03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

え!?なんか今ちょっと揺れてない?

何をやってもドジでノロマで亀みたいな私が、主に酔った時になんとなく更新するブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

三人四脚登山 

“ハチマキさん主催、楽しくも恐ろしい企画”(※近日アップ予定)のあった翌日、私は家族で上田に向かっていました


目的は二つ。



まず一つ目は
スターバックスでナントカってバナナが丸ごと1本入ったという飲み物を賞味するため…


スタバナナ



…実は一度長野の店舗に行ったのですが、売り切れ
1杯700円弱、とアホ高いのですが大人気だそうで、売り切れ続出らしいですね。


「高ぇな…」とぶつくさ言いながらもまんまと術中にハマってしまった我々…





そして二つ目の目的は、久しぶりに上田、太郎山を登ることでした。

私たち夫婦は毎年正月休みに太郎山を訪れていたのですが、今年は子供のこともあって叶わず…約5か月遅れの太郎山です



一応、息子を連れてるんで裏登山道から登ります。


先日トレマンショップで子供を載せられるザックを購入していたので快適に登れます。

…快適に登れるはずでした…



…が、前日に“ハチマキさん主催、楽しくも恐ろしい企画”に参加していたせいで脚が動かねぇ…

300mほど登った地点で、見かねた妻が交替を申し出てきます。


ザック優斗
<息子がちょっと嬉しそう>


内心「担げるもんなら担いでみろ」と興味本位で交替したのですが、そのままグングンと登り始めるジェシカちゃん。


おっ…ちょっと待ってくれ…俺は…“ハチマキさん主催、楽しくも恐ろしい企画”のせいで脚が…



登る妻
<遠ざかる頼もしい妻>



頑張って妻と並んで登ります。

並んで登るのですが、昼過ぎに登り始めたせいか、下りの登山客がやけに多い…


そして、一般の登山客の方から見たら、どうしても“ザックに子供を載せて登山する妻”と“何故か手ぶらで登る夫”に映ってしまう…



くそっ…どうして今日に限って“まるでトレイルランでもやりそうな人”みたいな格好してきちまったんだ…!?


仕方なく登山客の方々とすれ違う時は思わせぶりに膝を(痛そうに)さすります。

ちくしょう…テーピングしてこりゃ良かった…(痛くないけど)


昨晩「裏登山道って面白くないじゃん。表から行こうぜ」などと言っていた私も大いに反省です


ま、色々あったけど、息子も山に親しんでくれて良かった。



葉っぱ優斗
<葉っぱを触る優斗>



結局そのまま妻と交替することなく山頂へ。


「せめて山頂手前の急勾配の登山道は男らしく走らねば…」と走り始めたものの駆け上がれず、更に反省しつつも登頂成功。



もうすぐ山頂優斗
<妻を出迎えます>



しまった…山頂は更に人が沢山いる…
なんか…恥ずかしい…


…ま、とにかく記念撮影。

太郎山山頂優斗
タロジゾ優斗
(ちなみに私が付けてるのはザックではなく”おんぶヒモ”です)



むぅ…息子に“山のように雄々しい背中”を見せるつもりがヘタレ全開になっちまったな…


ミニ鳥居をくぐらせたりもしたかったのですが、息子がギャン泣きし始めたので慌てて下山。
泣き声が山々に響いてなんだか申し訳なかった…


そもそも子供を連れてくるのは親のエゴなのかな…??


…なんて思いつつ下山してくると、元気の良い-小学生くらいかな…?-の男の子を連れた夫婦とすれ違いました。


旦那さんがウチの子供を見て「何か月ですか?」と聞いてきたので「半年です」と答えると-

「うちの子供も半年の頃からずっと連れまわしてたんですよ」、と旦那さん。


「あと25分?なら20分で着くよ」などと喋りながらショートカットコースを登る男の子。


どうやらその家族はここまで縦走してきたようで。
そのご家族を見送って、つい目を細めてしまいました
スポンサーサイト

Posted on 2014/04/27 Sun. 18:25 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 2

27

私の長野マラソン2014 

長野マラソンに参加してきました。

長野マラソン2014


公式タイムは『3:16:38』。

ネットだかグロスだか、実働タイムでも『3:15:29』…と、前年をほんのちょっとだけ記録更新したものの、目標の15分切りは夢と消えました。


毎回、終わってみれば「もう少し頑張れたんじゃないか?」と反省するんですが、本番中は「もう頼むから早く終わってくれ」と祈ることしか出来ない失速劇となりました。

ランナーズアップデートをチェックしつつ堤防で待っていた妻が「序盤からそんな飛ばしちゃダメだよ」と言ってたとかなんとか…


*** 以下、当日の模様 ***


7時過ぎに会場入りしアップします。
眠そうなUshikiさんや、「終始体が重かった」と語る そーすけさん(←インフルエンザの疑いアリ)、らに会っていると、それまでダルい気持ちの大きかった私も闘志が漲ります。

