08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

え!?なんか今ちょっと揺れてない?

何をやってもドジでノロマで亀みたいな私が、主に酔った時になんとなく更新するブログです。

宴のあと 

自作していた梅酒が底を尽きました


なんてこった…
悲しい限りです。



6月に作ったんで一年近くもったことになります。
「2倍に希釈する」などのビンボー丸出しな姑息な手を使って、今までもたせてきたので我ながら立派だと思う。



…で、お名残惜しいこの梅酒ですが、瓶の中に残った梅ってどうすんだろ?

ここに鏡月を入れればもう一度梅酒が復活するんじゃないかと思ったけど、そんな甘くないらしく


じゃあ捨てるしか無いのか?
それともそのまま食うのか?



ネットで色々調べてたら梅酒の梅からジャムが作れるんですね

早速トライ。



…っつっても、その梅を煮込んで柔らかくして、果肉をとって砂糖とレモン汁を加えて煮込めば出来上がりなんですね。

不器用な私でも簡単に出来るレベルです。


鍋梅
<ビジュアル的に悪い魔女が作ったスープ的な…>


それを煮沸消毒した瓶に詰めて完成です


アルコール分は飛んでしまうんで妻が食べても大丈夫らしいです。



それにしても、ジャムって凄い量の砂糖を使うんですね
レシピに“200g“と書かかれててもピンとこなかったけど、実際に用意したら凄い量だった。


梅酒製造の過程でも相当量の砂糖を使っていたはず。
ジャムってちょっと危険な食材なんだな…なんて考えさせられたひとときでした。

瓶梅
<やっぱりちょっと馬糞ぽい>
スポンサーサイト

Posted on 2014/03/18 Tue. 12:44 [edit]

category: 料理

TB: 0    CM: 0

18

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://acchonburige.blog.fc2.com/tb.php/157-8049aad9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list