FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

え!?なんか今ちょっと揺れてない?

何をやってもドジでノロマで亀みたいな私が、主に酔った時になんとなく更新するブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

妻と菅平 

スッカリ夏めいてきたせいか妻が発作でも起こしたように「山に行きたい」と言ってききません


…で、晴れが確定していた週末、妻の好きな根子岳~四阿山に行って参りました。
子供を妻の実家に預けて…と言うか早朝に出撃するんで前の晩から泊まり込んでの気合の入りようですよ。


…そんな菅平…と言うか山自体スゲェ久しぶりだったんですが…いいですね。

流石にその辺の里山とは全然違うし、この日本離れした景色…非日常感…がいいんだろうな。

縦走箇所
<根子岳から四阿山へ。>


山自体が久しぶりのせいで「登り方」や「歩き方、走り方」とかも忘れていた感じだったけど何とかなった。

…そのご褒美に頂上では素晴らしい雲海が…!!

雲海


この景色を見ていたら…

多分、世界中の人がこの景色を見ていたらきっと戦争とか起こらないんだろうな。
なんかここには不思議なそんな力がある気がする。


ちょっと和みながら下山しました。


…ところで…

育児のこともあって最近すっかりキレやすくなってしまった妻ですが山では終始ご機嫌だった。(子供を置いてきてたし)

だからってんではないのかもしんないけど、下山の時にはまた不可解な行動を始めました。

両手は明らかに手ぶらなんですが、エアーでストックをついてるだけで随分と楽に下れるんですって。
これホントかよ?
(ひょっとして常識?)

スティックステッキ
<エアーだけど恐らく本人には見えてる>


「ねぇ、これって何て言ったっけ? ”ステッキ”だっけ”スティック”だっけ?」

どっちも違う。ストックだよ。

あ、いや”ポール”って言うんだっけ?

まぁいいか。
スポンサーサイト

Posted on 2018/07/01 Sun. 06:11 [edit]

category: 生活

TB: 0    CM: 0

01

優斗、おもてなしday 

日頃、「しつけ」と称して”押入れに閉じ込める”など素行の悪い優斗に虐待ギリギリの行為をしている私です。(←ギリギリアウト)

その割に、愛娘ナナちゃんを溺愛し、あんましえこ贔屓が露骨だったんでちょっと優斗をおもてなししようと考えました。



んで、天気予報で雨と決まってた週末、優斗の好きな『ドラえもん』の映画を観に行くこととしました。
(ちなみに服装もペアルックで)


映画好きを自称する私ですが映画館は久しぶりです。多分、かみさんが優斗を妊娠した頃から行ってないんじゃないかな?
…っつうか、やっぱし一般市民には1,800円って高い気がする。


…が、やはり凄いんですよ、映画って…音響が。
「名刀電光丸!」とか言いつつドラえもんが振り回す刀ひとつとっても「ぶぅぉ~ん」と、スターウォーズばりの効果音がビンビン伝わってくるんですよ。

電光丸
<参考>


音響が凄いから、演出って言うか、いちいちストーリーにも感動させられてしまった…

内容は冒険モノながら家族愛の話でもあるのですが…


「大切なものを守る為には多少の犠牲はやむを得ない(だから人生経験の無い子供はつべこべ言わずにすっこんでろ)」と言う大人に対して、「確かに子供は間違いばかりするけど、だからって大人はいつも正しいの?子供の言うことは聞いてくれないの?」と悲痛な叫びをあげる のび太君に妙に感心してしまった