ガーミン起動
<ガーミンを起動させ、自身の精神も集中させます>




整列します。

私はDブロックでしたが、Cにハチマキさんの姿が見えました。
しめた。


私には作戦がありました。
何しろスロースターターの私。


ホワイトリンクまではゆっくり行く。
できればダメージゼロで騙し騙しいく。

そこから勝負に出る。



…私は2週間ほど前、ハチマキさんらと共にホワイトリンク発着でのペース走をしていました。

ホワイトリンクから、あの日の走りが出来れば勝利は間違いない。
自分の体をそのレールに載せる。ハチマキさんについていく。


そんなことを思い描きながらスタートします



序盤は4:30ほどのペースを刻みます。


…思えば、もうこれが既にマズかった。自分の実力じゃ4:40でいくべきだったが…冷静さを欠いていた。


冷静さを欠いてたばかりか、Mウェーブまで一回も給水をしなかった。
…実はこれも忘れていた。

別に喉が渇いて無かったから給水はどうでもいいかと思ってた。



大豆島の折り返しでは色んな方々とすれ違うことができました。
I田さん、Ushikiさん…特にかぽやんさんの 快走は凄かった。


触発されて自分もついペースアップ。

ガーミンの表示が4:10くらいまで上がっていましたが、知ったことか。

走っていて心地よいペース、それが本人のペースってもんだ。


ここまでで何人か知り合いの方に会えたりすれ違ったりしていましたが、五輪大橋手前でミッチャンの姿を発見。

しばらく追従します。
それにしても見事なフォーム。

結局ミッチャンには35km地点くらいを最後に離されてしまうのですが、最後の最後まで(最後は観てないけど)感服させられるような立派な走りでした。



五輪大橋を下ったところで 第一段階の“ガクっ”(っと落ちる)がきました。
相当無理してたことに気付きます。

私の場合、足が攣るってことは無いのですが、鳩尾辺りが痙攣してしまう。



しばらく走るとまた折り返し、選手群とすれ違います。
反対車線、その中に 鬼頭筆頭、ぎっぺさんの姿が。思わず名前を叫びます。


手を振り替えしてくれる筆頭。
奮える。やはり魂が奮えます。


俺はこの人たちを追いかけて走ってんだ。こんなところで潰れてたまるか。



もう一度ペースを4:10に据えます。

ホクト前の折り返し近くで店長の姿を見たように思ったが幻だったか??



…直後、2度目のガクっがきた。
ヤバイ、この状況は結構マズイ。

騙し騙し走りつつ堤防に出ると追い討ちの向かい風。

ナカタさんを発見しましたが、もう声も出ねぇ…が、何故か涙が溢れる…


松代に入ったところで ブブタン氏とさちさんが居ましたが…

…もうちょっとカッコイイ姿を見せたかったけれど、何もできねぇ…



騙し騙しフタこぶを越えて、また堤防に戻った辺りでミッチャンの姿を見失った。

…ここで3度目のガクっがきた。
もう腹が痛くてフォームが維持出来ない。既に失速気味だったけど、さらに失速。



岩野橋を見ます。

…やはり遠く、霞んで見える。


岩野橋手前で給水しますが…やべぇ、もう何も飲めねぇ…

既に胃もやられたか。
野辺山じゃあるまいし、本当に失敗した。


少しでも軽くせねば。
未開封のジェルをゴミ箱に横投げで放ります。


…が、ここからは追い風だ。
橋を渡り終えて、もう一度踏ん張ります。


もう一度、もう一度だ。

何とか体勢を整えて、ペースを4:20に戻します。


深く呼吸を刻む。
この鳩尾の痛みは浅くて荒い呼吸を繰り返すのが原因らしい。

あと数kmだ。体を騙せ。
もう少しだけ踏ん張れ。

…そう体に言い聞かせたら鳩尾の痛みが引いたように感じた。


…その直後、今度は背中が痙攣してしまった
くそっ、こんなところに攣るような肉あんのか?


