12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

え!?なんか今ちょっと揺れてない?

何をやってもドジでノロマで亀みたいな私が、主に酔った時になんとなく更新するブログです。

俺が間違っていたのか?! 

結婚するとパートナーとの生活観との違いや価値観の違いにとまどうものだと思いますが…


…さておき、我が家のパートナーはトイレに入っても鍵をかけません

「なんで鍵かける必要があるの?」と言われたときには「あぁ、またいつもの天然が始まったか」と全く気にしてなかったのですが、実際にウ○コしてる現場を目撃してしまった時には相当動揺してしまいました


…初めて目撃してしまった…!!あの衝撃

妻は笑ってましたが、はっきり言ってこっちが被害者です。


妻に言わせれば、「家族だから鍵をかける必要は無い」のだそうです。
それに「気配でなんとなくわかるから、誰かきたら鍵をかける」のだそうですが、俺が来たのには全然気付いてねぇじゃねぇか…

私にしても、まさかトイレの中に(鍵もかけずに)誰か入ってるとは思わないんで、油断したままドアを開けてしまって返り討ちですよ。


妻に「じゃあ会社でも鍵しないの?」と聞いたら「会社なんだから鍵かけるの当たり前じゃ~ん!」と当然のように言われたんで何だかちょっと腹が立つ…

じゃあなんで自宅は鍵かけねぇんだよ…?
そこは「家族だから平気」だし「和風なら嫌だけど洋風なら見られても恥ずかしくない」のだそうです

いや…見てしまった俺の方は平気じゃないし、こっちが恥ずかしいぞ…??


逆に私がいつでもどこでも鍵をかけてることを話すと「えぇ?なんで?」と変わった人扱い。

私とて別に見られるのが恥ずかしいとかじゃないけど、マナーと言うか…

やっぱし男は不意を付かれたくないのだと思います。
いざ、ドアを開けられた時にもファイティングポーズをとっていたい生き物なのだと思います

ジョグノートにこのことを書いていたら某御方が妻に賛同してきたんで、ちょっと焦りましたが…
世の中こんな人もいるんだなぁ…なんてしみじみ思いました。


…さておき、この週末に会社の飲み会がありました
入社して15年くらい経つ同期社員が集まった近況報告会です。12名集まりましたね。


話の流れで“自宅でトイレに鍵をかけるか否か“の話題になりました。

私にしてみれば、一般常識的な私の意見に賛同して貰うことで、出来れば妻にもこの悪い習慣を直して欲しかったのですが…


実に12人中、9人ですよ。
9人が自宅で鍵をかけないんです(女性3名を含む
話したら皆「なんで自宅で鍵をかけるの?」と同じリアクションでした。

ちょっと、待て待て待て待て!
お前ら一体何を言ってるんだ!!…と熱くなりましたが…

ちょっと…まずい(?)
統計的に約75%の人が鍵をかけていない…!!

これってすっかり“自宅で鍵をかける派”の私が“変な人“になってるじゃねぇか…

…と言うか、ここまで熱く書いてきましたが、ひょっとしてここを読んでるの大半に「この人一体トイレに鍵かけるなんて何言ってんの?」と思われている可能性がある…


俺がおかしいのか…??
俺が変わっているのか…??
俺の今までの人生37年間が間違っていたのか…??



ここに常識が…
人生観が覆れり…



一応、切り札として、
「アパートに一人暮らしだから鍵をかけない」
「自宅にトイレが2箇所あって、1箇所は自分しか使っていないから鍵をしない」
「子供(幼児)が入ってくるから鍵を開けている」

…の、理由が5票ほどあったので、それが無ければもうちょい“鍵かけ派“が増えていたかもしれませんが…


そして私は未だに自宅で鍵をかけないのが常識とは思っていないのですが…

ここで強く謳います。
皆さん、是非に自宅でも鍵をかけましょう!!

俺は間違ってないからな!
スポンサーサイト

Posted on 2013/01/28 Mon. 12:52 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 12

28

開け~、フタ!! 

