが…時折目につく「3合目」とかの看板がとても精神衛生上よろしくない。


イワカガミ
<でも一応、花も撮影「コマクサ」だっけ?「イワカガミ」だっけ?>


それでも頂上が近づき、その独特の展望が見え始めると不思議に脚も生き返りますね。


黒姫展望

頂上で(私には珍しく)ちゃんと給食。
一般の登山客の方々と談笑します。

その方たちは下山してビール飲むのを楽しみに登ってるんですって。

いいなぁ。

私も「私も下山したらビール飲みたいんですが、大抵吐きっぽくなっちゃって飲めないんですよ」などと返しましたが、完全に有言実行しちまったな…

ちなみに先行するH田さんとU田さんの2名は休憩もせずに爆走してったらしい

黒姫山頂にて

黒姫からはshimoさん、Ushikiさん私の3名で進みます。

結局この二人とは最後まで行動を共にすることになります。
それにしても先頭のshimoさん…飛ばすな。


けど、「今日のコース黒姫さえ登って下れば終わりでしょ?」ってのが頭にあって私も調子にのっていた。
本当にバカだったな。

多分、序盤にしてこの黒姫で脚が死んでしまった。


下って水場で体と喉を潤します。

水場
<お気に入りの水場です>

私はハイドレにDAKARA(新バージョンらしい)を入れてきたのですが…“塩分補給もバッチリ”とか書いてあったんで、「こりゃいいや」と入れてきたのですが…そのココナッツ味が全然ランニングに合わず、沢の水が異様に美味い。

もっと我慢して飲んでりゃ違ったかな。


尚も進むと大橋でshigeさんの奥様がエイドを…!!
有難い!
有難過ぎてもう帰りたくなってしまった(?)

ここでサプライズ。


飲んでたコーラのペットボトルに私の名前が…!!


ミウラコーラ
<一応、記念撮影>

そういや、ワールドカップのコラボ企画か何かで、こんなの出てるって聞いたことがある。

店長の粋な計らいか…??
他の瓶を見せてもらうと、他の瓶、数本にも私の名前が…

「店長、どんだけM浦ファンやねん…」と、ちょっと自惚れつつ再スタート。


ロードをノロノロと走って、キャンプ場から瑪瑙に入ります。
これが長ぇんだ。


この辺りでもう私は口が利けなくなってきていました。

Ushikiさんは未だ体が軽そうでしたが…しかしいつものUshikiさんなら私と一緒に居ることなんてあり得ません。
後で聞いたらやはり熱中症気味だったらしく。(おまけに腹痛もあったとか)

Shimoさんはいつもどおり表情一つ変えずに淡々と進みます。


やべぇ…もうホントに脚が動かねぇぞ…


一時間ほどかかってやっとの思いで瑪瑙に登頂成功!

やっと一休みできる…と思っていたら、頂上をスルーして走り出すshimoさんとushikiさん。

おいおいマジかよ
…と泣きたい気持ちで後を追います。


仕方ねぇか。
総行程で言えばまだ半分くらいだ。
けど、残りの半分は更に更に地獄のような思いでした。

<後半に続く>
スポンサーサイト

Posted on 2014/07/13 Sun. 22:53 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 2

13

コメント

お疲れさまでした! 

shimoさんとUshikiさんと行動できたのは流石ですね。
後半の記事を楽しみにしております・・・

>…後続の方々、無事飯綱から霊仙寺山に行けたんかなぁ…

私の場合、未明に苦労して藪こぎしました(^^;;
更に、下山後のロードがたいへんでした(笑)

URL | shige #- | 2014/07/14 11:20 | edit

 

うぉ、shigeさんお疲れ様でした!やっぱしロングですね!
あの藪漕ぎルートを行ったときには「道が無い」とか「人の行き来が無いから道が出来ない」とか話題が出てましたが、翌日には参加者によって新しい道が出来てたりして…

あ、ミドル終盤で、またも奥さんにお会いしました!(でも死にそうだったんでリアクションとれず)宜しくお伝えください。

URL | M浦です #Ol5YZ1X. | 2014/07/14 21:52 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://acchonburige.blog.fc2.com/tb.php/182-0cc41f62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list