08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

え!?なんか今ちょっと揺れてない?

何をやってもドジでノロマで亀みたいな私が、主に酔った時になんとなく更新するブログです。

一周まわって3連休 

このところバタバタしててすっかり遅くなってしまいましたが…

9月22日(苦しい夫婦の日)は、結婚記念日でした。
結婚して一年になります


長いような、あっと言うだったような…
いや、むしろ そんな感傷に浸る間もないほどバタバタしていたような…


結婚した時には皆さんからお祝いのメールを頂いたり、わざわざ戸隠の神社までお越し頂いたり…で、本当に有難く嬉しく思います。
普通ならば知り合うことの無かったであろう、色んな方々に出会えたことも、改めて嬉しく思います。



そんな先週末の3連休、初日はトレマンツアーに出とりました
やっぱしこの時期のトレイルはいいですね。



斑尾の朝<斑尾での朝>


本当に楽しく、充実した時間を過ごせました。(ラスト2kmほどのロードの登りが嫌だったけど)



ところで…ふと、ツアー中に店長やトシコちゃんらの間で出た話題。
私はこれに非常に感銘・感動させられました


私は妻や、もう直ぐ生まれる子供にも、もっと立派でリッチな環境が提供できないことを申し訳なく思っているフシがあるのですが…(そんなこと言う割に家事は手伝ってないけど)


ホラ、例えばヨソのうちでは マイホームにプラスチックのジャングルジム(ブランコ・滑り台付き)とか設置してる家庭もありますよね

そんな環境を用意できないことを残念に思ってしまいます。
ウチは狭いんで(金も無いけど)設置場所自体確保できない…


…が、店長らは最初っから「え?なんで?要らないでしょ?」とか「ジャングルジムやりたければ外に行けばいいじゃん」って考え方を諭されたんで、何か非常~に安心してしまった。(え?こんなこと考える私がおかしい?)

ま…確かにそりゃそうですよね。
室内でブランコするってのがおかしいかもしんない


そして流石は自然児の店長…
明るくなったら起床し、暗くなったら寝る…その生き様はまさに山そのもの。


私は自分の子供が大きくなっても「お前ぇにシューズは10年早ぇ。まずは裸足でフォアフットの感覚を掴め」と言うことに決め込みました


…でも、女の子だったらカワイイ靴買っちゃおうかな…

…そんな我が家の子は未だ性別不明…




ツアーを終えて、その日の晩はS北館ホテルのディナーに招待されていました。(一周年祝いで無料なのだとか)
全然名前と顔が一致しない高級料理の数々が出てきたのですが、案外そういうの食うと下痢が止まらないんですよね。
食いなれないもので胃腸が驚くのかな…


ちなみに日曜日と月曜日はジェシカ家の稲刈りの手伝いをしておって(これが猛烈にキツかった)結局ちゃんと記念日のお祝いをしないままだったな…

イネカリーナ
<ランニングじゃないよ、稲刈りだよ。…な服装>


っつうか、この3連休、ほとんど田んぼを見てて終わってしまった気がする…

せめて、某、筆頭鬼頭みたいにバーミヤンで乾杯とかしたかったのだけど…

来年もこのタイミングで稲刈りなんだろうな…


ちなみに今度の週末は早くも脱穀の予定
スポンサーサイト

Posted on 2013/09/26 Thu. 12:46 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 6

26

心拍とランニングと都市伝説 

夜、妻と南長野運動公園に行っていた時の話



最近じゃ運動公園の外周を妻はウォーキングで、私はノロノロと走って回る…ってパターンが多いのですが…


ジョギングの終わりがけにたまたま見かけたT野さん(@川中島/単身赴任)の背中に触発されて、自分も異様にペースを上げてしまいました。

T野さんキロ4分は切ってたと思う。(本人は否定してましたが)
目の醒めるような走りで、私も衝動的に、それに弾かれるように追いかけてしまいました。(勿論追いつけませんでしたが



「いやぁ、久しぶりに肺が痛くなるような走りをしたよ。ホントは普段からこうやって走んないと嘘だよな」

…後で合流した妻にそんなことを話すと「え~、そんなのもう止めた方がいいよ~」と言われてしまいました。


…??