正月休みに実家でちょっと変ったジャムを貰いました



jamu.jpg
<…怪しい…


我が家の朝食はもっぱら食パンなので、ジャムを色々試すのは密かな楽しみなのですが…

でもこれは何かちょっと勇気がいる…
ジェシカちゃんは喜んでいましたが…


…で、とある朝、「ジャムのフタが開かな~い」とジェシカちゃんがその瓶を持ってきました。
フタが固かったらしいですね。

仕方ねぇなぁ…これだから女子(おなご)は…などと思いつつ、私が開けようとすると…


…やっぱしビクともしない
もう一度、全身の力を込めてフタを回しますが、開かないばかりか首の辺りの筋がおかしくなってきてしまった。


…んで、断念。


人間なんて勝手なもので、たいして食いたくも無かったそのジャムですが、食えないとなると無性にその味が気になる…
フタが開かずに苦労するのは何年ぶりだろう? フツー、素直に開くだろうに…



その晩、ネットで調べた瓶のフタを開ける対処法を試して見ました。

方法①
 思いっきりフタを回す


これはもう試した。ダメでしたね

方法② 
フタの方をガッチリと握り、瓶を回す



何を訳わからんことを…と、思いましたが瓶の方を回したほうが掌の接着面積が広くなるので効率が良いのだとか。
で、実際に試してみましたが結果はダメでした。

方法③
 ゴム手袋をはめて回す。(輪ゴムでも可)


これは聞いたことがありますね。
要するに滑り止めですよね。気合入れて会社で貰った工業用ゴム手袋で回してみましたがビクともしねぇ…
ホントこれ開くのか??

方法④
 瓶の裏を掌で叩く。10回ほど叩いて「ポン」と音がしたら成功。


それを信じてやってみましたが、全然変化ねぇぞ。一体何の根拠で…


方法⑤
 瓶(フタ周辺)に熱を加える。


熱湯に浸けると良いそうです。これまた意味不明に思えましたが、ガラス(瓶)と鉄(フタ)での熱による膨張率の違いを利用した手段のようです。
確かにこれは理に適っているかもしれない…と試したけど、やっぱしビクともしねぇ…
ひょっとして溶接されてんのかな…


ジェシカちゃんは「あたし今度開ける器具買ってくるよ」などと言っていましたが…
冗談じゃねぇ、ジャムを開けるために¥2,000円もする器具買ってたまるか(←ネットで調べたんで)

そして、そんな呑気なことを言っている場合か。
賞味期限は3月12日なのだ。(…結構あるか





ちょっと思い立って翌日会社にその瓶を持っていきました。

仕事中、向かいのデスクに座る後輩K君に聞いてみます

「ねぇK君、握力自信ある?」
言葉で返さずに無言で頷くK君が頼もしい。それは“体で証明してみせる”と言う自信の表れなのか。


バックからジャムを出すと状況を理解した様子。

K君が渾身の力を込めますが…
…やはり回らない。

ゴム手袋や軍手を使ったりしましたが、やはり結果は同じ。
しばらくすると私と同じく首の筋がおかしくなってしまった様子。

ええ歳こいたオッサンが二人がかりでもダメです。



くそっ…なんて難儀なジャムなんだ…!!
俺達にこれを食わす気はあるのか…??!
そもそも製品として確立されてないじゃないか…!

そして…これを閉めたジャム屋のオバちゃん…なんて握力してんだ…(オバちゃんかは不明)



会社の昼休み、作業場に行きました。これが本当の目的でした。
そして最後の手段でもあります。


ここに来るのは久しぶりです。

万力にジャム瓶を設置します。

作業台


話はそれますが、以前もトレランストック(SHINANOのポールです)の手入れを怠っていたら、関節部分が全然抜けなくなってしまい、ここで修繕作業をしたことがあるんです。


関節、接続部分にクレ550を噴霧したら、アッサリと抜け…

そしてその後も潤滑剤の影響なのか、今までいちいち関節部分を抜き差しして組み立てていたストックが、紐を引っ張ればくっ付くし、話せばバラける…とワンタッチで出来るようになりました。

本当に楽になったんで、なんでもっと早くやらなかったのかと後悔したほどです。
分解型のストックで難儀している方は是非に潤滑剤を噴霧してみて下さい



話はもどってストックより難敵なジャム瓶。

そのフタを開けるべくレンチを持ち出します。

レンチ
<覚悟の図>


正式な工具名は知りませんがナントカレンチって、多分大型車とかに使う工具だと思います。
我ながらその重たくて冷たい工具を持ってユラ~リと立ち上がる瞬間…!!