もうマトモに走れません。


この辺りで妻とそのご両親が応援して下さっていたのですが何のリアクションもとれず。
後で聞いたら「死にそうな顔してた」そうですが…


ホントなら下れるはずの消防学校手前を通り過ぎて、まだ続く堤防。

その沿道で応援する某、美人さんを発見。


「ち…」


名前を呼ぼうとするけど、声が出ない。

直後、彼女の方から気付いてくれました。

手を振りつつ「六花さ~ん!」って…

…俺じゃねぇのかよ!?

そう思いつつ前方を見るとロンゲソバージュのランナー。
アレが噂の六花さんか…(←ファンラン?)



…なんだ…この気持ちは…
敗北感のような…悔しさのような…単に嫉妬のような…

思わず六花さんを抜き去ります。


これが深刻にまずかった。

やっとビクトリーロードに躍り出ましたが、もう体中が動かない。


この世に酸素は無いのか?

…そう思うくらい呼吸も出来ない。


それでも体の筋を固めつつ(上手く表現できませんが)最後は呼吸を止めてスパートしてゴール

ゴールしたまま(腹が痛くて)崩れ落ち、起き上がれずに係りの人に両脇を支えられて移動




…こうしてひっそりと私の長野マラソンは終わりました。


悔しさもあるけど…
安堵の気持ちもあります。

本当はフルマラソンで結果を叩き出したければ、年に一回、長野マラソンしか出てないようじゃ成長しないのだろうな。

けど、やっぱり私は年に一回しか出ないのだと思う。
だからこそ神聖なものだし、その度に確実に更新していきたいとも思う。

けど来年はせめてフルコースで試走しとこうかな…


帰宅して…
カッコよくゴールする自分を想像してケーブルテレビの『長野マラソンゴールシーン』って番組を録画してたのですが、自分の姿を見たらホントに情けなく…

さらわれた宇宙人みたいになってた

Posted on 2014/04/22 Tue. 12:52 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 6

22

お誕生日(0.5)おめでとう 

数日前に妻が『トレマン母の会』に参加させて頂いたようです



そこでの写真、お子ちゃま3人が並ぶ姿の写真を妻からみせてもらいました。


むぅ…

以前「やっぱりウチの子が一番カワイイ」などと親バカ発言をしたこともある私ですが、こうして皆さんの子供と並ぶとなんだかうちの子だけ違う…


ちょっとビジュアル的に何か劣っているような気が…

つい優斗に「ドンマイだぜ」と声をかけてしまった。
(※写真入手を試みましたが「酷い」との理由で妻に拒否されました)


この集まりで「今度は父の会も開催しよう」って話題が出てたそうですが、ちょっと危機を感じました。

だって…やべぇぞ。 俺、全然育児とか父親とかやってねぇもんな…



*********


そんな先日のこと。

帰宅して驚きました


最近仕事がバタバタしててすっかり忘れてた。
息子が産まれてちょうど半年になるんですね。

それを世間じゃハーフバースディと呼ぶらしい

妻がその準備をしてくれていました。


ハーフ優斗
<壁に文字を貼っただけですが>


仕事疲れで放心気味だった私もこれは嬉しかった。

よく元気で育ってきたな、優斗。

0.5歳の誕生日おめでとう。

お前への誕生日プレゼントはコレで決まりだ



…ちなみに、半年にしてようやくウチの子、“寝返り”をするようになりました

と言っても、180度回転だけで、まだ360度までは回転しないんですが。



そして残念なのは、寝返りの模様を最初から最後までちゃんと観たことが一度も無いんです。

この前の『トレマン花見会』で突如やりだしたのですが、肝心なところは見てなかった


この日の晩、優斗を風呂に入れ、ジタバタと暴れるのを抑えつついつもの肌荒れの薬を塗り…

しまった…オムツの準備してなかった…

…などと あくせく服を着せようとしていると…



…おぉッ!マジかよこのタイミングかよ、優斗さん!!

…息子がこの迷惑なタイミングでフルチン寝返りかましてきやがった。

フルティン優斗

Posted on 2014/04/17 Thu. 12:47 [edit]

category: 子供

TB: 0    CM: 0

17

週末は長野マラソン’14 

昨年の今頃もおんなじようなこと書いてた気がする…



今週末は長野マラソンですね


ちょっとナーバスになっています。

ナーバスになっている割には行動に移したり焦ったりもしていない…要するに努力をしてない私です。
ちょいマズイな…



けど、もう多分、今さらバタバタしても結果は決まっているんでしょうな



昨年と今年の差はどうだろう??


