03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

え!?なんか今ちょっと揺れてない?

何をやってもドジでノロマで亀みたいな私が、主に酔った時になんとなく更新するブログです。

私の長野マラソン~’2017 

今年も長野マラソンに参加してきました



スタートラインに立ってみて、整列してみて…


よくもまぁ一体どのツラ下げて…と恥ずかしくなるような思いがあった。

これまで全然走っておらず、自堕落的な生活を送っていた。

おまけに先月のスカイパークナントカハーフマラソン以来、シンスプリントが酷くてロクに走ることが出来なくなっていた。



RUD.jpg
<残酷なラップ表>


数字で観ると残酷なもので、面白いように30㎞から失速してしまいましたが…

ただ、私生活でも色々と制限めいたものがある中で、大きな成果もあったように思う長野マラソンとなりました。




7時過ぎに会場入りしましたが、左脚が痛くてアップも出来ねぇ…

左脚のサポーターは2重にしてきたのですが、どれほど効果があったものか。


「整列して下さい」のアナウンスが流れた頃、ようやく身体が練れてきて、少しだけスピードを上げて走ってみる。


ピュアコネクト。

抜群の反発力と推進力。
この感触がつかめればアップは十分です。


私は制限された日々の中で少しでも効率を上げることを考えていました。
つまり推進力・フォームの改善。


考えてもよくわかんないけど、“前傾”と“腰の位置を高く据える”ことで一定の効果がある。

…らしい。



ハチマキさんやブブタン氏と共に整列し、談笑しつつスタート


「おぉ…痛ぇ…」
足も着けないくらいの左足に思わず歯を食いしばる…

「20分我慢すれば痛みは消える」
…そう信じて走ります。


今回の作戦は…キロ4分40秒で30km地点まで押す。
残り10㎞でチャンスが見えたらそっから上げる。

ダメなら笑って誤魔化す。
それまで決してペースを上げない。


実際、今回の長野マラソンはひたすら淡々と時計と睨めっこしながらイーブンペースを貫きました。


…本当ならMウェーブ周辺で擦れ違う皆さんに心を奮わせながら愚かなペースアップするのが自分の醍醐味だったのですが。

周りも全く気にせず粛々と作業をこなして問題の30㎞辺りで異変。



…なんだこの気怠さは…??

熱中症でしょうか?

そんな脚にきてないのにもう走れない。
いや、やはり日頃の鍛錬不足なのか?


こっから普通のジョギングペースです。
…と言うか、もう歩いてる感じ。

どうしちまった…具合悪い…もたねぇ…


岩野橋手前で水をドシャ被りしたら若干回復。
ここで店長秘伝のナントカサプリ(イチゴ味)を投入。信じていれば必ず勝機が見える。

消防学校手前で妻とご両親が応援に来てくれていたようですが、もう意識がほとんど無くって認識できない。



…我に還ったのは消防学校前の給水所。

遠くに調子が悪そうなハチマキさんが見えて、断末魔のようにその名前を叫んでしまった。
近くにTakoさんも発見。


時折朝ランで御一緒させてもらってることもあって、毎年ながら私は勝手にハチマキさんに運命共同体的なものを感じています。


「この人、俺をここで待っていてくれたんじゃないのか?」と確信しました。(←両脚攣ってたらしい)


ハチマキさんには何度か諭されたことがあります。

「M浦さんはいつも俺の後ろから付いてくるけど、男なら前の人に引っ張って貰うような走りをするんじゃねぇ。自分から引っ張るような走りをするんだ」


…今がその時なんじゃないのか?それを実践する時なんじゃないのか?

