05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

え!?なんか今ちょっと揺れてない?

何をやってもドジでノロマで亀みたいな私が、主に酔った時になんとなく更新するブログです。

メロンの味 

茨城に住む大学時代からの友人がメロンを送ってくれました。

大玉の立派なメロンです。

妻の実家に配ったり親戚にも配ったり…でも、我々の分も潤沢に残ったので、贅沢に厚切りして頂きました


…するとね、
やっぱり親のやっていることが気になるんだか、自分も加わりたいんだか、息子がテーブルに迫ってきて、掴まり立ちするんですよね

試しにメロンくれてみたら、ご機嫌に食うこと食うこと。
自分から口を押し付けてきます。

…いや、歯が無いからしゃぶってるだけかな?

…ともかく、普段離乳食を嫌がってる割には甘いものには目が無い(?)、妻似な息子です。


メロン優斗

メロンを貰うのは、毎年恒例なんですが、今更ながら、茨城ってメロンの産地なのかな?


そして…

お盆くらいにお礼として川中島の白桃を送り返すのも毎年恒例なのですが、長野って桃の産地なのかな?

まぁ、いいか
スポンサーサイト

Posted on 2014/06/23 Mon. 12:50 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 0

23

息子8ヶ月 

私生活がいまいちパっとせん日々が続いとりますが、子供の方は すくすくと成長しております


“はいはい“も上達して速度も上がって参りました。


私が帰宅すると(尚且つ機嫌が良い時は)抱きついてきてくれるんで嬉しいですね。
抱きついた挙句に鋭い爪で顔中心に引っ掻いてくるんで、傷だらけのローラになりまくっておりますが…


そんな息子は先週末で8ヶ月に入りました。

最近、“つかまり立ち“するんですよ…

つかまり優斗

親としては成長が嬉しいんですが、なんか“つかまり立ち”が早いのって良くないそうですね。

もっと“はいはい”で足腰を鍛えてから二足歩行にするようになって欲しいな

別に成長を急ぐ必要もありませんもんね?


そういや、妻は最近「親子学級」の類に参加しています

その参加した保育園で息子がこんなものを作ってきたのだとか。

優斗画伯
<バ~~~ン


これは嬉しいですね。

イマイチ意思疎通の度合いもわからん我が息子が、“何かの作品を作り上げてきた“ってのが無性に嬉しいです。





…で、これ、結局なんなんだろう?

Posted on 2014/06/18 Wed. 12:51 [edit]

category: 子供

TB: 0    CM: 2

18

いま時が… 

力は山を抜き 気は世を蓋う

時利あらず 騅逝かず

騅逝かざるを 奈何すべき

虞や虞や 汝を奈何せん


*******************


このところ、仕事が上手くいってないこともあってすっかり滅入り気味です。

4月辺りから徐々にマズイ方向にあったのを騙し騙し流してきたのがここにきて一斉に暴発した感覚でしょうか。


一応、平日もそこそこランニングをする生活を続けてきたものの、気持ちまで沈んでしまい、体を動かす気にもなれず、朝起きることもできず、得意の「会社行きたくナイナイ病」が再発しつつあります。


最近しきりに考えさせられるのが…

私はここ数年、ランニングに相当量の時間とエネルギーを費やしてきましたが…

これを仕事に捧げていたらもっと違う人生や結果が得られていたのでは無いか?と言うことです。



そりゃあランニングから得たものも多いけれど、今は妻子ある身。

いや、何もランニングを優先して仕事を手を抜くような真似はしてきていないと思いますが…

しかし、さりとて日頃から爪が甘い仕事の仕方だったのは事実。

結局俺は何をやっても爪が甘いんだ。
少なくとも仕事に120%の力を注ぎこんでいない。

しかし、今逃げ出したら笑いものだ。

だが、今逃げれば打ち首は逃れられるやもしれぬ。

…最近は仕事中についついそんな悪い想像をしてしまいます。



そんな今日は、家族3人で雁田山まで行っておりました

雁田山


そこでもついつい、妻に要らんことをこぼしてしまいましたが…

登山に費やした時間はちょうど2時間。
もし今日も会社で2時間仕事が出来たらもうちょっとは気が晴れるかな?