今年は昨年みたいに故障が無かったのは良かった。
だから年末から今まで割とコンスタントに走れた。

ただし、追い込むような走りはしていません。


逆に昨年は相当追い込んでいたように思う。
故障していたことや限られた時間の中で、手負いの獣(自称)のように走っていたと思う



そしてトレマンツアーや夜練の存在もデカイ。

今年はアレに全然参加してない。


たいして実力も走行距離も無い私がかろうじて人並の脚力をほこるのは、なんとか生き延びようと体中の細胞を覚醒させて走る“夜練“の影響がデカかったと思う。



今年は変に和んでしまっているのがマズイ
危機感が足りないな。


…っちゅうか、緊張感が足りないな。
生活観が変ったせいかな…??
このテンションはマズイぞ…??


イマイチ自分の実力も把握できてないんで、目標タイムも決められないや

Posted on 2014/04/16 Wed. 12:44 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 0

16

春うららか 

長野マラソンを翌週に控えたこの週末の話。



ある種の緊張感もありますが、それはさておき…


私はロクに走り込みもせずに千曲のあんずの里で開催されている「あんず祭り」に行っておりました



…すげぇ混んでた…
いかんせん、私は人混みが苦手で…


杏の里
<こんな感じ>


…しかし混むのもわかる立派な景観でした

県外からも多くの観光客が訪れてるようです。


杏の里全貌
<写真じゃわかりませんが、凄い全貌です>


…どうでもいいんですが、松葉杖ついた観光客がやけに多かった…
なんか因果関係あるんかな…



一応、優斗も花を観ています。

杏優斗
<興味ゼロですが>


なんか春が来たって感じでいい雰囲気でした。


この杏の景観は10㎞以上に渡ってるらしい。
距離と駐車場の兼ね合いでビュースポットをすべて回るのは難しいらしいけれど、ランニングでならなんとかなる


いつかこの景観を収めにランニングで来たいな…なんて思った午後のひと時でした。

それにしても…暑い1日でTシャツ1枚で十分な日でした。

これが翌日アダとなるのですが…




日曜日はトレマン流花見会に参加させてもらったのですが、集合時間前に髻山に行っておりました。

念願の親子3人登山です。
里山ですが、ちょっと嬉しい。


…なんて思ってると速攻、寝ちゃうんですよね。子供って


髻山頂
<本人寝てますが記念撮影>



午後からはバーベキュー本番です


毎回ながら、こんな時って私、自分でも驚くほどに役立たずなんですよね。
ただ食って飲んだくれるだけ


…まぁ…でも…気心しれた方々とのひと時は楽しいですよね。


でもヒロ君がやけに長老に懐いていたので、ささやかな嫉妬心を感じたりして。


長老と若殿
<若君と“アルフレッド“>



宴会会場が運動公園だったのですが…


サブトラをせわしく走るランナーを見て、なんとなく危機感みたいなものも感じましたが…
ビール2本目からは何も感じなくなってしまいました



むぅ…今年の長野マラソンは…
ちょっとヤバイか…?

この緊張感の無さ…テンション…


終わって失敗してみて後悔するパターンだな…

…って言うか、帰宅してから喉が痛くて仕方ない。風邪ひいたかな?
Tシャツ1枚だったからな…

Posted on 2014/04/13 Sun. 22:12 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 0

13

他人のそら似アワー 

どうでもいいハナシなんですが…


「芸能人に例えたら」とか「芸能人の○○に似てる~」とか言われることありますよね。

私だったら「しょくぱんまん」「豆腐」「萩原流行」辺りに“似てる”と言われることが多いでしょうか。(3つのうち2コが人間じゃありませんが…)


妻の場合、以前はよく ”多部未華子”さんに似てると言われてたそうです。


w06-0776-140317.jpg
<参考>

写真が良すぎて参考にならんが…

…言われてみれば雰囲気が似てるような気もしますね。



それと同じくらい「似てる」と評されていたのが”杏”さん。ごちそうさん。


w03-0671-140317.jpg
<参考>


う~ん…雰囲気はアレだけど、冷静に見るとこっちのが似てるかな?? 
骨格と言うかパーツと言うか…


こっちも写真が良すぎて判断が難しいが…



ま、本人はあんな性格なんで「どっちにも似てない」と思ってるようですが。



…で、その本人が絶大に似てると思ってるのがこの人。

…と言うか、本人に言わせると最近テレビで観てても”私にしか見えない”そうです。


ってのが、お笑いコンビ”たんぼぽ”の右っ側の人。


tanpopo.jpg
<参考>


う~ん…似てる??

