03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

え!?なんか今ちょっと揺れてない?

何をやってもドジでノロマで亀みたいな私が、主に酔った時になんとなく更新するブログです。

私の長野マラソン~’2017 

今年も長野マラソンに参加してきました



スタートラインに立ってみて、整列してみて…


よくもまぁ一体どのツラ下げて…と恥ずかしくなるような思いがあった。

これまで全然走っておらず、自堕落的な生活を送っていた。

おまけに先月のスカイパークナントカハーフマラソン以来、シンスプリントが酷くてロクに走ることが出来なくなっていた。



RUD.jpg
<残酷なラップ表>


数字で観ると残酷なもので、面白いように30㎞から失速してしまいましたが…

ただ、私生活でも色々と制限めいたものがある中で、大きな成果もあったように思う長野マラソンとなりました。




7時過ぎに会場入りしましたが、左脚が痛くてアップも出来ねぇ…

左脚のサポーターは2重にしてきたのですが、どれほど効果があったものか。


「整列して下さい」のアナウンスが流れた頃、ようやく身体が練れてきて、少しだけスピードを上げて走ってみる。


ピュアコネクト。

抜群の反発力と推進力。
この感触がつかめればアップは十分です。


私は制限された日々の中で少しでも効率を上げることを考えていました。
つまり推進力・フォームの改善。


考えてもよくわかんないけど、“前傾”と“腰の位置を高く据える”ことで一定の効果がある。

…らしい。



ハチマキさんやブブタン氏と共に整列し、談笑しつつスタート


「おぉ…痛ぇ…」
足も着けないくらいの左足に思わず歯を食いしばる…

「20分我慢すれば痛みは消える」
…そう信じて走ります。


今回の作戦は…キロ4分40秒で30km地点まで押す。
残り10㎞でチャンスが見えたらそっから上げる。

ダメなら笑って誤魔化す。
それまで決してペースを上げない。


実際、今回の長野マラソンはひたすら淡々と時計と睨めっこしながらイーブンペースを貫きました。


…本当ならMウェーブ周辺で擦れ違う皆さんに心を奮わせながら愚かなペースアップするのが自分の醍醐味だったのですが。

周りも全く気にせず粛々と作業をこなして問題の30㎞辺りで異変。



…なんだこの気怠さは…??

熱中症でしょうか?

そんな脚にきてないのにもう走れない。
いや、やはり日頃の鍛錬不足なのか?


こっから普通のジョギングペースです。
…と言うか、もう歩いてる感じ。

どうしちまった…具合悪い…もたねぇ…


岩野橋手前で水をドシャ被りしたら若干回復。
ここで店長秘伝のナントカサプリ(イチゴ味)を投入。信じていれば必ず勝機が見える。

消防学校手前で妻とご両親が応援に来てくれていたようですが、もう意識がほとんど無くって認識できない。



…我に還ったのは消防学校前の給水所。

遠くに調子が悪そうなハチマキさんが見えて、断末魔のようにその名前を叫んでしまった。
近くにTakoさんも発見。


時折朝ランで御一緒させてもらってることもあって、毎年ながら私は勝手にハチマキさんに運命共同体的なものを感じています。


「この人、俺をここで待っていてくれたんじゃないのか?」と確信しました。(←両脚攣ってたらしい)


ハチマキさんには何度か諭されたことがあります。

「M浦さんはいつも俺の後ろから付いてくるけど、男なら前の人に引っ張って貰うような走りをするんじゃねぇ。自分から引っ張るような走りをするんだ」


…今がその時なんじゃないのか?それを実践する時なんじゃないのか?