ちょっとホラー映画とかで、化け物に立ち向かう主人公の姿を思い浮かべましたね



…で、気合入れてレンチを回す…!!

…と、最終兵器はアッサリとツルツルの瓶に空回りしてしまって玉砕
くそっ…!俺は何しに来たんだ・・・


…。



ふと、思い立って、今度はフタの方を万力に固定しました。

“瓶の方が設置面積が広い”-これです。
それで手で直に回してみます。


すると…あっ…あっ…動いた…!!


ついにフタがゆるみました。
良かった…達成感。

フタは傷だらけになってしまいましたが、妻は許してくれるでしょう。
グッジョブです



万力から取り外し、ジャムの臭いを嗅ぐと…

「…てはっ!」

…つい、そんな声が漏れてしまう、想像通りの臭いでした。

…で、どんな味かってのは、やっぱしイザ蓋が開いてしまうとどうでも良くなってしまって、まだ試してないんですよねぇ~

Posted on 2013/01/26 Sat. 12:55 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 2

26

RUN HAPPY!! 

最近全然走ってない割に…ですが、トレマンショップにゴアテックスのシューズを買いに行きました

ブルックス・アドレナリン。
冷え性の私にしてみれば是非とも欲しかった一品です。

セール期間中とのことでしたが、なんか異様に安かったような…??



ブルックス、良いですよね。
ブルックスのシューズの一番の魅力は履き心地と言うか、ふんわりと包まれるようなあの感触だと思います。

ズボラの私としては、最近はもっぱら山でもロードでもカスケディア1足で済ませているのですが…


さておき、買ってきたブルックスの箱が素晴らしかったんです。
同じようにブルックスのシューズを買った方々なら見てるかな?


表箱
<これ>

ブルックス社では“RUN HAPPY”なる企画を開催中で…詳細は全然読んでないのですが、ともかく、この箱から”走ることで楽しくなれる”・”楽しく走る”ってコンセプトが滲み出してくるように思えたんです。


…って言うか、要するに単純に絵が面白い


ここに写った選手達、誰もが楽しそうですが…

…中でも気になったのはこの人。

ロッカー
<ロックンローラー?>


他にもよ~く視ると、ゼッケンにdnaと書かれた選手もいますね。
これってブルックスの専売特許(?)ですよね。

DNA.jpg



箱の側面を見たら、これまた色々不思議な人々が描かれています。


右側面<ついでに箱の向こう側に不思議な小娘も写ってますが…>


アップするとこう。

側面アップ

首に何か巻いた人はなんなんだろう??

他にもアヒルだのなんだの走ってますが…


おっ・・・宇宙人が居ますね…

そのせいかどうかわかりませんが、宇宙服の人もいます…


てっきり箱の反対側も同じ絵柄かと思っってたらこれまた凄い

左側面7


逆立ちで走る人…もやり過ぎと思いますが、

トカゲ…??やら宇宙人やらロボットやら…

あれ?これって仮設トイレ…??


もしや、と思って底面を見ると、やっぱしここにもイラストがありましたね。


底面



足跡系が多いですが…
気になるのは“RUN”が1個“RON”になっている…のは遊び心でしょうか…


イラストレーターさんに乾杯(完敗)です
これって外国のイラストレーターさんの仕事なのでしょうか??

とにかく心が暖まるような楽しい絵柄ですよね


…最近、「膝が痛ぇ」とか言ってなかなか走れ無いことにイラついたり、或いは変に追い込むような厳しさを求めがちな私でしたが…


このイラストが原点である、”楽しいから走る”とか”楽しむ為に走る”ってことを、もう一度思い出させてくれるようでした

Posted on 2013/01/22 Tue. 12:47 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 2

22

迷惑メールへの対応 

妻が最近迷惑メールに悩まされているようです。
聞いてゾクっとしました



…未だにあるんですね、携帯電話の迷惑メールって。

内容はどんなんだったのだろう??”出会い系”みたいなのへの勧誘のメールかな?