もう一度 水を被ったら不思議と声が出ました。
「さぁ、行きましょう!」



ファンランならファンランのスタンスでもいい。

でもタイムを狙うんなら環境を言い訳するんじゃねぇ。
そんなもの、やる気があるんなら睡眠時間削ったってやれるはずだ。

同じくハチマキさんに諭された言葉です。

それをぼんやりと思い返しながら走ります。



…赤坂橋を越えた辺りで不意にスイッチが入った。

さっきのストロベリージェルが効いてきたのか。
キロ5分を僅かに切るくらいですが、先ほどと比べると格段にペースが上がっている。


とは言え、それまでのフォームも維持できず いつもの“M浦フォーム”です。
そうなるとピュアコネクトも跳ねてくれない。


ビクトリーロードに躍り出ます。
ハチマキさんは背後に着いてきているか。

振り返る余裕はありません。



もうちょい…
唸れ、ピュアコネクト。


スタジアム内に入り、僅かにスパートしてゴール

毎年ながら体調の悪さに倒れ込みますが、脚は元気なのが情けない…

終わってみれば「最初っからキロ4:50で入りゃ良かった」とも思いましたが、今回もしそうしてたらもっと悪い結果になってた気もする。



その後、しばし皆さんの帰還を見届け…

「早く帰ってきなさい」とメールくれた妻の元へ、会場から500mの自宅に歩いて帰宅


妻と子供たちが手前まで出迎えてくれたのは嬉しかったが、待たせた割に昼飯がカップラーメンだったのはちょいショックだったなぁ…



…自宅の真ん前には公園があり、そこの桜の花が満開となっていました。

毎年、長野マラソンを終えて、妻とどこかに桜を眺めに行くのがちょっとした楽しみとなっていますが、今年は家族でそれを眺められたのがなんとなく嬉しくなりました。

DSC_0175.jpg
スポンサーサイト

Posted on 2017/04/22 Sat. 17:16 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 2

22

ファイナルサンクション~忘年走'2016 

怖ろしい…



「怖い」などと言うものでは無い。
あれは恐怖そのものだ。



…今年も参加してきました、忘年走!

筆頭鬼頭のお誘いのもと、メチャクチャなコースをメチャクチャなペースで走るその5時間、53km!


この一年の罪と罰が…!
この一年の奮闘と蓄積が一斉にふるいにかけられる。


それにかからなかったものは地獄に落ちるしかない

…そんな心境に成らざるを得ない忘年走。


毎年ながらこれに参加するとこの一年の記憶や思い出など一瞬にして吹き飛ぶ…!!
そんな忘年走に今年も参加して参りました。



集まった面々…!!

IMG_9520.jpg

いずれも人智を超えた獣の域…!
まさに鬼。


およそ赤い血は流れていない。
そうとしか形容のしようの無い面々。


例えば戦場でも命乞いをすれば、命だけは助かるやもしれぬが…この面々の前では喰われるしか無い。
そんな集まったメンバーは…

…ぐぇっ…思い出すだけで吐き気が…



コース序盤は小布施ハイウェイから中野方面に行きます。
アップダウンが多いものの、まだ㌔6分を割るほどの人の心の残ったペースで推移します。

10㎞ほど進んで牟礼駅周辺を走ります。
内心、ここに残雪が無かったら勝機が見えると思っていたが容赦無しに残雪が脚を絡め取ります。

30㎞弱。

ここで長野市、善光寺に到着。
ペースはキロ5分ちょい。
参加メンバーは各々拝礼しますが、もう私なんて「どうか命だけは助けて下さい」と祈ることしか出来ねぇ。


35㎞前後。
長野、長野マラソンコースの中御所付近を推移しますが、この辺りからメンバーが誰と言わすペースを上げ始めます。

時計を見るとキロ4分20秒。
私の維持出来るギリギリのペースです。


このまま屋島、河川敷コースに躍り出るのですが…
そして、毎年この一瞬の隙も許されない立ち合いの瞬間が全身の毛孔が開くような緊張する瞬間であり、エクスタシーな瞬間でもあるのですが…

今年はそれより先に意識が飛んでしまった…

全然皆さんに着いていけず…未だにホンモノか幻覚かわからないのですが、兄かマッチ―先生と思しき人とすれ違ったような…



Mウェーブに到着して43km。

ラスト、小布施ハイウェイオアシスを身体の何処かに残った残りカスみたいな体力でどうにか走り切るのも例年のこと。

だが今年は鍛え方が全然足りなかった。


走っていて画像が…

意識が飛ぶ。
真の前の景色が見えない。

一瞬でも気を抜くと白目をむいてしまう。


こんな時にはどうすれば…?