…で、映画にはウルサイ私なんで、映画館デビューの優斗にはそれなりに気を遣ったのですが…

絶対映画の途中で「ちっち行きたい」とか「お茶飲みたい」とか言い出すだろうから細心の注意を払ってたのですが、案の定映画終盤で「トイレ行きたい!」ですよ…


他のお客さんの邪魔にならぬよう、担ぎ上げてトイレにダッシュしましたがね…

もう終盤となると私の方が映画に夢中だったんで必死ですよ。




そしてエンドロールの後にもオマケがあるのを忘れちゃあいけねぇ。
映画が終わったと思って直ぐに席を立つのは素人だな。



…映画の後は、ラーメン屋さんへ。

優斗と二人での外食も初めてでしたが…
そして“子供イス“を拒否する優斗もてこずりましたが…


「一人じゃ食べれない(食べさせて)」と言い出す優斗の為に、まさかの親子並んで座ってのの食事ですよ。
どんなラブラブカップルやねん。


ラメーン優斗


しかもテーブルに届かないから、「父さんの膝の上で食べる」とか言うし…

別にそりゃ構わないんだけど、俺がラーメンが食えない…

映画同様、ラーメンを食うのを邪魔されるのを異常に嫌う私です。


やっとこさラーメン食って帰路につこうとしたら、速攻 優斗は助手席で寝てましたがね


ま、色々あるけどそんでも子供の成長が日々嬉しかったり楽しかったりな日々です。

トランポリン優斗
<公園で笑顔の優斗>

Posted on 2018/05/06 Sun. 19:38 [edit]

category: 子供

TB: 0    CM: 0

06

夏に備えよ 

どうでもいいハナシなんですが…


味音痴の私です。


もう料理に「隠し味」なんちゅう変化球をカマされたら隠れたまんま一生気付かないもんね。

焼肉の味だって「良い肉」云々じゃなくってタレで決まると思ってるし。



しかしこれをむしろ私は長所だと思ってます。
好き嫌い無くなんでも食べるし余計なこと気にしないし。

一番便利なのはビールが第三のビールでもさほど気にならないところでしょうな。

全然気にならないって訳じゃないけど、多少味が落ちても同じ金額で500mlのが買えるんだったら俺ならそっちを選ぶね。


…と自信満々な持論を展開してきた私ですが…

こいつだけは違うぜ。


瞬冷

アサヒスーパードライ「瞬冷辛口」。


初めて(余所で)飲んでガチーンときた。

ちょうど暑い日だったこともあったけど、火照った体を内外から冷やしてくれるその爽快感…

味音痴の俺が初めて敗北宣言だぜ…(?)


…で、今日はこれを自腹で買ってきてしまった…

…ちくしょう…
やっぱし美味えぇ…


もしかしたら歳とったせいで味覚が”量より質”に変わってくてるんかもしれないな…



今年の夏はこれで乗り切るぜ。

Posted on 2018/04/30 Mon. 19:59 [edit]

category: どうでもいいハナシ

TB: 0    CM: 0

30

ラスト10kmで殴り返せ~長野マラソン’2018(後編) 

ラスト10km。勝負に出る。

練習量は半分になったが、こうなったら自己ベスト狙っちまおうじゃねぇの。


岩野橋を越えて…今度は向かい風。

それを受けて帽子を逆に被り直します。

スイッチを入れる。
なんとなく映画『オーバー・ザ・トップ』を思い出していました。



…が、消防学校近くでガクんと来た。
やはり今年の脚力で4:10は甘かったか。



直後、ハチマキさんが私を追い抜いて行きます―

何か話しかけてきたけどもはや頭に入ってこない。
頭に入ってこないけど、まだ脚にバネが残ってるのが見えた。


同時に3時間15分ペーサーが私を抜いていきます。


思えば昨年同様、ここでファイナルサプリ(ラスト5km用)を投入するべきだったが…
一杯一杯過ぎて頭に無かった。


頭にあったのは一つだけ。


しかしここまできたらテクニックもペースもクソもねぇ。

どこまで身を削ってタイムを叩き出すか。
それだけだろう。




ビクトリーロードに躍り出ます。

フォームが崩れる。
ピュアコネクトの反発力と推進力が十分に得られない。



ホームセンタームサシ前で優斗と七菜、義理の両親達が応援してくれているのが見える。
優斗、父の姿を見ておけ。

いつかきっとお前も己の力を試す時がくる。




直後、背後から声をかけつつ私を追い抜いて行くのは―

…トレマン店長!