もう一度 水を被ったら不思議と声が出ました。
「さぁ、行きましょう!」



ファンランならファンランのスタンスでもいい。

でもタイムを狙うんなら環境を言い訳するんじゃねぇ。
そんなもの、やる気があるんなら睡眠時間削ったってやれるはずだ。

同じくハチマキさんに諭された言葉です。

それをぼんやりと思い返しながら走ります。



…赤坂橋を越えた辺りで不意にスイッチが入った。

さっきのストロベリージェルが効いてきたのか。
キロ5分を僅かに切るくらいですが、先ほどと比べると格段にペースが上がっている。


とは言え、それまでのフォームも維持できず いつもの“M浦フォーム”です。
そうなるとピュアコネクトも跳ねてくれない。


ビクトリーロードに躍り出ます。
ハチマキさんは背後に着いてきているか。

振り返る余裕はありません。



もうちょい…
唸れ、ピュアコネクト。


スタジアム内に入り、僅かにスパートしてゴール

毎年ながら体調の悪さに倒れ込みますが、脚は元気なのが情けない…

終わってみれば「最初っからキロ4:50で入りゃ良かった」とも思いましたが、今回もしそうしてたらもっと悪い結果になってた気もする。



その後、しばし皆さんの帰還を見届け…

「早く帰ってきなさい」とメールくれた妻の元へ、会場から500mの自宅に歩いて帰宅


妻と子供たちが手前まで出迎えてくれたのは嬉しかったが、待たせた割に昼飯がカップラーメンだったのはちょいショックだったなぁ…



…自宅の真ん前には公園があり、そこの桜の花が満開となっていました。

毎年、長野マラソンを終えて、妻とどこかに桜を眺めに行くのがちょっとした楽しみとなっていますが、今年は家族でそれを眺められたのがなんとなく嬉しくなりました。

DSC_0175.jpg
スポンサーサイト

Posted on 2017/04/22 Sat. 17:16 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 2

22

近況’2017春 

すっかりご無沙汰しております


最近色々と「それどころじゃない」感じで…翻弄されつつも何とか生き長らえております
優斗と七菜もすくすくと成長しております。

ランニングとかはスッカリご無沙汰で、長野マラソンが近づいている今…タイム云々より完走出来るんか?…って感じですが…


そんでも先々週…だったかな?は、松本まで『スカイパークナントカマラソン』ってのに参加していました。

d054ccaa.jpg
<公式HPより。知ってる人、見つかるかな?>

走って無い割にはタイムは悪くなく(←私にしては)…ハーフマラソンで1時間30分ちょいだった…


終わってみれば「何だよ、もうちょいで30分切れたんかよ、もうちょい頑張れば良かった」と思ったものの、本番中は息が苦しくて苦しくて、「やってられねぇよ!」「これでも必死にやってんだよ!」とか変にキレまくりの内容でした。


しかしサボってるカラダは正直で、あれ以来 脚が痛くて走れない…


妻と優斗はファミリーマラソン(2㎞)に参加。

優斗は本番とか雰囲気とかに弱いからなぁ~…

ある程度は予想してたけど、優斗の予想を上回るダメっぷりに妻がキレまくってゴールしてきた。

DSC_0169.jpg

なんでも、序盤でコケてから優斗は泣きまくりだったらしく、途中で「止めたい」とか「おんぶして」とか言うのを叱咤しながら走ってきたらしい。

ゴールした優斗の掌を見ると、何故か”モンスターズインク”の消しゴムが握られてる…??


なんでも、一緒に走ってた女の子が優斗の泣きっぷりに同情してこれをくれたらしい

それでも2km完走はエライぞ、優斗!



優斗は随分会話も成長してきています。

この前、保育園まで優斗を迎えに行ったのですが、保育園のホールで

「とうしゃん、帰りにビール買ってくの?」
「え?あぁ、うん」
「え?サークルKで買ってくの?」

優斗は誰に似たんだか声が異常にデカいんでちょい恥ずかしかった…

別の日には迎えに来たお母さん達の前で「うちのとうしゃんハゲだよ」と言ってたらしい

こりゃ余計なこと言えないな。

私が生え際を気にしてることを聞いていたのだと思いますが…毎回言うけど俺は決してハゲではないぞ、優斗。
少し他の人より生え際が後退しているだけだ。


一体、3歳児の思考能力ってどれくらいなんだろう??

…ふと思いついて、優斗に「なぞなぞ」を出してみました。

「ねぇ、優斗、”パンはパンでも固くて食べれないパン”はなぁんだ?」

「え~っと…
…固いパンパン~!