知ってる。


まず左足を前に踏み出して…
次に右足を踏み出す。


後はその繰り返しだ。


ハイウェイオアシスを示す標識看板。

知ってる。
あと2㎞と書かれているはずだ。


あと2㎞。
あと2㎞走れば今年が終わる。


そんな気分で走り切った「忘年走」


走り切って…


崩れ落ちる。
崩れ落ちて…毎年ながら“忘年“し…

躰で翌年を感じる…


そのひととき。

私のようなエセランナーが参加させて頂いている意味を見出す瞬間です。



やっと年が越せる…


お誘い頂いた「これをやらないと無事に年越し出来る気がしませんね」の言葉とは裏腹に毎年、無傷で年越ししたことなんて無いのですが…

毎年この死線ギリギリで生きてる感覚が私を支えてる(?)ような奇妙な感覚になります。

忘年走終盤は向かい風のせいか、疲労のせいか、涙が滲んでしまったのですが…

帰宅してから「何言ってんの!?好き勝手してきたんだから掃除頑張るのは当たり前でしょう!?」と怒鳴る妻に更に涙しましたが…


この瞬間は何事にも代えがたい瞬間ですね。

…って、この文章、酔っ払って書いてるんであまりまとまりがありませんが…

そしてこの数時間後には新年、元旦マラソンですが…


皆さん、今年も大変お世話になりました。

来年もよろしくお願いいたします

Posted on 2016/12/31 Sat. 21:00 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 0

31

それまでと違う動き~科野の国ラウンドトレイル 

科野の国ラウンドトレイルに参加してきました。

科野のくに


一年ぶりのトレイルの大会…そして今年最初で最後のトレイル…

昨年に比べて月間走行距離が半分にまで落ち込んだなけなしの脚力の総てをこれに懸ける。

…そんな気持ちで参加してきた地元のトレイル。



結果は3時間44分45秒。

372人中、72位と書いてあったから、今の脚力にしてはそんな悪くない結果かも。


しかし、脚は攣りまくり、ハンガーノックなのか貧血なのか、単に脚力不足なのか…
僅か25㎞を走りきれず…もしあと2kmゴールが離れていたらリタイヤしていたのではないか…??そんな結果となりました。

ま、自業自得だわな。トレイルはそんな甘くない


当日は一時間ほど前に会場入りしました。

珍しく入念にアップ。
…と言うか、トレラン自体一年ぶりなんで勘が戻らない。…ので、少しでも戻したくて。

背中には昨年の上越国際トレイルフェス以来一年ぶりに背負うキリアンザックと、足元にはこの一年で2回しか履いていないラプター。(←3年くらい前のモデル)


…しかし、いい天気のせいか、久しぶりのトレイルのせいか、異様にテンションが上がる。

なんだ…この高揚感は…??
無性にフルチンになりたい気分です。

会場でMCを務めるおーつかさんに…周りに人がいなかったらつい抱き着いてしまいそうな衝動に駆られます。


とは言えスタート数分前には妙に緊張しだして…久しぶりに会うG沢さんやたきヤングさん、M沢お父さんと談笑しつつかろうじて正気を保ちます。


9:30スタート!

スタートしちまえばこっちのもんよ!

なんだろう…この沸き上る悦び。
「最初は抑えろ」と言い聞かせていたのにもう止まりません。

私は一年ぶりの勘が冴えないトレイルに不安がありましたが、その一方で期待していたのはこの高揚感です。

今までの鬱憤を晴らすような、爆発しそうな高揚感。
それが己を動かす力となる。

苦手な石段も「ほほ~い」(ウラ声)と叫びつつ駆け上がります。
頭の中で映画デルタフォースのテーマソングが流れ出します。

やべぇ、興奮のあまり失禁しちまいそうだ!

いや、冷静になれ…抑えろ抑えろ…

いや、それよか…25kmのコースってどんなペースだったっけ?

上越国際ん時は後先考えずに走りっ放しじゃなかったか?


だったら考えてる暇はねぇ、とにかく走るしかねぇ。
…と、興奮気味にペースを上げます。


これが不味かった。
この半年くらい走ってないことを考えて無かった。
そしてこの一年、“山を走る“という行為が皆無だったことを考慮してなかった。


突如現れた急な下りで走りつつ脛の筋が攣ってしまいます。

激痛…!
くそ…こんなところに攣る筋肉なんであんのか…?

