09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

え!?なんか今ちょっと揺れてない?

何をやってもドジでノロマで亀みたいな私が、主に酔った時になんとなく更新するブログです。

朝飯前、エントリー前、山走り 

早起きが苦手な私ですが、このところちょっとだけ早起きして夜明けからのひと時を山で迎えるのが好きです
私が行けるのはせいぜい里山ですがね。

そんな今朝はハチマキさんからお誘いを受けて、善光寺裏山三山(←これ、正式名称?)に行っておりました。


地附山ブラボー


…楽しかった!

楽しかったからこそ、是非ここに書きたかったのですが、今にしてその高揚感や気持ちってのは上手く文章には出来ないものですね。


ともかく、紅葉の里山にふんわりと包まれる感覚と、そこを駆け抜ける感動を久しぶりに味わいながら…
尚且つハチマキさんの楽しい会話に和まされながら貴重な幸福な時間を過ごしました。


ハチマキさん


帰宅したら―…

さぁ、長野マラソンのエントリーですね。


私は昨年に引き続き自宅のノートパソコンをM浦家の実家に持ち込み、パソコン2台でスタンバイです

エントリーが時間との勝負なのはわかってましたが、混んでるせいか??今年はDCカードの支払いが拒否(??)されてしまい、慌ててコンビニにダッシュ

実家のプリンターの使い方がわからず、払込票がプリントできず超焦った。
そしてエントリー代金(現金)を妻が所持してなくって更に焦った。(母に借りました)

「払込票さえ印刷してしまえば大丈夫」とか
「払った人から正式受付される」とか色々聞くけど、実際どうなんでしょ?


…毎年、この時期になると「あぁ…これからロード一心不乱にやらなきゃイカンな」と、高揚感と喪失感を覚えるのですが…

また、今朝みたくちょいちょい山にこれたらいいな。
人間深呼吸も必要だよ。


…とか言って来週末上越国際トレランだよ…

大丈夫かな?
スポンサーサイト

Posted on 2014/10/25 Sat. 11:10 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 0

25

大撃沈~須坂マラソン’2014 

…!?


おかしいぞ?どうなってる??

1㎞走った地点で異変を感じ、間もなくそれは絶望感に変わりました-


須坂マラソン2014


毎年恒例、須坂竜の里健康マラソン(10㎞コース)に参加してきました。

多分タイムは44分13秒。
昨年より2分遅れで、3年前のタイムとほぼ一緒。


あれこれあっても毎年徐々にタイムを縮めてきた“須坂“でちょっとショックだったりしています。

原因は色々あるかと思いますが、まぁ一番はサボった体は裏切らない。…ってところでしょうな


今回自分自身どれくらい走れるのか皆目見当がつかなかったので、アップも多めにしました。
正直アップの時点で体が全く動かなかった。
それでもたかが10㎞。

なんとかするのがランナーってもんだと思いますが…




9時45分(かな?)10㎞コーススタート

最初の3㎞は毎年結構飛ばすのですが-
全然スピードが上がりません。
どうにか無理やり脚を回転させるのですが、キロ4分を切るのが精一杯。


私なりにも毎年ここで多少なりとも「伸び」とか「バネ」とか…なにより「爽快感」を実感するのですが、今年はそれが全くありません。

最初の折り返しを戻ってまた登りに入って更に違和感。

呼吸が続かない。


毎年ならこの辺りからジワジワと一人ずつ追い抜いて行くのですが-

今年は面白いように抜かれていきます…



そして橋の辺りできた。胸キュン。

横隔膜の痛み。

呼吸が荒過ぎたか?


痛ぇ…
痛くて走れない…

どうにか我慢して小学校手前から下りに入りますが、やはりペースを上げあげられず。

ラスト1㎞でもう一度悪あがきするけど、ほとんどキロ5分近い速度でひっそりとゴール。

ゴール手前でかぽやんさんが応援してくれてたけど無様だったな

同じくゴール手前で同じ会社の誰かが応援してくれてたみたいだったけど、余裕も無くって誰だかわからんかった。


そして恥ずべきことに、ゴールした後にまだ結構脚が残ってることに気付いた。

ペース配分も見誤ったのか…??
いやしかし…
途中からは腹痛もあったけど、前半は脚も動かなかったぞ…??


まぁ、何にせよ練習不足だ。

これでも昨年よりは走ってる自負があったけど、前年は割にスピードトレーニングをこなしてたんだよな。



ま、色々言うより来年また出直そう。

…気が付くと、今年『長野マラソン』だけは記録更新したけど、他のはすべてメタメタじゃねぇの?なんて思ったりして。



…俵マラソンのエントリーは断念したけど、土壇場で『上越国際トレイルランレース』の出場を妻から赦されました。

今年ラストのレース。

持ちうる力の全てをここに注ごう。


…なんて思ってる上越国際まであと2週間。

何が出来るかな??

メモ:
本番までに平素スピードトレーニング(キロ3分台の)をこなしておくこと
平素20㎞走をこなしておくこと

Posted on 2014/10/19 Sun. 20:33 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 3

19

俵を担げ! 

気になる…

JOGNOTEをつけてる人なら画面に出てくるんで御存知の方も多いかと思いますが、飯島町にて開催『米俵マラソン』!!