いや、なぞなぞになってねぇよ!

「じゃ、次行くよ…
”棒は棒でも盗んでしまう悪い棒”はなぁんだ?」

「え~っと…
…棒のアイスぅ~!

いや、これもなぞなぞになってねぇよ!…っつうか、どうして何でも食い物で答えるんだよ…

この辺りは優斗は間違いなく母親似ですね。


ちなみに、妻に「ねぇ、今の ”棒は棒でも盗んでしまう悪い棒”ってわかる?」と聞くと自信満々に

「怒りん坊!」   …と答えてきました。

…それはオマエのことだ。

Posted on 2017/04/02 Sun. 21:50 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 0

02

週末、家飲みブラボー 

最近、「家飲み」に凝ってます

週末の「家飲み」が唯一の楽しみ…とまで言ったら大げさですが。



以前は家飲みする人に対して、

「はぁ?何言ってんの?
訳がわからん!飲みたいものも飲めないし、食いたいものも食えないしそんなビンボー臭ぇこと言ってねぇでさ!」

…などと考えていたのですが(←失礼)、


生活観が変わったから…だけでなく、
酔っても直ぐ帰れる(布団まで)し、周りに気を遣わないし(普段も使わないけど)、なんか手軽に楽しめる…のが良いですね



…手軽…とは言ったものの、家飲みにはちょっとこだわる…と言うか力を入れてます。


そもそも私はビールを飲む前にはランニングするか風呂に入っていたいタイプなんです。
(心と体の準備ね)
風呂上がりならば上がった直後に飲みたい。
(いずれもほぼ不可能ですが)


ついでにツマミ…と言うか、食い物にもこだわります。
どうせなら食い物と酒を合わせたい。

例えば食卓にキムチとかあったら焼酎が欲しくなりませんか?


以前は「もずく」にゴマ油でちょっとアレンジする程度だったのですが…
もずく
<見た目変わらねぇな。ちょっとお酒に合いやすくなります>


最近は更に気合が入ってきて…ちょっと病的な感じが…


いつだったか、あれがいけなかったな…

年末くらいにお義父さんにボジョレーヌーボーを頂いて、だったら…と頑張って(cookpad観ながら)白子のソテーを作ったのが…

そん時に我ながら超上手くできて、ワインに超マッチした!


ヌボー白子
<見た目はアレですが>


なんちゅうか…酒と食い物のゴールデンタッグが完成した時のあの感覚ったら…!!



そんなんで、かみさんに「今晩カレーね」と言われるとちょっと困る。
カレーは好きだし、平日なら良いんだけど酒に合わせづらい


そんな時は仕方ねぇ、近所のコンビニに“から揚げ“買いに走る訳ですが…


昨晩も「カレーね」と言われたので、「待った!俺作るからハヤシライスにしよう」と変に頑張っちまった。(-と、チーズで、ワインね)



気が付けば俺って結構面倒臭いタイプだな。
以前ならポテチあれば十分だったんだが…



ま、なんだかんだありますが、家飲みの一番の醍醐味や至福のひとときってのは「家族の顔を見ながらお酒を飲む」ところなのかもしれませんね。


その一方で、飲み屋で酒を飲む醍醐味の一つは誰かと会えることなんだろうな。


…気が付けば俺、飲み屋って何か月…いや何年行ってないだろう?
多分一昨年のびんずるが最後じゃ…??

Posted on 2017/02/05 Sun. 18:03 [edit]

category: 料理

TB: 0    CM: 0

05

七菜、リニュー食 


2月に入れば、長女 七菜が産まれて早くも半年となります


あっと言う間だったな…
優斗ん時よりずっと時間の経過が速え…


優斗の時にもそれなりには一生懸命やってたつもりですが、2番目だと「それどころじゃない」って言うか、雑と言うか…翻弄されつつここまで来てしまった気がする…


優斗ん時には本人がわからないのも承知で絵本とか読んでた気がするが…

七菜よ…すまん…父さん一回も絵本読んで無いな…



…で、気が付けばあっと言う間に離乳食の時期になってたようですね。



これまた…優斗の時にも一生懸命作ってたつもりが、3年経つと全然作り方とかの記憶が無い…

…多分当時も”ゆっくり考える”余裕など無く、怒涛の毎日に翻弄されてきたものと思われ…

ともかく、「え?離乳食ってニンジンもやるの?」とか「フツーやらねぇだろ?」とか当時の我々から叱咤されそうな雰囲気で七菜に初めての固形物を与えてみました。


(以下、画像でお楽しみ下さい)