なんのことかわからず妻の話の続きを聞くと…-


なんか、人間が一生のうちに刻む心拍の回数って決まってるんですって??

それが一定の回数になると死んじゃうんですって。
だから平素走りこむ我々みたいなのは確実に死期に近づいているんですって。


…マジかよ


…その話を聞いて以来、ジェシカちゃんは追い込むような走りをやめたとか何とか…



…でも、それって単なる都市伝説の域でしょ??
…医学的根拠とかあるのかな…??

健康の為に(?)走ってんのに…
ま、調べるのもアホらしいレベルだと解釈し、あえて調べることもしませんでしたが…



…でもちょっと心配


これからはゼェゼェいうような走りは辞めようかと思ったりして。
代わりに長~く、遅~く、のランニングをしようかな。


…長くやってりゃ結局同じか

Posted on 2013/09/17 Tue. 12:49 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 4

17

今さら、の映画 

今更…のネタになりますが…

宮崎駿監督の『風立ちぬ』を観に行きました。

風立ちぬ
<生きねば>


皆さん、もう観ました?
私はレイトショー(pm8:20放映)で観たにも関わらず場内満席状態でしたね。


<以下、ネタバレになるのでまだ観てない人は閲覧しないで下さい>











ちなみに…逆に聞きたいのですが、皆さんの感想ってどうなんでしょうか?


人によって大きく意見が分かれる賛否両論の映画らしいですが、私は観てる途中で「駄作だな!」とか「非常に残念!」などと思ってしまいました。

ハッキリ言って、あの映画の最大の見せ場はエンディング(のBGM)じゃないかと思ったくらいです。
イマイチあの映画って何を言いたかったんだかわからんかった。(内容もわからんかったけど)


だいたいあの奥さん、自分の病気を治療したいんだか悪化させたいんだか訳がわからん




対称的に妻は非常~に感動したらしく、「もう一度観に行きたい」を連呼しております。


妻に言わせればあの映画の見せ場は“夫婦愛”らしくって、“妻の病気ことがありながらも夢に懸ける夫と、自分の運命を知りつつもそれを支える妻“らしいです


むぅ…この小娘め…
サスペンスドラマを観ても、「結局誰が犯人なんだかわからなかった」とか言う割には偉そうなことをほざくではないか…



実際、色々検索したら…

主役の二人の為に歌われた曲とか 煙草とかが後の二人の運命を暗示する伏線のようなものになっているそうです。
結核ってのも当時は不治の病とされていたそうですね。



そんなポイントを知っていると、映画が更に面白くなるそうです。
お互いに互いの一番美しい時間を共に過ごしたってトコですかね。

今になって私もジワジワと「もう一度観たい」と思ってきたりして



…が、そんなポイントを知らなくってもフツーに楽しめる映画を作って欲しいなぁって気もします。

どうも最近の宮崎アニメが“テーマを複雑にし過ぎて訳わからん”ものに思えてしまう。
『ラピュタ』辺りはテーマは勿論、起承転結とかも素晴らしい出来栄えだと思うのだけど…




対して、同じくこの夏に観に行った映画『きっと、うまくいく』、これは素晴らしかった。
きっとうまくいく
<写真は怪しいが…>


インド映画なんですよ

妻の強引な誘いで行ったのですが、正直全然期待してなかったんです。
インド映画って怪しいイメージだったし…
何故か長野ロキシー限定だったし…


でも観終わって、全身が戦慄するほどに感動しました。


この作品は俺の中ではもう『ベン・ハー』と『ロッキー』を超えたね


くっ…私はアクション映画以外ほとんど観ないんで比較の対象とする映画がアレなんですが…
(『きっと、うまくいく』は学園青春モノ??です)


あ…一応『ローマの休日』も超えてると思います…
あと『マッドマックス2』も超えてますが・・・イマイチ比較の対称にならねぇな


そんな『きっと、うまくいく』は12月上旬にレンタル開始との噂…

見かけたら是非観てやって下さい。
楽しみが減るんでこっちは内容話しません。


インド映画って他のも面白いんかなぁ…

Posted on 2013/09/10 Tue. 12:46 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 0

