09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

え!?なんか今ちょっと揺れてない?

何をやってもドジでノロマで亀みたいな私が、主に酔った時になんとなく更新するブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

吐いて候、野辺山100km’14 

(長文です)
野辺山ウルトラマラソンに参加して参りました


…ゲプッ…思い出したくない…


過去最大の嘔吐モードでリタイヤを強く意識する展開となってしまいました。

まだ達成感とかに浸れる状況じゃないのですが、箇条書きっぽく備忘録



キロ6分前後でスタート。
最初のガレ道まで順調、異常なし。


ガレ道ではキロ7分程度で推移。
てんゆ鍼灸院のきり先生(同じく7分程度と思われるが)と併走させて貰ったが、間もなくおいてかれる。


直後、N山さんに一瞬拾って貰ったが、また置いてかれる。
なんとか歩き無しで登ってたら、たかひーさんに併走して貰って、徐々に調子が出てくる。


登りは7分、下りは5分40秒を切らないくらいで。
下りでずんずん追い越されるが気にしないこと。


30km地点くらいのナントカ温泉でパン1個とコーラ摂取
私にしては多めに食ったが足りなかったか?


しかし、昨年は歩いたここからの登りも割と走れた。
下りは飛ばさず、ほぼノーダメージで50kmエイドに到着。

ここで人生初の野辺山蕎麦

誰も並んでなかったので結構早い到着だったか?
多分タイム5時間15分ほど。

あとパン1個とオレンジを食って再出発。
ここからの登りも順調。キロ6分程度。



折り返しコースの入口でぎっぺさんに会えたのが嬉しくって、ついペースアップ。(←マズかったか?)
だって普通会えないもんね。

公民館(かな?)に到着した時点で胃が不調。

おにぎり食おうかと思ったけど断念。
もうヴァームは胃が受け付けないので、飲めるのは水のみ。

ここで体調不良と思われる店長に遭遇。


水を被って再出発。
「下りでキロ5分40秒よりペースを上げない」、の誓いを破ってしまったが、一応 ナントカ温泉(72km?)までは順調に行けた。

どうせあと30kmだ。なんとかなるだろう…と思ってたけど、ここで胃が結構おかしい


胃薬を持ってきてることを思い出して投入。
…が、時既に遅し?


昨年は歩いた数kmを走って峠に到着。
ここからは歩き。(自分の中ではここは歩いてもOKルール)


峠をフラつきながら登りきった辺りでアモキさんに追い越される。
何か話しかけられたけどリアクションとれず。

エイドでレモンティーを頂く
昨年はこれで復活したのだけど、今年はこれが胃に刺さるようだった。


峠をトボトボと下るが脚が…全身が痺れて動かない。
たまらず道路っ傍で体育館座り。

直後ゲロ。
緑の胃薬サクロンの効果空しく、緑色の吐しゃ物。

山間に響く「おぇえぇええっ」の叫び。

固形物は出なかったので蕎麦は消化済だったか?


走ろうとするが脚が動かず…ちょっと歩いて吐いて10分休憩…の繰り返し

ここから時計との睨めっこ。
8時には帰宅して息子を風呂に入れねばならないのに…

残り20kmなのにホントにキツくて、「もうリタイヤしかない」と思ってた。


この辺りで確かshimoさん(←異様に元気)に追い越される。

多くのランナーに追い越されながら最後の大エイドに到着
しかし何も飲めず食えずイスで一休み。もう水も飲めない。


そこから1kmくらい進んだところのスーパーの前でランナーが自販機でジュース買ってるのを発見。

真似て私も買う。
一応、千円札持ってきて良かった…と思ったら濡れてて入らない…

店の中に何か無いか探そうと店に入ったのが良かった。

もたいまさこさん似のオバちゃんが応対してくれてカルピスウォーターを購入。
さっきまでの胃の不調が嘘みたいにガブのみ。

ちょっと胃が回復。


ここでさっきも会ったナカタさんから応援を受ける。
叱咤激励のお言葉を頂いたけど…すまん…もうダメです…

結局峠からの20kmくらいを歩いてしまった。胃って大事。

92kmくらいの畑ロードで…ついに復活。
それまでも何度か離陸を繰り返して墜落してたけど、とうとう脚が動いた。


胃もそれを抑制することなく―…ここから爆走モード。
そりゃそうだ、脚は残ってる。

みっともねぇ真似させやがって…と、さっき抜かれたランナーを抜き返す。


ゴール直前、またバテてしまったのだけど、最後の登り道で「最後だスパートだぁ!」の鬼頭の声援を受けてダイナミック(←自分のイメージでは)にゴール。

キツかった。
単に胃腸が弱いのか、熱中症によるものかわからんけど、気持ち悪いだけじゃなくって、体が痺れて動かなかった。

峠からの20kmは絶望感しか無かった。




教訓。


来年は首に巻くタオル持ってくること。
ちゃんと日焼け止めを塗ること。
朝飯にコーヒーを飲まないこと。
胃薬はちゃんとしたのを持ってくること。
72kmからは、走れたら走れ。逆に不調なら歩け。
50kmはもうちょっと長居して、ちゃんと食って、そこで胃薬を飲んどくこと。


むぅ…それにしてもカルピスウォーターの効果は凄まじい…

今まで数々のレースでゲロしてきた私だが、カルピスの効果を検証する必要があるな…
…今度っからハイドレに入れて持参するか??


そして初めて食えた50kmの蕎麦。

…行列が出来てなかったけど、ひょっとして今回からインスタントになったんじゃないだろうな??
もしそうならつい「美味ぇ!」と叫んでしまったのが恥ずかしいぞ
スポンサーサイト

Posted on 2014/05/20 Tue. 12:46 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 0

20

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://acchonburige.blog.fc2.com/tb.php/172-6e17f973
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。