どっちが良かったのかな?なんて話してしまいました。

実際果たしてどっちが良かったものか。

少なくとも妻の前で言うことじゃありませんが…

ともかく、息子は速攻寝てしまったので久しぶりに2時間まるまる二人で会話が出来たので良かった。


帰宅後、富士の塔まで走りに行きました。

恥ずかしながらTDN完走経験の無い私はこのコースさえ知りません。

しかし久しぶりにトレイルを走るこの感覚。

この高揚感。

そして湧き上がるエネルギー。

自分の脚だけが頼りだ。
しかし自分の脚さえあれば、どこまででも行ける。

そんな不思議な高揚感と溢れる自信のような感覚。


仕事以外のことにどこまで時間とエネルギーを費やすべきか。

それは人それぞれだし、答えも価値観も違うのだと思う。

これからの私はどう翻弄されるのか、どう踏みとどまるのか…


ともかく必要だな。

心にも、体にも…深呼吸が。

…そんなことを感じました。

Posted on 2014/06/14 Sat. 21:53 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 4

14

ジェシカちゃん、八ヶ岳に現る、の巻(後編) 

八ヶ岳クロスカントリー大会に出た後の話。


レース後、我々夫婦は茅野市に住む祖母の自宅を訪れていました

今はここで叔父夫婦と祖母が一緒に暮らしています。



実に久しぶりにここを訪れました。
妻は初めてとなります。


私は時々妻に祖母の暮らす処を「あそこは他の処と違った時間が流れている」と例えるのですが…


イメージ的に「阿弥陀堂だより」とか「となりのトトロ」を連想してしまう。
本当に独特の雰囲気と言うか…まぁ、単に田舎なんですが。


今でこそ家も大幅にリフォームされており(←ビビった!)ましたが、私が子供の頃はこの家に ニワトリやヤギも飼っており…


朝はニワトリの鳴き声で目を覚まし、ヤギの乳を飲んで朝食を迎える…(私は飲めませんでしたが)…
汚れの酷い食器や鍋は庭の池に浸けておくと鯉が食ってきれいにしてくれる…


朝は早起きして夕方には薪を準備して風呂に入り、日没には寝てしまう…な生活。

家は綺麗になってましたが、今でもそんな名残のようなものを感じます。

なんか「非現実的」が実感できる空間で、それが魅力的に思えます。

山に行っている時と同様、多分ここで一週間ほど暮らしたら体内の毒は抜けてしまうのだろうな。

多分登山の魅力の一つは「非日常感」なんでしょうね



そんな環境の祖母に会ってきました。

最初こそ怖がっていたものの、優斗も祖母になついてくれて良かった。


婆ちゃん


祖母は90歳を超えており、私が会う度に「もう次は会えるかわからないから」と言ってくるのですが、なんだかまだまだ長生きしそうだな。


帰り際に大量の野菜をお土産に渡されました


朝早く起きて、体を動かし、農業に勤しみ、夜は早く寝る。
9時を過ぎたら間食もしない。
野菜を沢山食べる。

…それが長生きの秘訣なのだとか。


私もそこそこ健康体を自称していますが、実際には夜走って10時11時くらいに深酒することもしばしば。
ちょっと反省しました。

…ともかく長生きしてね、婆ちゃん。

ジェシカちゃんも「また来たい」って言ってたけど実現するかな?

ここで一泊して八ヶ岳とかに行けたらいいのだけど。

Posted on 2014/06/05 Thu. 12:37 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 0

05

ジェシカちゃん、八ヶ岳に現る、の巻(前編) 

八ヶ岳クロスカントリー大会に参加して参りました。

…私でなく妻が



妻は1年半ぶりくらい??のレース参加となります。


最近じゃコツコツとランニングを再開している妻ですが、久しぶりのレースにちょっとナーバス気味だったようです。
(「私本番走れるかなぁ?」「ビリでも怒んないでね」が最近の口癖)


整列妻
<闘志ゼロで整列>


ま、私の方が無理矢理妻を参加させたフシがあるのですが、妻の復帰がなんとなく嬉しい私でした。


もうちょっと笑顔でゴールしてくれたらもっと嬉しかったんですが…


ゴール妻
<廃人です>


ゴール後の余韻に浸る余裕も無く、無言で立ち去る妻…


ゴール後妻
<哀愁ただよう背中>


ちなみにトレマン隊からは(?)、K池さんも参加。

2週間前の野辺山の疲労を感じさせない走りで、今回もトップ集団に紛れておりました。


K池さん



それと、こちらに在住、私が勝手にライバル視する すわっこランナー、Boneさんも参加しております。


私は2年前にこの大会に参加したことがあり、その時にBoneさんに大きく離されたことを根に持ってるのですが…


今回はBoneさん、クロカンコースで無念の転倒。

給水所では喉を潤わせずに膝の流血を洗ってたとかなんとか…


来年は一緒に出ましょうね

Boneさんゴール
<Boneさん、ゴールシーン>


妻にしてもK池さんにしてもそうなんですが…

息子をおんぶヒモで前抱きしつつ応援してたんで、イマイチでかい声が出せない…(起きちゃったり泣いちゃったりするから…)


そして…走り終えた妻から「やっぱり出て良かった!やっぱり走るのって楽しい!!」…のセリフを期待してたんですが、
参加賞の“クッキーが嬉しい“以外には特別喜びの感情もなく…


それでも帰り際には笑顔を見せる妻を見て、こっちまで嬉しくなってきたりして。


(後編に続く)

Posted on 2014/06/03 Tue. 12:49 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 2

03