① 最初は嫌がってたものの…

七菜ちゃん①

② 徐々に受け入れ…

七菜ちゃん②


③ お、案外悪くないじゃん…

七菜ちゃん③


④ ごっつぁんです!

七菜ちゃん④


…な、展開となりました。


こうしてちょっとずつ成長していくんでしょうな。

産まれて半年っつったら“寝返り”とかしてた気がするけど、どうだったけな…


ともかく産また時から太っちょ気味だった七菜が最近更におデブで困る

…髪の毛を縛ってると相撲取りにしか見えない

抱っこした妻とのツーショットを観ていると色々と考えてしまった

Posted on 2017/01/29 Sun. 21:02 [edit]

category: 子供

TB: 0    CM: 0

29

気になるひと 

最近ちょっと気になる女性がいます。
 …と言うと誤解を生みそうですが…



7月に今の家に引っ越しして以来、朝の通勤の際にほぼ毎日 すれ違う女性がいます。



…とは言っても、こっちはクルマであっちは自転車で、すれ違うのは一瞬だけ。

乗ってる自転車が特徴的だったことや、ボーイッシュな服装をしてることも興味を惹いた理由の一つでしょうか。


年齢は…幾つくらいだろう?
私の視力じゃ顔まで見えないんで。(一瞬だし)


だから もしかしたら“ボーイッシュな女性“じゃなくって男性かもしんない。

…と言うか、あんな私服丸出しな格好ってどんな職業の人なんだろう??


大抵毎朝同じ辺りですれ違うのですが、以前、私が遅刻気味に自宅を出たら、普段の大通りから裏路地に曲がるのが見え…

むぅ、あっちに行くとなると…篠ノ井厚生連の看護婦さんか?
…などとストーカーちっくな想像もしてみたりして


もしそうなら…

知り合いの日赤の看護婦さんはクルマ通勤OKだったが、厚生連はダメなのか?
あんな過酷な仕事でチャリ通じゃ大変だな…



季節の移り変わりと共にその女性の装いも変わってきました
以前は半ズボンにキャップでしたが、最近じゃニット帽にダウン、口元もなんかのマスクをしているように見えます

人の服装見て、改めて季節を感じさせられますね。




…んで、ここ数日は大雪のために、私は逆にラン通勤を余儀なくされたのですが…

だからどっかでその女性とすれ違うんじゃないかと思ったのですが…

…会わなかったな


こっちが(雪中行軍が)イッパイイッパイ過ぎて気づかなかった可能性もあるけど、そりゃこんな天気で自転車通勤もねぇか。



…で、昨日の帰宅の際…私は裏道を走って帰宅していました。
そしたらあの女性と同じ服装…同じジャケットと赤いニット帽子をかぶった女性が歩いてくるではありませんか。


ん!?あの人か?
川中島駅から篠ノ井駅に電車で通勤したのか?


「…で、実際その人だったの?」
…と、帰宅してその話をした妻に聞かれましたが、

「だから顔はわかんねぇから確認しようもねぇんだよ」
…と、答えるに留まる…


実を言うと、昨晩その女性とすれ違った直後、もう一人、全く同じ服装の女性とすれ違った。
可能性で言えばどっちかは“そう”だったかもしんない。


更に言えば、その後もう一人、ほぼ同じ服装をしたおっさんともすれ違った。
可能性で言えば、そのおっさんが当人かもしんない。

更に更に言えば暗かったんで3人とも顔は見てない

Posted on 2017/01/18 Wed. 12:52 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 0

18