実際テレビで観た時には似てたような…

幸薄い感じの表情が本人に通じるものがあるような…

Posted on 2014/04/11 Fri. 12:45 [edit]

category: どうでもいいハナシ

TB: 0    CM: 2

11

父の背中 

生活観が変ったこともあって、例えばトレマンツアーに出てても「次の出場予定は」などの話よりも「近頃ウチの息子は…」なんて会話が多くなってしまいます



「英才教育した方がいい」とか「それはダメ」とか…ランニングさせたいとかさせたくないとか…
そんな話は参考になるだけでなく、これから先の希望と未来を感じるようで嬉しくなります。



それにしても店長…変ったな…
以前は“ホット系クール”のイメージだった店長ですが、最近じゃ“ホット”のイメージしかない…


たまぁにトレマンショップに息子を連れてくと私よりも息子の方に夢中で(?)、「ゆうと!、ゆうと君っ!“ポッポッ”(←唇を鳴らす音)」とかやってくれて、なんか嬉しかったり、ギャップを感じたり…



さておき、お話の中にあってちょっとドキっとしたのが…

子供と触れ合う時間を大切にしなければ…というお話です。



子供と接していられる時間は限られています。

3歳までが大事と言うけれど、いずれにしても小学生になる頃には自分の元を去っていく、と言うか、触れ合う時間は激減するのでしょうね


私は自分が頑張ることで、例えば女房子供を置いてでもランニングで結果を叩き出すのが尊敬される父親像になってくのかと思ってたのですが、ちょっと考えを改めました。(ホンのちょっと)


子供から愛される父親でありたいですね


いや、その考え方自体エゴかな?


どんな生き方、接し方をしたら、愛される父になるのかイマイチわからんけれど、
多分、私が子供を愛したら、子供は、やがて生まれる自分の子供も愛するのだと思う


だから、今さらながらに、「俺ももうちょっと自分の父親大事にしなくっちゃいけねぇなぁ」なんて思っています



私の幼い頃…父はどんな風に私に接していたのか…

…う~む、全く覚えていないが…

この歳になって、ちょっと今さら自分の父のことを尊敬し始めている私です。



さておき、この週末はトレマン流お花見に参加させて頂く予定です

幸い、私の周りには良き見本となる方々が多いので、シッカリと学ばせていただこうと思っています。


こんな「親心、子知らず」なんだろうなぁ~

Vゆうと
<挙動不審なのが母親似>

Posted on 2014/04/08 Tue. 12:55 [edit]

category: トレマン流

TB: 0    CM: 0

08

Renew食 

先週末の話。


土曜日はトレマンツアーに出ておりました

参加も久しぶりですが、30km以上走るのが久しぶりなんで凄ぇ疲れた…


けど、山なみを眺めながらのランニングはいいですね。

最近ようやく“すまぁとふぉん”に慣れてきて、山カメラってアプリを使うとカメラに映った山の名前が表示されるんです。それがちょっと楽しい。

山に詳しい人ならこんなの要らないんでしょうけどね。


山カメラ画像
<ただし表示に誤りがあっても気付けない…>



翌日…

産まれて4ヶ月を経過した息子に初めて離乳食を食べさせることとなりました。
我々も息子も初めての体験です

初めてすぎて離乳食(10倍粥)の作り方もわからん…


食べてくれるか心配でしたが…
当初は激しく拒否していましたが…

食中優斗2



なんとか食べてくれて…

食中優斗


徐々に慣れてきたのか…

食う優斗


味はともかく満足げな様子。

食後優斗
<4コママンガ風>


それより未だ治らない肌荒れが気になりますが…




午後は戸倉のキティパークまでセツブンソウを観に行っておりました

セツブン優斗
<息子の顔入り>

私はそんな花に興味がある方じゃ無いのですが、花好きな妻に連れられて、毎年この時期に訪れています。
観づらいと思いますが、写真の白い部分はセツブンソウの群生なんですよ。


セツブンソウ
<木の陰に黙々と登る妻が…>


故障した脚でここの林道を登り、「もう直ぐ長野マラソンか」とか「今年の故障具合は…」とか考えるのが私の中では恒例になっています

…そして大抵天候に恵まれていないような…



今回は息子を抱いて登ったけれど、いつか私に着いて自力で登ってきてくれればいいなぁ~と思ったり、

それはいつのことやら??と思ったり、

けど離乳食も始まって日々着実に成長している息子にささやかな幸せを感じたりしています。

スキマ優斗
<自覚無さそうな

Posted on 2014/04/03 Thu. 12:43 [edit]

category: 子供

TB: 0    CM: 4

03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。