耐えろ…5秒耐えれば引っ込む!
実際、走ってたら攣りは引っ込んでしまった(?)のですが…


以前に聞いたことがある。
急な下りから登りに転じる時などの“それまでとは違う動き”があると攣りやすい、と。



しかし五里ヶ峰前にして既に脚が終わってしまった…
…と言うか、ロックが利かない。

いつもなら踵を付けて登ることを避けているのに最初から踏ん張りが利かない。


五里ヶ峰を下ったところでエイド。
もう意識が朦朧。景色は勿論、周囲が見えない。

スタッフの方々が「禁断の果実があるよ~」と大声を上げていたので、もしや?と思いつつ、置いてあった大粒のブドウを頬張ります。
頬張りつつ助けを求めるように「やまとうまさ~ん!」を叫びましたが…そこに当人が居たのかどうかすら朧げで…

そこから鏡台山に走りますが、もうほとんど記憶がありません。
“楽しいトレイルコース“だったように思いますが、もう体の踏ん張りが利かなくって、「作業をこなす」感覚です。

こっからが結構地獄だった。
鞍骨山手前でアブ蜂先生が居たのに声も出なかった。


そして、この辺りで完全に脚が止まってしまった。

立ってられない。

歩くことさえできない。
前にも何度かこんなことがあった。
全身の痺れと貧血。

ジェルは摂っていたが。

まずい…


後続の選手が何名か励ましの言葉をかけつつ追い抜いて行きます…

5分だけ休むか?
などと思慮しているうちに…ふいにスイッチが入りました。

なんだろう?
思い出したと言うか…不意に体がコースに馴染んで自然と動き出したのです。

以前ならいつもこう走っていたのだろう。

勿体ない。
最初からこうすりゃ良かった。


しかし終盤の急なガレ場。

ペースを上げた直後、プチ崖から右足から滑り落ちてしまった…その“それまでとは違う動き”…!!

今まで騙し騙しきた右足が唸るように攣ってしまい「うぎゃああ!」と絶叫してしまった…
狭い区間で移動することもコースを開けることも出来ず、後続の皆さんには謝るしかない…


…そこから無事に下山し…あとはラスト2kmのロード。

…が、長い。

スタート前はここで前方の選手をゴボウ抜きすることを想定していたのですが、全然そんな甘くねぇ。

キロ5分半を維持するのが精一杯。

ゴールはどこだ。
霞む。
見えない。

頭がフラつく。

集中。

回転。
体を回転させろ。その螺旋の動きを脚に伝えるのだ。

苦しい。
全身が攣りそうだ。

それでも前方の選手をパスしつつ…

声も出ないまま大塚さんとハイタッチし、ゴール!


もう…何も出ねぇ…
真っ白に…燃え尽きちまったぜ…

…などと考えながらゴールゲート脇に崩れ落ちる…その”それまでとは違う動き”…!

崩れ落ちたと思ったら全身が攣りまくって、芝生の上でのたうちまわりつつ絶叫してしまった。
腿の前とか脇腹とか…こんなとこに攣る筋肉あんのかな??

なんかの映画で観た「ゾンビウィルスに感染した人」を思い出してしまった。



…なんとか妻に迎えに来て貰って帰路に着きました。


…ハンガーノックなのか、単純な脚力不足なのか、あの止まったロスや終盤の停滞を考慮すればもう10分はタイムが短縮できる気がする。
逆に20分以上縮めるとなるとちょっと想像がつかないな。
全体のクオリティを2ランクは上げねば。

…などと反省したり来年の対策を考えている自分が居たり…

「また来年も出たいな」

そんな気持ちになるトレイルでした

Posted on 2016/11/19 Sat. 02:27 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 0

19

決戦に向けて 

当時、一体どういうつもりでエントリーしたんだか…


今週末は『科野の国ラウンドトレイル』に出場の予定ですが…
…全く準備してねぇ…心も体も装備も…
…って受付票すら書いてねぇ…


どうも自宅だと子供たちに時間を割かれてしまって…と言うのは言い訳にならないし、ロクに家事も育児もしてないし、昨年に比べて睡眠時間むしろ伸びてるくらいだけど…(だって…寝かしつけするとこっちが…



今月の走行距離、実に30㎞…どうしたM浦よ…


それでもコレにエントリーしたのは、一応“トレイルランナー”であることを自称してながら、何も出場しないまま一年を終えるのが寂しかったからです。

…っつうか、その前に、出場を狙ってた「とびっくランわかほ」が締め切られてたからなんだけど…


危なかった…
ハーフとか全然走り切れる気がしねぇ


…とか言って、トレイルは走りきれるのか?
トレイルランナーを自称…とか言って、この前 高妻山のトレマンツアーで「登山は一年ぶり」とか言ってなかったか?