私も10年くらい前に悩まされた経験があります。

最初は「悪質なメールが着たなぁ~」で済ましていたのですが、徐々に送られてくる件数が増えて、最後には10分おきくらいに送られてくるようになってしまいました


当時の私は事務職にも関わらず個人携帯の番号が社内に公表されてしまった直後で… 結果、緊急系の電話ばかり携帯にかかってくるようになってしまった。
胸のポケットに入れた携帯が振るえる度に私の方まで震えたものです。


一体誰がどこからどうやって我々のアドレスを知り、そして送ってきているのやら。
なんやら対処法も色々あるらしいのですが、効果としてはどうなんでしょう?
ま、私の場合はアドレスを変えたらパタリと止んだんですが


…そんな苦い経験があるから妻のことも心配になりました。
ドメイン指定だのなんだのやっても効果は薄く、早めにアドレスを変更することを促していましたが…

妻の方は結構呑気で「また着た~」と、ほけっとしながら眺めている様子。
一日あたりの件数が激増している様子も無かったので私もちょっと安心してきたりして。


と言うのも、ジェシカちゃんの申告が確かならば結構人間味のある迷惑メールなんです

12月半ばくらいから始まった迷惑メールなのですが、正月の間は送信がピタリと止みました

「迷惑メールの業者も正月休みなのかなぁ~」と発した妻に、内心「アホか」と思いましたが、平日でも夜12時を過ぎるとパタリと着信が無くなるそうです

「やっぱり定時で皆(迷惑業者)帰っちゃったのかなぁ~」なんてことを言う妻に「この人、迷惑メールなくって淋しいのかな?」と思ってしまいましたが・・・

…私の場合には徹夜で送られてきたんで、それに比べると良心的な迷惑メール業者ですよね。(なんじゃそりゃ)



そんな2,3日前のこと。
「迷惑メール来なくなったよ!」とジェシカちゃん。
やっぱりちょっと嬉しそう。
「私が勝ったってことかな!」と訳のわからんことも言ってましたが…


なんかその呑気な妻を見ていると、確かにその無欲さと呑気さが迷惑業者に勝利したような気がしないでもない…


良く頑張ったね、ジェシカちゃん。

きっと迷惑メール業者も貴方本人を見たら、もう勧誘を止めると思うよ。
何故なら勧誘への応え方も知らないだろうからな。

…そう言おうとして止めました

Posted on 2013/01/17 Thu. 12:48 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 0

17

ジーパン哲学 

久しぶりに洋服の買い物に出かけました。


私の場合、30歳を過ぎた頃から“オシャレ“などと言うことに全く気を遣わなくなってしまいました。
ヘアセットとかもしなくなったばかりか、寝癖も直さなくなってしまった。(クシも持ってません)

だから洋服にも無頓着で、この5年間くらいで衣服を買いに行ったトコったらトレマンショップとワークマン以外に覚えがないくらいです。


そんな中…一張羅のジーパンに穴が開きました

…気に入ってたのですが、もう色落ちしすぎてブルージーンズがホワイトジーンズになっちゃってるくらいのジーパンでした
確か社会人になった年に買ったんでもうかれこれ15年以上になります。


私はもう一本同じようなジーパンを持っていたはずなのですが、いつの間にか紛失(?)してしまい…

「一体どこにいったんだろう??」と思ってたらこの前の正月実家に帰った時に「しれっ」とウチの親父がそのジーパンを履いてたんで驚いたっけ。

それを「農作業に使ってる」って言ってたのもショックだったたけど、裾上げしないでもサイズがそのまま合ってしまっていたのが結構ショックで「それ、俺のじゃねぇか!返せよ」と最後までツッコめずに帰ってきてしまった

…で、「流石にみっともない」と妻にも促され、新しいジーパンを買いに行ってきたのですよ。
わざわざ軽井沢まで

karuizawa.jpg<プラチナバーゲン中>


ジーパンを買うのは久しぶりです。
相場もわかりません。

アウトレットとは言えども軽井沢までの交通費を換算すれば地元で買った方が安いんじゃね?ってのは後回し(?)です


ちなみにイマドキの若者は“ジーパン“のことを”デニム“と呼ぶそうですね。
そして“ズボン“のことは”パンツ“と呼ぶのだとか。

“じゃあお前らはパンツの上にパンツを履いてるのか“と言いたくなりますが、そんなことを言い出す時点で私はもはやオッサンなんでしょうな


さておき、軽井沢、アウトレットのEDWINに入ります。
その穴の開いたジーパンがLeeだったんで。(EDWINとLeeって同じ会社なんですよね?え?違う?)