マジか。
信じられない。

この人、なんて絶妙なペースメイクしやがるんだ。
むしろシナリオメイクと言ってもいいくらいだ。


 
俺とて(潰れる寸前だけど)勝ち試合になるよう運んできた自信があったが…これが時計を持ってない人に出来る技か?
…いや、時計してないからこそ出来るのか?



店長には昨年もこの辺りで抜かれていた。

私はフルマラソンは自分との戦いだと捉えており、「誰かと競う」と言う感覚が無いのですが…しかしこの展開はドラマチック過ぎる。

ただむざむざと置いてかれるのは嫌だ。



身を削るような走りをー
魂を燃やし尽くすような走りをー



それが日頃多くを語らずとも店長が背中で語ってきた教えではなかったか。
(あと「焼酎はロックなら2杯まで」)



おめぇは根性無しか?
そうじゃねぇよな?
さぁ、ラスト…根性見せてみろや。


…と言い聞かせるが徐々に差は開く…のをどうにか開かないように頑張る…


ラスト、球場で僅かにスパートしゴール。

タイムは自己ベストより1分程度遅い 3時間17分ちょいでした。



一体俺はどこまで自分との勝負に打ち勝つことが出来たのか?
もっと頑張れたんじゃ無いのか?


そんな気持ちを払拭するように店長が出迎えてくれました。


いつもならゴールで崩れ落ちてしまうんだけど店長が出迎えてくれたのが過剰に嬉しかった。

そして、その場でハチマキさんや桐先生、知った方々にお会いできたのも嬉しかった。


ランナーズアップデート



改めてペースを振り返るとラスト間際まで自分なりに、今の脚力なりに良い試合運びが出来ていたように思う。

その一方で、数年前はもっと滅茶苦茶な走りをしていてもっと良い結果が出ていた。

ならばあの頃にクレバーな走りをしていれば…


そして今、当時の結果を超えるためにはもっと滅茶苦茶な鍛錬を課さねばならないのか。



来年はまた4月20日頃の開催となるらしい。
暑くなりそうだな。

天候も色々あるだろうし、フルマラソンで結果を叩き出すのは難しいと改めて痛感させられました。


…どうでもいいけど、この日の午後床屋に行きました
普段なかなか床屋も行けないんで、子供を預かって貰ってるこの隙に…と。


店で「Oさ~ん」と今の本名を呼ばれ我に還りました。

今日一日は誰も私を本名で呼ぶ人なんておらず。


やっぱし俺は「M浦」の生活の方がいいな。
…なんてことを考えていました

Posted on 2018/04/29 Sun. 10:29 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 0

29

ラスト10kmで殴り返せ~長野マラソン’2018(前編) 

今年も長野マラソンに参加してきました。


昨年に輪をかけてトレーニング不足で本番を迎えてしまった長野マラソン。


まぁ、家庭のこととか色々あったけど、それも含めて自業自得な…
それでも3月の月間走行距離はおよそ一年ぶりに300㎞を超えた。(それ以外の月は150㎞程度だけど)


