12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

え!?なんか今ちょっと揺れてない?

何をやってもドジでノロマで亀みたいな私が、主に酔った時になんとなく更新するブログです。

リタイアのおっちゃん 

我が家(アパート)の近所にとても優しそうな…小太りのおじさんが住んでいます。

朝、出勤前とかに挨拶してくれる程度の付き合いで名前さえ知らないんですが。


歳は幾つくらいだろう…?

…と、言うのも、昨年辺りから定年を迎えたと思われ…庭いじりなどに精を出しているようです。


その家、凄いんです。夏になるとバラ祭かってくらいお庭にりっぱな花が咲くんです。

ここ1年くらいで庭に農作物も増えたような…


妻はそのおじさんのことを「リタイアのおっちゃん」と呼んでいます。
分かりやすいけど失礼だよな😓


ある週末の晩のこと。
いや、早朝か…?

仮眠の後、深夜2時くらいからランニングに出かけようと外に出た時…

リタイアのおっちゃんがゴソゴソと怪しげに家から荷物を出して車に積み込んでるのを見ました。

まぁ、怪しさで言えばこの時間にヘッドライトつけて時計の起動を待つ私も結構なもんですが…😓


ピンときましたね💡

このおっちゃん、今から山に行くんだな。

そうか、このおっちゃん、山やるんか…



それからしばらく経ったある日のこと。

家族3人で出かけようとしていたところをリタイアのおっちゃんに「山やるんですか?」と声をかけられました。

妻と私がサロモンのザックを背負ってたからでしょう。


そこから3人で山の話で盛り上がりました。
優斗が居なかったらどれくらい話こんでいたことか。

おっちゃんは、まだ山を始めたばかりらしいけど、それが楽しくて仕方がない様子。


ーなんか…いい歳ね重ねかたしてるなぁ👌

後で妻とそんな話をしました。


…😓

良く考えたら、定年を迎えてよき日々を過ごすそのおっちゃんは「リタイア」じゃなくて「完走のおっちゃん」だよな😔








スポンサーサイト

Posted on 2016/01/24 Sun. 02:30 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 0

24

優斗ののんの 

ウチの息子、優斗(2歳2ヶ月)も随分、話が出来るようになって…


一昨日は車の中で 「ねぇ、優斗最近太ってきたんじゃないの?」とか「優斗、デブだよ?」などと話していたら…

「ゆうとんデブじゃないよ!かあしゃんデブだよ!」と、トンでもないことを返してきました



やるな…!優斗。
隣で聞いてた母さんも褒めていいのか怒っていいのかわからないぜ



そんな優斗は半年くらい前から乗り物が大好きになっています。

以前はベビーカーに乗るのも嫌がっていたのですが…最近じゃ自分の足で移動するのを嫌い、買い物もカートに乗るのが目的で行くくらいです。

一年ちょい前、優斗の1歳の誕生日に買ったトレマンザック(仮称)も大のお気に入りで、これを見付けると直ぐに乗り込んできます。

ゆうとのんの①
<パイルダーオン>


今でこそ割と会話の成り立つ優斗ですが、ロクに話が出来ない頃からこのザックが好きで、身振り手振りで「バックルを締めろ」「早く背負え」と指図してきたものです。


一時期はこのザックに優斗を乗せて…
私がそれを担いで自転車に乗って徘徊する…

…と言う邪道なお散歩が私と優斗の休日の定番だったのですが、この秋に“子供用を乗せる自転車“を購入したことでそれも随分楽になりました。

なにしろ我が家に1台しか無かった自転車(折り畳み式)はタイヤなんてガムテープくらいの大きさしか無いし、全然進まないし、優斗を担いでいるとキンタマへのダメージが半端じゃなかったからな…


そんな昨日は久しぶりに子供用自転車に優斗を載せて散歩に出かけていました。

この正月は驚くほど暖かかったですよね。
しばらく埃をかぶってた自転車も久々の出番です。(妻は昼寝)


「電車見えた?」
「電車見えたよ」

「ワンワンいたよ!」
「ゆうとん、イルカしゃん見たいよ」

…などと他愛の無い会話をしつつ自転車を進めます。


ゆうとのんの②



天気も良く…景色も良いですね。


遠く、富士ノ塔山の方角に雪山が垣間見えました

北アルプスでしょうが、私の知識では山の名前まではわかりません。

ある程度の山は妻に連れられて行ったことがありますが、その山々の一角でしょうか。



「ねぇ、優斗、あの白いお山見える?」
「白いお山、見えたよ」


「あの お山、父さんと母さんで登ったことあるんだよ」
「お山、とうしゃんとかあしゃん、登ったよ」


…その何気ない会話に、理由はわかりませんが、何故だか涙が滲んできました。
何か家族を実感したせいでしょうか。


いつか優斗も一緒に登れたらいいなぁ…


…そんなこんなであっと言う間に正月休みは終わり、明日からは怒涛の日々が再開となります。


あ、皆様、本年も変わらず宜しくお願い申し上げます。
とってつけたようでゴメンなさい

Posted on 2016/01/04 Mon. 18:00 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 0

04