これまた毎回思うんですが、そもそも軽井沢って安いんですか??
“特価セールス品“とか書かれて¥2,000円とかで売られてるズボンってみんな訳わからんズボンばっかしだったぞ?
そして“特価!50%オフ!!”とか書かれてる服は、そりゃ凄いバーゲンなのかもしれんけど、元々40,000円のジャケットが50%オフでもやっぱし手が出ないものは出ないんです…

…で、EDWIN。
案外色が合うものが無くって断念します。

「オシャレに興味が無い」などと言っておきながら変なこだわりのある私です。
色合いもそうなんですが、なんか生地が…こう…縦糸と横糸の使い方が…もっと…
(破れたジーパン履いてる割に…)


…で、同じアウトレット内のLevi'sに移動します。

ここは良かった。ホント色合いが私好みなんですよね。(センス無いくせに)
で、早速試着してみます…


…が、これがマズかった。
久しぶりにジーパンの難しさ(?)を思いしらされましたね。

どれも股上が狭いんです
頑張って履いてもベルトの部分が骨盤あたりまでしか来ない。

なんか股上が浅いと落ち着かないんですよね。
キン○マも互いに離れ離れになる感覚です。

最近はこんなモデルが多いそうなのですがそうなんですか?
なんでわざわざこんな造りにするんだろ?
アメリカの人は皆、胴が短いから良いのかな??
そして今の若者は皆同じく「キン○マ落ち着かねぇなぁ~」と思いながら我慢してジーパン履いてるんでしょうか?


何度か試着してるうちに徐々に機嫌が悪くなってきた私を察したのか店員さんが「これなら大丈夫です」と持ってきたのがMADE in JAPANのLevi'sジーパン。
なるほど、日本人が日本人体形に作ったもんなのか…と思いつつ値札を見ると¥12,000と書いてあったんで、それは試着もせずに反してしまいました。(え?これって安い方?)


他の店でもカッコ良いジーパンがあったのですが、値札が¥30,000とか書いてあるんですよね。
これって相場なんでしょうか?

もっとも、そこから40%オフとかになるんですが…
私なら¥30,000払ってジーパン履くんなら迷わずフルチンを選びますね。

全く舐めてやがるぜアウトレット



…考え直して(?)もう一度EDWINに戻ります。


聞いたことがあります。
EDWINは大阪の業者なんで、日本人の体形に合わせたズボンを作ってるらしいのです。
さっきは気に入ったデザインが無かったけど、ちゃんと探せば良いのがあるさ…

…と、じっくり選んだジーパン。
試着すると…さっき不快に感じた股上が全然問題ない。

なんか…故郷(ただいま)って感じです

…が、良くみたら腿の辺りに穴が開いてるじゃねぇか


これが噂のダメージジーパンってやつか…
なんで穴あけてんだよ、余計なお世話だよ

っつうか、なんで金出して痛んだズボン買わにゃあかんねん。
腹が立って購入は止めました。

…やっぱり…俺は今のズボンで十分だ…


と試着室を去ろうとした刹那、ジェシカちゃんが「これが良いと思う」と、別のジーパンを持ってきました。
…って言うか、勝手にドア開けるなよ

試しに履いてみると色合い、サイズ、そしてキンタマの位置も申し分ありません。
俺の思惑を察してくれたのか…??流石は妻です。

それを購入し…(¥7,000円弱です)

高い買い物だったけど…ちょっとだけ気分を良くして軽井沢を後にしました。


数年ぶりの買い物、実に大変だった。

帰りがけに見える浅間山からの稜線がとても綺麗です。
それを観ると尚更達成感に溢れますね。


asamayamaroad.jpg
<撮影、助手席のジェシカちゃん>

カメラには収められなかったのですが、浅間サンラインを軽井沢側から帰る時に見える稜線は素晴らしいですね。
緩やかなラインから猛々しい浅間山に伸びる曲線

ちょっとセンチメンタルな気分に浸ってしまいました―



…ところで、我が家は先月から“お小遣い制”が施行されています
当たり前っちゃあ当たり前ですが…ズボンは私のお小遣いで賄うんですね…

…それよか、軽井沢までの燃料費も私のお小遣いで賄うってのはちょっと納得出来ない…


いやいや、それよかそれよか、ジェシカちゃんがセーターか何か買ってたぞ!?それはお前のお小遣いで買ったのか??
お前はここに一人で来れるのか??