10

私の収穫祭 

ある日の晩の話


ちょこっとだけランニングして(最近は専らウォーキングのみだったんで)、いい気になって、冷蔵庫の中を物色します。頑張ったんだから酒くらい飲んでもいいでしょ

…が、ビールが無い
当たり前ですが(?)我が家は私が買わない限りビールはありません。


…で、無いとわかると途端に飲みたくなるのがアルコールの恐ろしさ。途端に手が震えだす…ような気がする。




ふと思い出しました。
何か月か前に梅酒を漬け込んだのでは無かったか?
確か2ヵ月経過したら飲めるはずだ。


妻が寝静まったのを見計らってボトルをグラスに注ぎます。

…なんとも緊張するような嬉しいような…
大事に育ててきた息子がジャニーズ事務所に入ったようなそんな気分ですね。


IMG_0642.jpg


…ひと口煽ります。


…むぅ

…注射のような味だな…

これって自家製の梅酒だとみんなこんな味なのか、それとも熟成具合が足りないのか…
少なくとも”さらりとした梅酒”には遠く及びません。

そもそも糖分が足りないような…

いやしかし、某・脹脛の凄い御仁は砂糖を入れずにリキュールだけで作るとか言ってたしな…



…結局その梅酒のグラスに残った分は、カキ氷のシロップ(イチゴ味)を追加して飲む…というトンデモナイ罰当たりな飲み方をしてしまった。

美味しく飲むには一年くらい待たないといけないのかな?

それとも…単に失敗したのかな??

答えはもう半年後かな

Posted on 2013/09/07 Sat. 23:38 [edit]

category: 料理

TB: 0    CM: 2

07

名古屋、自分探しの旅~ 

先週末、妻と名古屋に行っていました。


妻は大学時代の友人に会うため。

私はなんとなく妻が心配なんで運転手役
妻が友人と会っている間は全くの別行動です。


…そしたらその時間は走ってるしかないでしょ
でも山は無いらしいんですよね。名古屋市内って。


あらかじめ調べておいた名古屋市内のスーパー銭湯に車を停め、私は一路名古屋城を目指します


私は今まで4回だけ名古屋に来たことがありますが、全く土地勘ありません。
道路の案内表示を頼りに走ること約8km。


ようやく名古屋城が見えます。
名古屋城

なんだか興奮しますね。

私は日本史にも疎いのですが、城が見えたら登るっきゃないでしょ。
そして攻め落とす…のが礼儀と言うもの。(いや、気持ちの上でね)


一応、外周を走ります。

名古屋城外周
<こんな感じ>

割とトレイルっぽいところもあってよかった。今日はカスケディア履いてきてたんで。
こう堀を眺めながら走ると何となく城攻めの攻略法も見えてくるってもんです。


随分と広い敷地ですね。
松本城とは比べ物になりません。
広すぎて入口がわからなかったくらいです。

やっと正門を見つけると…

マジかよ、入場料とるのかよ…(500円)


攻め落とす心境で来てながらアレですが、お城って“皆の施設“なんだと思ってた。
市のものなのか?愛知県か?
松本城って入場料とられたっけ?天守閣はとるのかな?


最低限のジュース代しか持ってなかったんで、ギリギリです


城内に突入しましたが、やはり広いですね。
走ってても全く迷惑にならない感じです。(浮いてるけど)


しばらく走ると…コスプレ…??
武将の格好した人が数名の観客の前で喋ってるのが見えます。


近寄ると…
…思い出した。


ニュースか何かで観たことがある。
名古屋城界隈には“おもてなし武将隊”なる、各種武将に扮したイケメンがガイト兼、ショーを開いたりして、集客アップに貢献しているとか何とか… ⇒ココ

その武将さんに近づいて話に耳を傾けると…


「秀吉がワシの草鞋を懐で暖めてくれたのもこの辺なんじゃ・・・」

…ってこの人、信長かよ!


魔王信長。

実際に観る信長公、案外ちっちゃいです(背が)。
写真を撮ろうとしたけど“撮影禁止”の旗が。

マジかよ、通りすがりの人も撮っちゃいけないんか。

話の続きを聞いていたら御付きの人(森 蘭丸?)に「事前に申し込みした人のみの参加とさせて頂いていますのでお引取り下さい」って…

うぉお!ケチくせぇな!器もちっちぇえぞ信長公!
数人しか居なかったのに。そこに偶然通りかかっただけなのに。


おまけに隙だらけに見えたね。俺から言わせれば。
背後がガラ空きだぜ。
これが戦国時代なら俺に3回はカンチョーされてるね。


信長公
<なんか悔しくて隠し撮りしたその模様>


その後も、各種武将様を見ましたが、誰が誰の役なんだかサッパリわからんかった。
今更だけど名古屋城って信長公が住んでたのかな?