いやいや…一応 週末は茶臼山走ったりもするし…
「あんなの丘だよな」と言ったこともあったけど、先週末はそんな丘でシッカリと筋肉痛になってしまった…

…まずいな。


…ま、今更ジタバタしても始まらない。
疲労も溜まってないけど疲労抜きするか。(あとカーボローディング)

さ…ザックどこにしまったっけな…

Posted on 2016/11/10 Thu. 12:52 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 0

10

優斗3歳になる…の巻(後編) 

(しがみついたまま降りてくれない優斗を肩車して後編)


私も一応、ランナーとしてのそこそこのプライドがあります。

最後尾を見送った後のスタートですが、みるみるうちに他のランナーを追い抜きます。

追い抜きます…が…1㎞地点手前で…もはやこれまで…


時計してないんでわかんないんですが、キロ8分くらいでしか走れません。

沿道から暖かい声援。
「おぉ~、僕ちゃんガンバレ!いやパパ頑張れ!」

いや嬉しいけどこんなはずでは…

前の晩と「とうしゃんと一緒に行く」って言ってたけど、まさかこれのことか?!


道路に映る影を見ると、肩の上の優斗が沿道に手を振っているのがわかります。

…この野郎…
誕生日だから特別だぞ!


しばらく走ってると「無理すんなよ!」の声援だけでなく「あんまり無理するとお子さんが首痛めるよ!」のお言葉を頂戴しました。
確かにそうだ。

「優斗、おんりするよ!」
「や~だ」
「首痛くない?」
「…」

…大丈夫か?

それより更に心配なのは…
…これってルール違反だと思う。

“仮装“では済まされないし、これでケガがあったり、或いはこれを真似して事故になる人が出てきたら大会自体の存続が危うい…


影を見ながら走ると優斗は沿道のお巡りさんに手を振っているようです


途中、給水所。
優斗に紙コップを渡します。


…と、そこにすれ違うナカタさん…
Ushikiさん・・・

こんな姿みられたくなかったが…

「とうしゃん、もっとゆっくり走って!水がこぼれちゃうでしょ!」

…って、この野郎…!
とうしゃんズブ濡れです。

「あ、クレーン車!」

沿道のクレーン車にしばし立ち止まります。

「とうしゃんまだ行っちゃダメ!」と言われましたが、振り返ると10mほど後方には収容車両が…これはマズイ。


ここからちょっと気合を入れます。
最初の折り返しをターンします。


…しばらくして優斗が無言。
ひょっとしてこれは…


今思えばさっきのワガママっぷりも…

沿道の声援が「パパ頑張って」から「あら、あの子寝ちゃったよ」に変わります。


おぉ!マジか!本番中だぞ。
尚も走るとアゴを私の頭にぶつけたらしく泣き出す優斗。

仕方ねぇ、起きたり寝たりする優斗を立て抱きしたり横抱きにしながら6km地点を目指します。

恐らくそこに妻がいるはず。
そしたら預けて…あと4㎞は爆走してやる。


…なんとか6㎞地点。


寝ている優斗を妻に預けると…

うわ、起きちゃったよ!
しかもまた「一緒に行く」と大号泣+ズボンを掴んで離さないモード。

ちくしょう!誕生日だから特別だからな!…と、ヤケクソ気味にもう4㎞を肩車で走ります。


途中、すれ違うランナーからも飴を貰ったり声援を貰ったり…

ゴール付近でTsu-kaさんとミッチャンの声援を受け、ほんのりとラストスパートして…1時間26分かけてゴール

ゴール優斗
<ん?ポケットに手を突っ込んでる?>


その後もトイレを我慢してただの、ここではしたくないだの、散々ワガママに苛立ちましたが…


まぁ、想定外の親子レース・親子ゴール。
いい記念になったかな…


…と、無理やり自分を納得させてみる…


ただ、年に1回の10kmマラソン。

皆さんを追いかけて走りたかったな。

あの一瞬のミスも許されないような、心臓が爆発しそうな雰囲気が良かったんだがな…


…とか、色々考えながらも、前日の運動公園での妻と走る写真を見てたらどうでも良くなってきました。
在りたかった家族の姿がここにあるような気がする。


…そんな風に思いました。

南長野優斗②



…また次回の大会でも肩車せがんでこねぇだろうな?

Posted on 2016/10/19 Wed. 12:41 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 0

19