…などとささやかに疑念も残る軽井沢でのショッピングでした

Posted on 2013/01/14 Mon. 18:53 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 0

14

幸せ太り? 

最近、妻が太っ…
あ、いや、ぽっちゃりしてきた気がします

本人も自覚しているようですが、数値の上では以前と変わりないそうで…逆にそれが怖いように思います


私は以前から「痩せた人に魅力を感じない」とか「痩せるために食事を制限する人には抵抗がある」とか言ってたクチですが、いざ自分の妻の顔が変形(いや、ちょっとね。ほんのちょっと)してくるとなんだか寂しい気がしますね。

毎晩食後に「そうだ、お菓子食べなきゃ」とか「アイス食べなきゃ」とか言いつつ(←なんで“なきゃ”なの??)キッチンに向かい…気が付けばコタツで転寝している妻に…ま、仕方ないかな…なんて思ったりもしますが…

そして最近じゃ割と私も同じ行為に及んでいる訳ですが…


今朝、『めざましテレビ』を観てた時(←エクササイズのコーナーがあった)に妻が「やっぱり痩せる為にはジムに通わなきゃダメだと思う」と言ってたので内心「なんのことかな…??」と思ったり、「ダイエットが続かない奴はジム通いも続かないよ」などと思ってたのですが…


…今更思い出しました。

妻は結婚する前はジムに通ってたのでした
言ってみりゃ、私が辞めさせてしまったようなもんですよね。


ちなみに昨年の今頃は結構職場が暇なこともあって、私同様にジェシカちゃんも相当量走り込んでいたようです。

彼女は普段から決して日頃の運動量とか走行距離を教えてくれないのですが(ちなみに自分のブログの存在さえも…)、「ねぇ、今月何km走ったの?」と聞いたときに「よん…あ、いえ、内緒ですぅ~」と言われたのが強烈に印象に残っています。

よん…この小娘、とうとう400kmの大台に載ったか!?と思いましたね



ま…それが…

結婚すると…仕事(?)が増えますもんね

何せ我々は二人とも要領が悪い上に、妙なこだわりみたいなもんがあるんで…
もっと互いに協力したり合間合間に何か出来ればいいのですが…


私生活でも、
食事を作るのは妻の役目、とか
食器を洗うのは亭主の役目、とか
風呂を洗うのは亭主の役目、とか
風呂は寝る寸前に入りたい、とか
風呂が凍結するので、沸かす寸前にしか洗えない、とか
布団を敷くのも亭主の役目、とか

「オマケに布団は風呂上りの綺麗な体でしか敷きたくない」なんて私の訳わからんこだわりや束縛あって、そこにランニングとかも絡むと我が家の家事はホントてんやわんやなんですよね
就寝時刻が遅くなるのも仕方ない。

“結婚すると太る“ってのが定番ですが、仕方ないって言うかなんか・・・


今朝も「そう言えば二人でゆっくりテレビを観たことって無いよね」なんて寂しい会話が出ちゃいましたが、世の中の夫婦、どこもそうなんでしょうか。

妻に関しては私より2時間くらい早起きして家事をやってくれてるのです。
だから晩飯の後に眠たくなってしまうのも当然ですよね


ま…なんだか主旨が外れてしまいましたが…

何気ない日常に感謝です。
そして、この日常を支えてくれている妻に感謝ですね

Posted on 2013/01/08 Tue. 12:51 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 2