走りつつ天守閣を目指します。


天守閣
<天守閣を登る 名古屋の民>



天守閣に入ると…同じく広いですね。
デパートくらいあんじゃねぇの?

石切り場
<この人たちが造ったらしい>

各階に火縄銃などの資料が展示されていましたが、私の興味は 階段を早く登ることと登頂すること以外にありません。

しゃちほこ
<城内にしゃちほこ>

脇目もふらずに駆け上がってると…登頂成功。

天守閣の展望
<天守閣からの景色>

直後、自分が高所恐怖症だったことに気付いて慌てて下に降ります

…っつうか、名古屋城…天守閣にエレベーターあるんですね…
なんてこった…(色々と…)



色々あったけれど、名古屋城と名古屋市街を自分の足で走り回れたことに幾らか満足感を覚えて 妻に合流しました。

妻は名古屋に住んでいながら名古屋城に来たことがないらしく「また名古屋に来たい」って行ってたけど、それは数年先の話かな?


…信長公の呪いかなんかわからんけど、その日の晩は下痢が止まらんかった…

Posted on 2013/09/05 Thu. 12:55 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 0

05

ジェシカちゃん、有終の美 

今朝は出勤時に妻が私を見送ってくれました

いつもなら、同じ会社に勤めているにも関わらず、彼女は私より20分くらい早く出社していきますー



妻が産休に入りました。

これでひとまず職場とはオサラバですね。
色々あったけど、今朝はともかく安心した表情だったんでこっちまで嬉しくなってきちゃいました



妻は職場で色々と思うことがあったようです。

単純に人間関係に悩むこともあったみたいだけど、自分の仕事の価値や、自分自身の存在感に悩んだり…

「もっと自分を表現できる遣り甲斐のある仕事がしたい」とか言いつつ「でも仕事量が増えるのは嫌だ」とか言ってたっけ

実際、彼女のポジションは目立たない堅実な部署だったようですね。

色々矛盾めいた葛藤もあったようですが果たしてその答えのようなものは見付かったのかな??



同じ職場でも会社には色々な人がいます。

もっと頑張って重要なポジションで仕事してる人も居れば、サボって時間をやり過ごすことばっかし考えている人だっている。


そんな中で、決して会社からは評価される訳でもないのに、毎朝誰よりも早く出社して、掃除して、ポットにお湯を沸かして…と準備をしている自分の妻が、私には誰よりも立派に思えます


元々私の稼ぎが良ければもっと早くに会社を辞める選択肢もあっただろうに。
その時点で申し訳ない気持ちや有難い気持ちもありますね。



私は先週末、我が社の中野の工場に行っていました。

工場長に「M浦君、奥さん出産いつ?」と聞かれたんで「何でそんな(妻の妊娠)こと知ってるんですか?」と尋ねたら、妻が各出先機関に“お世話になりました”のメールを送っていたそうです
知らんかった。


「あの娘は良い子だよねぇ~」と言ってもらえたんで改めて嬉しくなったり、ホラ、やっぱり本人が気付いて無いだけでちゃんと存在感あるじゃん、などと思ってしまいました。


その日の晩、妻の最終出社日の晩はちょっとだけ(ほんのちょっとだけ)、奮発してケーキを買ってきました。
ささやかなお祝いです。

intaicake.jpg
<結局二つとも食われちまった>

ちなみに…実は密かにゴディバのアイス(コンビに限定 1個480円!!!)も買ってあったのですが、またも妻に食われちまってた…


今朝の妻は色々あれどもとにかく解放された気分だったようで・・・良かった。


私の方はいつもの時間に出社して…

…で、たまたま別館の給湯室の方に行ったら、今までは妻がやっていたであろうポットの準備を他の女子社員がゴタゴタとやっているのを観て…何か苦笑してしまいました

Posted on 2013/09/02 Mon. 21:39 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 8

02