DSC_0487.jpg
<「娘の妨害でゼッケンすら付けられない」の図>


ゼッケンはいつの間にかシルバーになっていた。
毎年繰り返し出場していたらとうとう申し込み回数が10回になっていたらしい。


勝機が見えるとしたら、これまで培った経験を活かし如何にクレバーな走りが出来るかだろう。




例年通り時間ギリギリで開場入りし、ロクにアップする時間も無く整列します。

そして例年ながら周りに知り合いが居ないか(なんか不安で)キョロキョロするのですが…


この私に気配を全く悟らせず隣に現れたのはトレマン店長…!!
パッと見、闘争心、戦闘意欲ゼロです。


一定の境地にある武人ならば、対峙した時に放つ気だけで相手を圧倒する。
だが、それを更に凌駕する武人は放つ気を悟らせる隙すら与えずに斬り伏せる。

店長にその姿を垣間見て一瞬戦慄します。


それにしても「今何時ですか?」…ってスゲぇな。
聞いてはいたけどホントに時計してない。




やがて雨の中スタート
人混みに揉まれて一瞬で店長が見えなくなります。前方なのか後方なのかすらわからない。


不安とか色々あってもスタートしてしまえば自分との闘いなのも例年のこと。
こっからは我慢比べだ。
…そう思いながら足を淡々と動かします。



今年の作戦も昨年と同じ。
30km地点まではキロ4:40で押す。そこで勝機が見えたら…賭ける。

そこまではイーブンを貫く。ひたすら単純な作業だ。



結果的にイーブンペースになっていることこそが勝利への鍵だと思う。
それがこれまでの数年で培った真理の一つだ。



10km地点で体に異変を感じました。

…ふいにスイッチが入った…と言うかなんかのタイミングでハマった。フォームが良くなってしまった。
…凄ぇラクに走れる…!


以前から「前傾前傾(で走れ)」とは言われていたけど…こういうことか…!
なんと本番10km地点にしてコツに目覚めちまった。恐るべし己の才能。


いや、本当に才能のある人間なら数年前とかに目覚めてたんだろうか?
そして私の場合は翌日には出来なくなってそうだが…


沿道のちびっ子に「ヘイヘイヘ~イ!」と声をかけつつ連続ハイタッチをかまします。

なんだか今日の俺、ノってる。
頭の中で映画『デルタフォース』のテーマソングが流れ出しました。


いつもならガクンと落ちる20km地点を超えても不思議と躯の底から湧き上がるパワー。
完全にゴッドモードだ。

調子が出てきたように感じても、そこで乗りすぎないのが良かったのかもしれない。



ホワイトリンクでジェルを受け取って補給。
これももうすっかり経験から学んだ。

私は42kmなら補給が、ジェルが要らない。
もし必要でもここの1個があれば十分。

…脚が無い分だけ荷を軽くせねば。


どうでもいいけど、ここで親しげに声をかけてきたガキんチョ…
中学生かと思ったらN崎先生だった。紛らわしい…




堤防を下って松代に入る。
苦しい。
僅かに疲労を感じ始めたところでベスパハイパーの袋を歯で食いちぎって投入。


瞬間、体がカッと熱くなり…その後10分程度で疲労が引く。
離れていても助けてくれる…このサプリと店長には感謝の言葉しか無い。

ベスパは例年以上に効いてふたコブ坂もノリノリで、知り合いのAEDチャリダーとしばらく談話しつつ併走してしまった。



やがて松代の街並みを離れまた堤防道路に。
コースはラスト10kmを迎えます。



トンネルから見える草木。
その葉の揺れ。

追い風。

この両の脚、腕。





「あんな走り方してちゃダメだよ~」


何年か前に筆頭鬼頭に言われた言葉を思い出していました。

飲み会の席で…“がむしゃらに走っては直ぐに潰れる私のスタイル”を指して言われた言葉。


「けど私は殴られたら殴り返したい方なんです」
「それもわかるけどさ、殴り返すんならラスト10kmにしないと」


そんなことが出来るのか?
ラスト10kmまで…そこからの調整なんて出来るのか?

当時の私はそう思っていた。


今こうしてそのラスト10kmを初めて迎えています。


「さぁ、殴り返してやろうぜ」


自分に言い聞かせて追い風に乗り、ペースを4:10まで上げます。
(後編に続く)

Posted on 2018/04/28 Sat. 22:30 [edit]

category: ランニング

TB: 0    CM: 0

28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。