08

千曲・坂城トレマンプチレース 

久しぶりにトレマンプチレース、“千曲坂城トレイルマウンテン“に参加してきました


私は一昨年にも一度参加しており、その魅力的なコース(いや、展望がね)は知っています。
だから今回も是非とも参加したかったのです。

…が、年始早々膝を痛めており…

痛くて全然走れねぇ…
庇って走ると案外もっと痛ぇ…
左ひざを庇って走ってたら序盤で右足だけパンパン。

普段なら嬉々として下るトレイルも涙が出そうな状態。

「くそっ…いつもなら…」と、心のどこかで毒づきながらのレースでした。


とか言って膝のせいにしてるけど、終盤はフツーに体力がもたなかったような…
運良く終盤で合流できたヒラさん(←コースミスしていた為)にも結局おいてかれてしまった…

そして最後の最後で今度は自分がコースミス。
全くどうしたもんだか


それでも頑張った反動か、途中で現れる景観は素晴らしかったですね。

私にはこれが店長からの贈り物に思えて仕方ありませんでした。

途中の景観
<今年のお年玉>



カンチガイ
<鏡台山、山頂にて>

五里が峰
<こっちは五里ヶ峰>

時折、遭遇できたshimoさん(←アキレス腱故障中)が優しく説明してくれたせいか、ウチの天然小娘ジェシカちゃんが、「shimoさんは私のこと気遣って時々待っててくれたんだと思う」とか言ってましたが、そりゃエライ勘違いだと思うが…って言うか、どれだけ自惚れやねん…

いやいや、それよか故障中のshimoさんに全然追いつけない我々は全く何様やねん…



ゴール後に話題に出ててちょっと気になったのが…

そう、すっかり忘れ気味でしたが、もう野辺山のエントリー始まってるんですよね。
…って言うか、アーリーエントリーは締切じゃなかったか?

“忘れてた“と言うか、我が家も”お小遣い制“が導入されてしまい、軽率にエントリー出来ない。
あの参加費用は経費で落ちるのか??

なんつって躊躇してると、このまま忘れそうだな…
そういや、長野マラソンまでもさほど日が無いんですよね。

今度の長野マラソンこそは3時間15分は切りたいのですが…

今のまんまだと絶望的ですな
とりあえず毎晩の酒の量を減らすか。

…などと言ってみたものの、決して実行には移さないのが私の良いところだと思っています

Posted on 2013/01/07 Mon. 12:42 [edit]

category: トレマン流

TB: 0    CM: 0

07

私のお正月 

皆様明けましておめでとうございます

結婚して初の正月を迎えました。
皆様においては楽しく有意義なお正月を過ごされたことと思います。
私ももっと内容の濃い休みを過ごしたかったのですが、ゴロゴロと寝正月になってしもた…


ちなみに私の新年1月1日

前の晩からジェシカ家に泊まり込んでいたのですが、“シャン”としたくって元旦マラソンに参加。

連日の酒が抜けていなかったのか、寝坊してスタート5分前に会場到着。
しかも3分前に猛烈なウ○コ。
快く対応して下さった係員の皆様、有難うございます。(いや、ウン○じゃなくって受付をね)


年末から深刻に膝が痛み出しているのですが、3㎞ちょいの距離を20分ほどかけて完走。
タイム云々や内容よりも皆さんに会えたことが一番嬉しかったし、元旦から走れたことが新鮮でした。(カメラ持ってこれば良かった)

でも中でもやはり一番印象に残っていたのは全力疾走したと思われ、汗ダクになっていたホッケさんでしょうか。
やはり凄い人は元旦から凄い


その後はジェシカ家に戻らねばならなかったのですが、あまりに天気が良かったのでそのまま髻山を登ります。
新年から同じく頂上を目指す家族も多く、やはり新鮮でしたね。


頂上で景色を眺めていると突然隣のジェシカちゃんが「ブゥ~~~~!!」と謎の呼吸を始めました。
何があったと、思ったら”ロングブレスダイエット”ってやつらしいですね。

それはいいんだけど、毎回突然何かするのは止めて欲しい…

・・・って言うか、このタイミングでやることじゃないと思うが・・・

髻頂上<どうかしちゃったかと思った…



2日はまたもゴロゴロしてもうた。
ジェシカ家からM浦家(実家)に行ったりして、また飲んだくれ

日頃フラフープみたいになってる私の指輪がボンレスハムみたいになってきたので、ちょっと危機を感じましたね…


…で、3日は諏訪まで出かけました
長野市内だと天候が芳しくないと予想され、走りやすい諏訪湖沿線を走ろうって魂胆です。


ハワイ以降の暴飲暴食で徐々にアゴが無くなってきたジェシカちゃんもノリノリです。
走り始めこそ吹雪いてましたが、徐々に回復してきて嬉しくなりましたね。

suwako.jpg
<またも突如諏訪湖に向かいロングブレスダイエットを始めた妻>


走ってたらミスターパワースポーツ、ヒラケン選手とすれ違いました
うぉっ!?と驚きつつ挨拶をかましてしまいましたが…
そして変に驚く私を「アンタ誰や?」と思ったことと思いますが…