…なんでも米俵を担いで走るらしい
最初は「こんなんタイム出ねぇじゃん」と全く興味無しだった私ですが、このところ無性に惹かれる…



楽しそう…
きっと主催者側が楽しんで企画しているのが伝わってきたのだと思います。



既に某うっち~は参加表明したとかしないとか。



要項を見ると―…

10kmコースでも5kgや3kg、任意の重さの俵を選択できるらしい。
…じゃあ軽いほうを選んだ方が楽なんじゃねぇの?


出場料は6,000円ほど。
…須坂マラソン(2,500円)と比べると高い気がするが…

どうやら、担いだ重さの分のお米がそのまま完走賞としてプレゼントされるらしいですね。納得



最も気になるのが マスコットキャラクター。

イマドキの「ユルさ」にブレることなく、「1ミリもゆるくないキャラ」として確立された、その名も”米俵八十八番隊”。


米俵十八番隊
<参考>

なんだ…!?この感覚は…
何かが疼く…


会場に行けばこの方に…この殿方にお会い出来るのか…!?


まぁ、真面目なハナシ、参加人数がそんなでも無いらしく、しかも昨年の1位のタイムが5kmで20分くらいらしいので、「だったら俺、1位獲れるんじゃねぇの?」などとスケベ根性が出てきたりして。


いや、むしろウチの妻なら絶対1位だ。
子供担いでるし、かつて山田昇杯(元祖)でも5kgザックで出場したし。

ちなみに1位の景品、お米一年分ですって。

妻を刺客として送り込もうか…

などと画策中。



まぁ、考えてみればウチは米作ってるしな…
有り難みが薄れるかな?


ひょっとして女性混合扱いかな?

そんな米俵マラソンのエントリー締め切りは10日らしい。


もし行けなかったら…

レポート待ってるぜ!(⇒うっち~)

Posted on 2014/10/09 Thu. 12:47 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 0

09

ジェシカちゃん、カウントダウン~の巻 

今月初めから息子が保育園に通い始めました


初日こそ食い物でつられ、上機嫌だったらしいですが、翌日からは“母親が居ない事実”に気付いてしまったらしく、ギャンギャンと泣きまくってたそうです。


なんだか申し訳ない…(保母さん…)
ウチの子はヨソと比べても過剰にギャン泣きしてる気がする…

最初の一週間は「慣らし」で2時間程度預け、徐々に時間が延びてくらしいです。
ウチの場合、ここ数日風邪で休んでたんで慣らす間もなく一日預けることになりそうですが…



妻が来週から職場に復帰します。

産休・育休暇は最長1年半とれるはずですが、一年にして復帰です。
これまたなんともはや。



今までは“育児や家事が忙しくとも仕事が無いから何とかなってた“気がしますが、これからどうなることやら

妻は残り少ない自由な時間を満喫すべくー…

今日も明日も、何処かに何かを食べに出かけているようですー…

Posted on 2014/10/08 Wed. 12:46 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 0

08

七転び八起き週末 

この週末…土曜日は久しぶりにトレマンツアーに参加し、火打山を訪れていました


その素晴らしい景観や「山を走る」と言う行為に心が奮え、本当に癒されたー…ってなことを書こうかと思ってたのですがー…


火打ツアービュー
<そんな景観の一部>



そのツアーの帰り道

妻からのメールで「今日、急遽“脱穀”やることになったよ」と呼び出し(?)を喰らい…


え!?なんだよ日曜日じゃなかったのかよ!?
…とか、農業のスケジュールなんて天候で決まるもんだし仕方ねぇよな、と思ったり、

その脱穀のノウハウの備忘録をここに書こうかと思ってたのですがー…



脱穀を終えた夜、妻が何気なく息子の熱を測ってたら38度

マジかよ…などと思っているうちに益々熱は上がり…とうとう39.7℃

すげぇ…俺の最高記録38度台だぜ。
なんかイメージ的に四捨五入して40℃って数字はマズイ気がする。


慌てて篠ノ井厚生連に電話すると看護婦さんが「食欲があるなら心配要らないんで様子をみて下さい」と。

なんだよ?診察してくれねぇのかよ!?
診ないで何がわかるんだよ!?

…と、思いつつも逆に「それだけ心配要らないレベルなのかな」と自分自身にも言い聞かせ、息子を寝かしつけました


翌日、日曜日も息子はずっと不機嫌。
動きも緩慢でした。

でも食欲はいつも通りなんで安心してましたが…朝方こそ37.8℃くらいまで熱が下がってたのに夕方になったらまた38.8℃まで上昇。


なんか…
“こんなの何でもない“ことなのかもしれませんけどね。
1歳前の子供が39℃の熱って、やっぱし不安になってしまいます。

大人ならまだしも、どこかがそのまま壊れてしまいそうで…

それを懇親的に診る妻も立派なもんです。


「何かあたしも具合悪くなってきた」と言い出した妻に体温を測らすと、この野郎36.6℃じゃねぇか…!!
…と、妻の天然ぶりにちょっと安心してしまったりして。


そんなんで日曜日は息子を風呂にいれずにそのまま寝かしつけました。

安心して眠れるように私と妻が両隣で添い寝したのですが、私の方が速攻で爆睡。

結局日曜の夜7時から翌朝の6時まで寝てしまった
まぁ…疲れてたんですよ…

「役立たず!」

…と妻の声がしたように思ったのは夢だったのか現実だったのか…

Posted on 2014/10/07 Tue. 12:37 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 0

07