…私は諏訪方面を訪れるのは年に3回ほどですが、この一年くらいで既に2度遭遇しています。(前回は霧ヶ峰周辺)
あの方はよっぽど一日中あらゆる場所を走り回っているのか、よほど私と縁があるのか…
いずれにしても恐ろしい御仁ですね。


…諏訪湖を一周すると16㎞だそうですね。
これを2周して本日のランニングは終了です。

終盤、これまた無言の無表情でペースアップする妻が恐ろしい…
お陰様で深刻に膝を壊してしまった…



ランニングの後はこれまた昨年に引き続き、諏訪大社でお参りです。
実は私、生まれは諏訪だったりします。

ここで昨年同様、お守り(“勝守“)を購入しました。
それを愛用のキリアンザックに結んどくのも毎年恒例。  

諏訪のランナーBoneさんによると、以前全諏訪駅伝の選手陣もここで参拝され、お守りを購入されたのだとか。何か頼もしいものを感じますね


ここを訪れた目的のもう一つなのですが…

ジェシカちゃんの厄払いってのを行いました。
女性って30歳くらいからほぼ毎年(??)厄年なんですってね。

以前から歳の差を感じていた我妻ですが、とうとう30歳。
んで厄払いです。
私も同席させて貰ったのですが、全然経験の無いことだったのでこれまた新鮮でしたね。

yakuyoke.jpg
<確かに厄が憑いてそうな背中>


ジェシカちゃんは厄除けの証として(?)お土産のようなものを諏訪大社から頂いたようでした。中身は何だったのかな…??

ちなみに私が結婚式を挙げた戸隠神社からも、当日お神酒と杯を頂いたのですが、その由緒正しい杯は我が家で餃子の醤油皿に使われているのですが…
怒られるかな?


4日、正月休み最終日、信州新町にあるジェシカ家祖先のお墓詣りに行きました。

hakamairi.jpg

これまた私は全然墓参りの記憶とか経験が無く、全く勝手がわかりません。
実のところ私はM浦家代々のお墓がどこにあるのかさえも把握してないのです

お墓参りって一般的にどのタイミングでやるんでしょうね?
ま、気持ちの問題(?)でしょうが…正月にもやるのかな??


いずれにしても誰が入ってるのかわからないお墓のお墓詣りって何か実感が湧きませんでした。

ちなみにこのお墓に入っている方(方々??)の顔をジェシカちゃんさえも知りません。
ですがジェシカちゃんは結構それを重要視しており、“時間さえあればやるべきことだ。大事なことだ“と言っていましたね

その感覚が私にも生じる日がくるのでしょうかね…??
そして、もしかしたら…多分、いつか私もここに入ることになるのかな…??


墓石の周りを雑巾で拭いて、お浄めの水(?)を上からかけて(即効凍りつきました)、線香を上げて…線香を上げて…
その場を後にしました。




その後はこれまた毎年恒例、上田太郎山を登りました。
もう3年ほど同じ時期に二人で訪れています。ここに来ると新年が始まるって気がする。

車が停められなかった為に裏登山道の駐車場、しかも結構下の第二駐車場(仮)に停めての登山でしたが…

登山道としては表登山道の方が魅力的かもしれませんがね、駐車場脇を流れる沢、なんとも良い眺めです。

tarousawa.jpg
<川の淵も凍っていますが>


ツルツルの裏登山道を更に膝を痛めながら登り、またも厄除けのミニ鳥居をくぐる厄年の小娘…
taroubuta.jpg
<ちょっとブタっぽい>


下山することにはスッカリ、新年モード(?)になっていましたね。

さ、我が社は土曜日から仕事始めとなっています。
本格的に新年が始まりますね。


色々ご迷惑もおかけするところと思いますが、今年も我々夫婦をよろしくお願いします。

太郎頂上



あ、ホノルルの写真が出来てきたんで手前味噌ですが何枚か…

ホノルル途中

ホノルルゴール前

ホノルルゴール後

<宜しくお願い致しま~す>

Posted on 2013/01/05 Sat. 12:48 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 0

05